2016/03/23 (Wed) アンデイ・グローブは人類の世界を変えた
andy grove wafer 2001

アンデイ・グローブが79歳でこの世を去った。シリコンバレーを作った人である。


gates grove 1993 hqmsft

ビル・ゲイツのマイクロソフトの本社を訪れたグローブ。この若者を応援した。さきに亡くなったステーブジョブも、ラリー・エリソンも「この偉人無くして、IT産業はない」と言っている。この二人がグローブを慕って会見を求めたが、グローブは、「変な奴ら」と会わなかった。だが、ふたりは生涯グローブを先生と仰いだ。


生い立ち

アンデイ・グローブは、ハンガリー生まれのユダヤ人である。ナチスドイツのユダヤ人虐殺およびソ連軍のユダヤ人狩りでハンガリーのユダヤ人が50万人殺された。グローブの一家はアンネ・フランクに似ている。「泳いで渡った河」はこの偉人の回想録である。読んだひとは恐怖に震撼する。ニューヨークの親戚に着いたとき、たったの22ドルを持っていた。温かいカリホルニアに移住した。英語も、たどたどしかったが、フェアチャイルド半導体研究所が若者を雇った。二十年が経った。グローブはインテルの社長に選ばれた、、

日本のNECなどが256Kを安く作ることに成功した。インテルは窮地に陥った。だが、アンデイは、「日本のおかげで、世界の家庭にデスクトップが普及した」と日本を責めなかった。これは、伊勢が読売のサンホゼ支局勤務のときにインタビューしたときに判った。


日本に生まれないフロンテイア

日本が低迷を続けている。その最大の理由は、従来通りの踏襲か集団思考の民族性にある。ひとりで考える強さがない。ハンガリーは、ドナウ河で美しい国だ。だが悲劇の歴史である。この国のユダヤ人が抜群である。核融合~コンピューター・サイエンス~化学に優れた人々を生んだ。日本人が集団思考から脱せない限りは人類を変えるような偉業は日本に生まれない。伊勢平次郎 ルイジアナ







日本の広報の為に是非、ご寄付を頂きたい

伊勢ひとりでブルームバーグに投稿してきた。今、トランプをこき下ろしている。ヒラリーも生来の嘘つきなのだ。伊勢平次郎 ルイジアナ

A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

B) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン


MIZ・TA様から2・7・16、 40,000円のご寄付を頂きました。これを戦費に使って、BB紙で発言を続けます。伊勢爺さんが最も人気が高い投稿者なのです(笑い)。有難うございます。伊勢

comment

ほい

日本語も判らんようだな(笑い)。256Kは日本のオリジナルかい?デスクトップの先駆けはアップルのクラシック2だよ。富士通などはワープロしか出来なかった。それまでは、NECでさえも、MSDOSという厄介でニューヨークにマザーコンピューターを置いていたわけだよ。知らんか?ほいは、無知な野郎だな(笑い)。伊勢
2016/03/23 13:30 | 伊勢 [ 編集 ]

>「日本のおかげで、世界の家庭にデスクトップが普及した」:世界のアンデイ・グローブ

>「人類を変えるような偉業は日本に生まれない」:どこかの偏屈爺さん


矛盾しとるなw
爺さんが使ってるパソコンの液晶パネルも光源のLEDも日本の発明だぞ。
難癖言うなら使うんじゃないw

2016/03/23 08:50 | ほい [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する