2017/02/04 (Sat) 日本政府よ目覚めよ!
china trump

さっき、連邦裁判所が、トランプが大統領命令した「移民やアメリカヘ旅するイスラム七か国の国民の入国禁止」を違法と判断して現在の移民法および入国を認めると判決した。この判断は、三日前に連邦最がトランプに注意したにも関わらず、トランプが無視したからである。

日本を訪れたマチスは、共和党の前例に従って、日本を最重要国と認識している。トランプと温度差がある。陸軍長官に選ばれたビオラは辞退した。


安倍晋三は卑怯者である

abe weak l

トランプが失脚するのは明らかである。わが日本の総理大臣さまは、そう思わないらしい。日本に取って、トランプが椅子に座っているうちにやることは多くある。新幹線を売り込むことでもなく、天然ガスを買うことでもない。それは、大東亜戦争の屈辱を晴らし、日本が軍事的にアメリカから独立するチャンスなのである。日本の軍事的独立とは核保有であることは明らかのはず。麻生太郎にはその考えがあった。千載一遇のこの機会を逃す?伊勢には安倍晋三がわからない。伊勢

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する