2016/08/04 (Thu) 靖国を軽視するなら大臣は失格である
yasukuni rappa


稲田朋美新防衛大臣は正しい選択である

inadan tomomi shinnboueidaijin

なぜなら

yasukuni inada abe

右の男か女かわからない晋三よりも日本人だから。伊勢平次郎


日本の広報の為に是非、ご寄付を頂きたい

30th aniversary


伊勢ひとりでブルームバーグに投稿してきた。最近ではアメリカのエゴを批判した。長州人の安倍晋三が批判しないからだ。伊勢平次郎 ルイジアナ

A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

B) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン


MIZ・TA様から7・7・16、 40,000円のご寄付を頂きました。これを戦費に使って、ブルームバーグ紙で発言を続けます。伊勢爺さんが最も人気が高い投稿者なのです(笑い)。有難うございます。伊勢




comment

>「ボクたちは間違った歴史を習ったのか?」
疑問を持つのが学問に対する姿勢。
知識を知れば悲しくなるけど自由になれる。
この高校生は自分が不自由であることを自覚しかけたのです。

本物ユダヤ人がアメリカをあてにしているはずがない。
偽物です。
2016/08/04 23:47 | [ 編集 ]

マーク・トナーは、米国の利益を代表しているわけです。その利益とは「日本悪者論」です。伊勢は、BB紙で戦ってきた。「戦勝国アメリカを含めて戦争に正義などない」と。「それじゃあ、誰が日本の中国侵略を食い止めるのか?」「食い止めるというのは口実で、実際は、アメリカが日本に替わって中国を支配し、満鉄などの日本の資産を奪うことだった」と反論した。

USのひとりの高校生が「ボクたちは間違った歴史を習ったのか?」に対して誰も答えなかった。伊勢は、「君たちに責任はないが、歴史は英語だけで習えばバイアスがかかっていると思いなさい」と書いた。ひとりだけユダヤ人の若者が食いかかってきたが、だれも拍手しなかった。ここにアメリカのインテリの考えが見える。

それでは、トナーは?「日本は悪くなかった」となれば、「アメリカが使った原爆は何だったのか?」となり非常に都合が悪い。

稲田さんは、大国が日本の腕を捩じ上げるBULLY(威嚇)に負けてはいけない。「人間としての、わたしの権利を奪う初言です。それに内政干渉または個人の尊厳を傷つける発言です」と言えばよいだけです。今のアメリカは日本との同盟は生命線ですからそれ以上の言及はないでしょう。特に、女性を敵に回すと次期米政権はヒラリーだからですね。安倍にしろ、男はダメですね。伊勢
2016/08/04 20:08 | [ 編集 ]

読売新聞 8月4日(木)17時50分配信

【ワシントン=大木聖馬】米国務省のトナー副報道官は3日の記者会見で、
第3次安倍再改造内閣が同日、発足したことについて、「日本政府との緊密な
協力関係を深めていきたい」と期待感を示した。

ただ、稲田防衛相が8月15日の終戦記念日に靖国神社を参拝するか
どうかについて明言を避けていることを巡り、「癒やしと和解を進める方法で
歴史の問題に取り組むことが重要だ。それが靖国神社に関する我々の立場だ」
と述べ、自制を促した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160804-00050135-yom-int
2016/08/04 18:57 | [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する