2016/05/08 (Sun) I am proud of ISESHIMA
The summary of HEIKE history

Heike is from ISESHIMA

The Tale of the Heike is an epic account compiled long prior 1330 of the struggle between the Taira and Minamoto clans for control of Japan at the end of the 12th century in the Genpei War (1180-1185). Heike (平家) refers to the Taira (平) clan; "hei" being an alternate reading of the first kanji (character) of Taira. Note that in the title of the Genpei War, "hei" is in this combination read as "pei" and the "gen" (源) is the first kanji used in the Minamoto (also known as Genji) clan's name. The Tale of Heike is often likened to a Japanese Iliad.

It has been translated into English at least five times, the first by A.L. Sadler in 1918–1921.A complete translation in nearly 800 pages by Hiroshi Kitagawa & Bruce T. Tsuchida was published in 1975. Also translated by Helen McCullough in 1988. An abridged translation by Burton Watson was published in 2006. In 2012, Royall Tyler completed his translation, which seeks to be mindful of the performance style for which the work was originally intended.


KAWARA roof

Ise Kawara

Battle of Dannoura




Rise and Fall




Tairano Kiyomori
375px-Taira_no_Kiyomori,TenshiSekkanMiei


Sanjusangendo Kyoto



Hunddreds of Buddha




Heike crab




Ise Shinkuro

Ise Shinkuro


Odawara Castle





I am proud of my country

30th aniversary

I am proud to be a descendant of HEIKE. One in four Japanese have Heike DNA. Heike lost the war against Genji, however, Heike left Buddhist temples, Hiragana, Waka that became Haiku later, kimono and Lady Murasaki. "The Tale of Heike" is still the best seller today, it is a sad story. Our Emperor also has Heike DNA.

Please ask me any question in the comment column. Good luck to you all at the ISESHIMA SUMMIT.

Iseheijiro/Christine Aragon Louisiana USA


水谷さま

毎度のご寄付を感謝致します。四万円を確認致しました。世界の日本悪者論に反論したり、強い口調で窘めています。おかげさまで、Iseheijoroは人気者となっております。日本政府は孤高の精神のつもりかもしれませんが、これから世界へ出ていく日本の青年が胸を張って歩けるように伊勢が赤鬼となって戦っています。再度、応援を感謝致します。伊勢平次郎

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する