2017/02/01 (Wed) これをきっかけに韓国と手を切れ!
korea soul comfort

慰安婦問題で初めて
強硬な姿勢を取った日本政府


 釜山の日本総領事館前に慰安婦少女像が設置されたことで、日本は2015年12月の「慰安婦問題日韓合意」の精神に反するとして、対抗措置に長峰安政・駐韓大使と森本康敬・釜山総領事の一時帰国を履行した。これは今までの韓国に対する姿勢と比べれば強硬な措置だと言える。それに加えて通貨スワップ再開協議を中断し、次官級日韓ハイレベル経済協議も延期した。

 米中のあいだで曖昧なコウモリ外交を繰り広げる一方、「日本は弱い国だから何でも言うことを聞く」と思っているフシがある韓国。今回、日本は簡単に強硬姿勢を取り下げるべきではない 

2015年の「慰安婦問題日韓合意」は「不可逆的」な最終合意で、今後は非難し合うのを控え、「新しい日韓関係」を築く努力をしようというものだった。

日本は最後のおわびを述べ、元慰安婦を支援する財団に10億円を拠出した。ところが2016年12月30日に新たに慰安婦少女像が設置されてしまった。
  
 朴槿恵(パク・クネ)大統領の代行を務める黄教安(ファンギョアン)首相が記者会見で「民間が設置した。政府が関与してあれこれ言うのは難しい状況だ」と述べたことで「不可逆的」がやはりというか、いとも簡単に覆された。

 設置を黙認した形になった韓国政府に対する抗議として行った「一時帰国」という強硬措置は、これまで韓国に謝り続けてきた日本が「慰安婦問題日韓合意」を盾に、ついに拳を振り上げたということである。「国際的な合意を守れない国を信用できない」として、通貨スワップ協議も中断した。(日経)


伊勢の苦言

優柔不断な性格の安倍晋三がようやく決断したのかな?

<日本は弱い国だから何でも言うことを聞く」と思っているフシがある>
全く 全く その通りである。

<今回、日本は簡単に強硬姿勢を取り下げるべきではない>

全く 全く、その通りである。伊勢




対米広報に、ご寄付を頂きたい


30th aniversary

A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

B) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

*1月31日、再び、MIZ・TA様から、20、000円のご献金を頂きました。わが心より、感謝を致しております。伊勢




comment

伊勢様ようやく日本政府と害務省(外務省)が重い腰を挙げたと。
既に韓国との関係は破綻していると思いますが、日本政府と害務省がいつもの曖昧かつ事なかれ主義が頭をもたげないようにこの問題に関心がある日本人は注視していると思います。

不可逆的に?解決したはずの日韓合意から一年半立ってさらに17体?程の慰安婦像が韓国内などに設置されたそうで呆れてしまいます。

いずれ次期政権は反日反米で親北中共政権誕生だろうといわれておりますし、現在1番支持率が高いのが親従北の「ブンジェイン」という人物だそうですし、他の候補も「日韓合意」は無視か白紙撤回と韓国民に迎合しているそうです。

弱腰、事なかれ主義の日本政府もさすがに無期限に帰任を伸ばすそうですが、外務省内の幹部の中には早く帰任させて像の撤去と関係の修復を図るべきといった大ばか者もいたそうです。害務省と名前を変えるべきとこれまた呆れました。

また本日の産経によればカナダオンタリオ州議会において中国系カナダ人議員が「南京大虐殺記念日」のようなものを制定する法案を上程したとのこと。どこまで他国へ歴史捏造を広めて日本を貶める卑怯な事をするのでしょうか。?日本人として怒りが沸き上がってきます。

そしてそのような反日工作を一緒に行う中共の走狗韓国。!(怒)

多くの日本人がもう韓国とは信用できない国交断絶でもいいと思い始めたとの記事もあります。私個人としては現実的に国交断絶ができるように現政府には実行願いたいものだと思っておりますが。

大人の対応と言葉だけは聞こえがいいですがいつも「遺憾・・・」と言う言葉だけではなく今回の大使、総領事の一時帰国等だけではなく経済的にも制裁を加えて締め上げ、さらには向こうの弱点を突いて冷淡に突き反してほしいと切に思っています。
2017/02/02 19:54 | 一有権者 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する