2016/02/09 (Tue) ねつ造国家チャイナ
china flag

ダイアモンド紙が「中国が発表する経済成長率は本当に“偽り”なのか?」嶋矢志郎と書いている。「中国政府の主張する経済成長率6.9%は実際はその半分ではないか?または、マイナス成長ではないか?」と警鐘を鳴らしている。伊勢爺も同じ評価を掲載してきた。その「嘘ではないか?」の根拠は、1)船舶トン量指数~2)電力指数~3)銀行のバランスの三つをベースに計算すると、6.9%ではないことが明らかだからだ。

さて、日本企業は、中国のねつ造指数を信じていると連鎖倒産に巻き込まれるだろう。アベノミクスや黒田バズーカは、ねつ造ではないが、現実と噛み合わなかったということでは、同じことが言える。一方で、NYの株価は、S&P500指数が1800まで落ちる公算が高いのだ。すると、安倍晋三は、4月にも解散して衆参両院総選挙が視野に入ってくる。これが安倍政権の正念場なのだ。ここから先は、伊勢は言及しない。政治経済のエントリーを小さくするためである。伊勢平次郎 ルイジアナ


ところで、伊勢はブルームバーグ紙で最も拍手を受けているコメンターだ。英文の読めるひとは覗いて欲しい。口論で一度も負けたことがない(笑い)。


対米広報の為に是非、ご寄付を頂きたい

伊勢ひとりでブルームバーグに投稿してきた。「日本は戦う意思を捨てなかった」と書いた。拍手が起きた。伊勢平次郎 ルイジアナ

A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

B) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン








comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する