2016/12/11 (Sun) エノラゲイを取り除け!
pearl harbor who started

大多数というか、ほとんどのアメリカ人が、「真珠湾はルーズベルトの罠だった」と言っている。伊勢は、青年時代から「第二次世界大戦は、ルーズベルトが始めた」と主張してきた。もの凄い罵倒を浴びせられた。歴史修正だ!~だから、ジャップは負けたんだ!~どうすれば、そんなバカになれるの?

だが、ついに伊勢が勝った。たった一人で、このアメリカで、51年も闘った。次は、バージニアのスミソニアン博物館に展示されている、あのエノラゲイを取り除く運動をする決意です。皆さんは、広島に原爆を落としたこのB-29をご存じのはずです。伊勢に、ご協力ください。日本政府は絶対に協力しませんから。伊勢平次郎 ルイジアナ


smithonian virginia

ここまでは無邪気だから良い。


smithonian enola gey

「ボ~ン、ボ~ン、ファットマン、リトルマン」という白人の声が聞こえた。伊勢が見上げていると、「あなたは、日本人ですか?」とサリーを着たインド人の女性が話しかけてきた。そうですと答えると、「あなたの気持ちがよく分かります」と女性が言った。そのとき、伊勢は、「これを取り除いてやろう」と決心した。




対米広報に、ご寄付を頂きたい


30th aniversary

地球には、「宣伝戦争」がある。伊勢は、トランプが次期アメリカ大統領になることなど恐れていない。ブルームバーグで、徹底的にこき下ろしてきた。北方四島を返さないばかりかミサイル基地を建設したプーチンを卑下するコメントを書いた。露助が反論した。だが、伊勢に殲滅された。その理由だが、伊勢は、批判に留まらず、ロシア人の持つ卑怯な性格を書いたからである。つまり、ロシア人は、侍ではないと、、まあ、安倍晋三も、侍ではないが、、

A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

B) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

*昨日、再び、MIZ・TA様から、20、000円のご献金を頂きました。感謝致します。伊勢

comment

上の記事を有難う。トランプの孤立主義を批判している。伊勢
2016/12/11 18:06 | 伊勢平次郎 [ 編集 ]

http://www.nytimes.com/2016/12/10/opinion/sunday/which-date-should-live-in-infamy.html


真珠湾攻撃後も、ルーズベルトはドイツと戦おうとしなかったし、
孤立主義勢力も日本との戦争は支持しても、ドイツとの戦いについては
沈黙していた。
ところが、ヒットラーは対米開戦してしまった。
日米を戦争に誘導して、それによって米国を対ドイツ開戦に
踏み切らせるというチャーチルの外交戦略が如何に非論理的だったのかが、
これだけでも解ろうというもの。

そもそも日本が英国だけを攻撃していれば米国を巻き込む事は
出来なかった事はさておき、日本が米国を攻撃したことで、
結果的に日支戦争を太平洋戦争に転化させることには成功したけれど、
条約上参戦義務の無いドイツが米国に宣戦する保証、
つまりは、米国を第二次世界大戦に参戦させる保証など
全く無かったのだから。
2016/12/11 17:28 | [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する