2016/07/11 (Mon) 事実を葬るという大罪


これは広島ではなく長崎だが、トルーマンは、正義を主張した。はてな、そうかな?


obama hiroshima not over

オバマは、誰も反対しない演説をみごとに演じた。安倍晋三は感激した。オバマは謝らなかった。安倍晋三は謝罪を要求しなかった。無辜の市民を焼き殺して、その罪を認めないご両人である。この意味するところだが、これからも大量虐殺は起こるということである。そして、それは正当化される。


事実を葬るという大罪


アメリカの大統領は頑として謝らなかったのだ。歴代の日本の首相はアメリカの犯した大量殺人を糾弾しなかった。なぜだろうか?二都市の原爆投下を認めたのか?武器を持たない市民の頭上に原爆を落とすのも、それを糾弾しないのも大罪なのである。つまり卑怯者である。これが理由で、憲法が改正されようが、なかろうが、伊勢は安倍晋三を嫌っている。伊勢は、ブルームバーグで、ひとりで、アメリカを糾弾した。詭弁で反論したのは三人だった。何千人ものアメリカ人は沈黙していた。ひとり、ふたりの女性が伊勢の主張を認めた。伊勢平次郎


日本の広報の為に是非、ご寄付を頂きたい

伊勢ひとりでブルームバーグに投稿してきた。今、トランプをこき下ろしている。ヒラリーも生来の嘘つきなのだ。伊勢はサンダースを応援してきた。伊勢平次郎 ルイジアナ

A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

B) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン


MIZ・TA様から7・7・16、 40,000円のご寄付を頂きました。これを戦費に使って、BB紙で発言を続けます。伊勢爺さんが最も人気が高い投稿者なのです(笑い)。有難うございます。伊勢



comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する