2017/01/05 (Thu) 日本が主導する時代がくる
peace pigeon

日本を人間の体に例えれば、「平和と生産と奉仕」を全身で体現していると思う。しかし、為政者らにその自覚がないために、一部の日本を訪れた外国人に伝わってはいるが、99%のアメリカ人には伝わっていない。日本を見たアメリカ人は、アメリカ優越主義の陰で黙っている。っさあ、それなら、どういう手があるのか?考えてみよう、、


アメリカは衰退する、、

china trump

その理由は、この男である。英語の論争が分からない日本の大衆を責める気はない。だが、アメリカに一党独裁の時代がきた。アメリカが、真っ二つに分裂したどころか、暴動が予想される。暴動が銃撃戦に発展する可能性がある。


日本に好機到来、、

アメリカの国情に比較して、日本は、サヨクといえども一体である。安倍晋三には、この好機が理解できていない。理解ができていても行動には出ない。それほど、この人間の性格は臆病なのである。または、衰退するアメリカの怖さが分かっていないのである。伊勢が「好機到来」と言うのは日本の自主独立のことである。伊勢




対米広報に、ご寄付を頂きたい


30th aniversary

さっき、「日本はアメリカを乗っ取ることができる」と書いた。さあ、レスを待とう、、伊勢

A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

B) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

*12月28日、再び、MIZ・TA様から、20、000円のご献金を頂きました。MIZ・TA様、新年、明けまして、おめでとうございます。伊勢



comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する