2017/01/10 (Tue) ふ~ん、、
pak suspect

東京・文京区の住宅で2016年8月、大手出版社・講談社の編集次長・朴鐘顕(パク・チョンヒョン)容疑者(41)が、38歳の妻を殺害した疑いで逮捕された。東京・文京区の講談社では、10日昼すぎに、警視庁の捜査員が、建物の2階のフロアを捜索し、朴容疑者の机から、私物などを押収した。敏腕編集者の突然の逮捕に、社内では、衝撃が広がっている。講談社の関係者は、「(朴容疑者について)全て広報室を通してください」と語った。講談社関係者によると、朴容疑者は、人気漫画「進撃の巨人」を、責任者として世に送り出したほか、「少年マガジン」や「モーニング」でもヒット作の連載を担当していて、将来の役員候補としても名前が上がっていたという。また、朴容疑者のものとみられるツイッターには、講談社で男性編集者として初めて育児休暇を取得したとの書き込みもあるなど、社内では、父親としての顔も知られていたという。しかし、朴容疑者は、4人の子どもの育児をめぐって、妻の佳菜子さん(38)と、度々トラブルになっていたということで、警視庁は、家庭内のトラブルが殺害の動機とみて、調べを進めている。(FNN)


伊勢の感想

日本人にも、凶悪な人間はいるが、何故か在日に殺人犯が多いように思う。それも女性の殺害である。伊勢は人種偏見者だろうか?ふ~む、、

comment

このコメントは管理者の承認待ちです
2017/01/12 16:27 | [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する