2016/12/31 (Sat) プーチンと安倍晋三


結局、プーチンは、オバマのロシア制裁に報復をしないことに決めた。つまり負けたのだ。オバマの決定は、アッシュ・カーターのアドバイスだろう。真珠湾で、オバマが安倍晋三に苦情を言った。それは、先月の安倍・プーチン会談だ。ホワイトハウスは、何度も安倍に忠告したが安倍は聞かなかった。トランプに会いに飛んで行ったことも嫌われた。その一方、「日米同盟。日米同盟」と言い続けてきた。安倍晋三は、日本の信用に傷をつけたのである。伊勢。


何事も中途半端な晋三

1)アベノミクスは頓挫した。
2)北方領土返還交渉も頓挫した。
3)靖国に参拝は一回だけ。
4)拉致問題を放棄した。
5)慰安婦では譲歩した。

その他、数え出せば切りがない。だか、晋三にも、一貫していることがある。それは国民をだまし続けていることである。「誇りを取り戻す」だって?その反対ではないのか?

abe liar




comment

http://nationalinterest.org/feature/4-things-donald-trump-needs-know-before-he-meets-shinzo-abe-18388

マイケルの論文は事実に基づいて客観的に書かれています。
これを読むと外国系メディアに記事を書いている東京の記者たちが
いかにレベルが低いかわかります。彼らはレッテル貼りの
誹謗中傷記事ばかり書いている。

2017/01/03 19:13 | [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する