2016/10/12 (Wed) 日本の警察による冤罪事件が世界に報道された。
keiko aoki

大阪女児殺害事件を日本の大衆はどれほど知っているのだろうか?アルジャージーラが、「犯罪が日本に少ない理由の一つは、自白強制である」と書かれた。日本のテレビ番組でも取り上げられ、取り調べ室に監視カメラを設置するべき。調書を取るとき、弁護士の介在を義務つけるべき」と専門家が述べている。冤罪、、明日は、わが身なのである。他人事と看過してはいけない。伊勢




青木恵子・朴龍晧が再審決定で釈放されましたがあの事件は明らかに青木恵子・朴龍が...

ID非公開さん2015/10/2621:09:43

青木恵子・朴龍晧が再審決定で釈放されましたがあの事件は明らかに青木恵子・朴龍晧が犯人だと思います。なぜなら貧しく借金だらけなのに子供に1500万円も保険金をかけています。普通子供に保険金かけますか?一家の大黒柱ならともかく子供には生活に余裕がある家でもかけないと思います。朴龍晧は被害者に対し性的虐待を加えていたようです。本人も認めています。そして火災でなくなったのは子供だけ。これはどう見ても両親が殺したとしか考えられません。悔しいです。悪い奴が被害者面して正義を貫こうとした警察がまるで悪者です。どうにか、こいつらの嘘を暴き刑務所へ戻してやりたいです。皆さんはどう思いますか?

共感した 26
閲覧数:40,886 回答数:50 違反報告


ベストアンサーに選ばれた回答
aafesjapanさん 2015/11/210:35:39

驚きました。江戸時代に逆行したのかと。皆さんは警察を信用してるのですね。「おかみ」のなさることを批判してはいけないと思ってるようですね。この事件は「保険金目当ての放火殺人事件」のはずです。

1,そうならば、事前に何回も打ち合わせするはずなんですが、それがない。発覚したらすべてがパーですから。多額の保険金をなぜかけたのか?追及してません。

2,一番不可解なのは放火の状況ですわ。狭い部屋で7リットルのガソリンをまき、ライターで着火したことになってます。検察側のストーリーでは。ところが、パンツ一枚で火をつけてその中を逃げてるのに、やけどしてません。ガソリンまいて火をつけたら、一瞬で火の海ですよ。誰でもわかる常識でっせ。なんでやけどしてないの??なんでやねん?この大事なことを説明できてません。

3,強姦のこと。

保険金目当てで放火した。それだけでなく、夫が娘を強姦している。被告の人間性を暴露し、かつ、放火の動機を補強するおいしい話ですが。なんで、これを立証しようとしないのでしょうか?

4,不自然なことばかりです。

放火事件なのに事前の謀議なし放火の状況が不自然。高額保険をかける動機が不明。強姦の立証なし。核心の部分が立証できなければ、当然に無罪ですわ。

5,大阪地裁や高裁の裁判官がたまたま正常だったので、再審開始です。運が良かっただけです。運が左右する司法が怖いです。

6,今時警察を信用するおめでたい人はいないと思ってたんですが・・・・

この夫婦の人格や人間性で判断できるのですか?それでいいの?明日は我が身ですよ。犯人はだれでもいいのです。適当にみつくろって、自白を強要する。それで一件落着。実績さえ上げればいいのです。恐るべき劣化です。悪人が大阪に集まるのも納得ですわ(爆)


伊勢の推理小説

「地蔵峠殺人事件」がまもなく書き上がる。連続女性殺害事件の被告が、少年時代に冤罪で逮捕された、、という供述がある。伊勢は、冤罪事件をよく知っている。冤罪ナンバーワンが日本。次にアメリカである。ま、北朝鮮、ロシア、チャイナを除く民主主義国家の中でのことです。

冤罪が疑われる死刑囚の死刑執行に法務大臣は消極的である。実際、福岡の[飯塚事件]では、状況証拠だけで、死刑を、福岡警察、福岡地検、福岡最高裁、東京最高裁が決定して、二年という速さで、死刑が執行されている。「DNA鑑定を司法が恐れて、証拠隠滅のために執行した」とメデイアが報じた。

身に覚えのない冤罪で、絞首刑になる。法務大臣が躊躇するのも理解できる。だが、一方で、あきらかに実証された少年の集団殺人事件を少年法の謳う「更生」を理由に釈放する。伊勢は、右も、左も、日本人は、公正を欠く民族だと思っている。





対米広報に、ご寄付を頂きたい


30th aniversary

実は、先週の金曜日に「日米戦争は誰が始めた」をめぐって論争がおきた。「どうすれば、そんなバカになれるのか?」と伊勢は攻撃された。ところが、、意外な事実がコメントされたのである。

A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

B) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン






comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する