2016/11/12 (Sat) ウブな晋三
Trump on Obama hiroshima visit

安倍晋三は、「話せばわかる」と思っている。日本の外務官僚が束になって説得しても、トランプは、聞く耳を持たないだろう。それは、ちょうど、伊勢が何を進言しても耳を貸さない晋三と同じである。


伊勢の最後の進言


それは、安倍晋三は、ただちに非核三原則を放棄することである。法律ではない「となえごと」だからである。渡米する前に、国民に日本の危機を伝えて、自分の決心を言えば、良いだけである。さあ、どうするかな?見ていよう、、、伊勢

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する