2016/12/18 (Sun) ロシアは、日本の敵ではない
russia miltary march

外務省は,平成28年3月から4月にかけ,ロシアの民間調査機関会社に委託して、ロシアにおける対日世論調査を行ったところ、結果概要は以下のとおりです(調査対象:ロシア全国の18歳以上の3,600名,調査方法:電話調査)。なお,ロシアにおける対日世論調査は平成13年,平成16年,平成22年に続いて実施されたものです。

1 日本との関係が「友好関係にある」または「どちらかというと友好関係にある」と回答した者が78%と,前回調査時の73%から増加しました。また,ロシアにとって日本との友好関係は「重要」または「どちらかというと重要」と回答した者は97%でした。

2 平和国家としての日本の戦後の歴史に関する問に対しては,「おおいに評価する」と回答した者が44%,「どちらかというと評価する」と回答したのが37%で,およそ8割以上の人々が肯定的な評価を行いました。また,安倍晋三内閣総理大臣のイニシアチブで進めている「国際協調主義に基づく積極的平和主義」については,そうした外交姿勢が世界の平和維持や国際的安定に「役立つと思う」と回答したのが18%,「どちらかというと役立つ」と回答したのが58%と,およそ8割の人々が肯定的な評価を行いました。

3 「最も信頼できる国はどこか」という問について,日本と回答した割合は9.9%であり,中国に次ぐ第2位でした。

4 日露間の協力を強化すべき分野としては,「科学技術」が最も高く90%で,「貿易・投資」が79%,「外交・安保」が74%でした(複数回答方式)。

5 領土問題については,57%が現在も四島の帰属について交渉が行われていることを知っていると回答しました(前回は76%)。この問題について,「日露が相互に合意すべき」と回答した者は42%で,前回調査時の32%から増加しました。一方,四島は「今後ともロシアに帰属する」と回答したのは53%でした(前回も53%)。また,領土問題に関する日本とロシアの立場を知っているかという問については,「双方の立場とも知っている」と回答したのが58%と,前回の47%から増加しました。

「ロシアの経済と軍事費」

ロシアは、一億四千六百万人の人口である。そのGDPは、1兆3,247億米ドル(2015)である。SIPRIのリサーチによれば、2015年、ロシアは、国防費を7,5%増やし、国防予算は、664億ドル(約7兆2600億円)に達した。

これは他国と比べて多いのか少ないのか?

世界第1位の米国は、2015年、5960億ドル(65兆1400億円)を国防に費やした。第2位は、2150億ドル(約23兆5000億円)の中国で、第3位は、842億ドル(約9兆2000億円)のサウジアラビア。第四位が664億ドル(約7兆2600億円)のロシアである。日本は、GDPが五兆円弱であり、国防費は、409億ドル(約4兆4700億円)で、第8位である。

GDP比は?

 国防費のGDP比は、ロシアが上位を占める。米国は3,5%、中国は2,1%、ロシアは4,5%であり、ロシアを上回るのは、10,4%のサウジアラビアと5,1%のアラブ首長国連邦(UAE)のみで、日本は1%と最も低い。ロシアは日本の敵ではない。つまり、日本を敵にしている余裕がないのである。

プーチンと会った安倍晋三は、国民を欺いている。つまり、ただの芝居である。伊勢の視点では、ロシアは、これからも変わらないというものである。伊勢

comment

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/12/19 05:11 | [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する