2017/03/09 (Thu) タバコと本
tabako image

日本人の男女は、タバコを毎日、平均で18本も吸うとある。タバコ一箱の価格は、約450円である。すると、一年のコストは、約14万7千825円となる。これは、恐ろしい出費だと思うが、個人の自由ということだろう。このような出費はあらゆる物に及ぶ。酒類が最大なのかも知れない。競輪、競馬、パチンコ、風俗、ポルノ、、人間は、娯楽なしには生きて行かれないということなのか?伊勢は、タバコはやらない。ワインも、そこそこである。最も出費するのは、本と旅行である。

村上春樹の新刊が発売されたというので、カスタマレビュウを読んだ。星一つ、星二つの票が多く、それも酷評だ。何年か前に「ノルウエーの森」を読んだが、30ページぐらいのところで投げ捨てた。娯楽でも文学でもないからだ。個人の趣味なのだろうが、性描写が汚いと思った。今回の評も、「膣、精液、クリトリスなど、性描写があまりにも汚い」と多くが書いている。これは、作家の才能ではなく、趣味が悪いと言えるだろう。ある人は、「大江健三郎や瀬戸内寂聴と同じ日本が嫌いな左翼作家」と書いているが、作家が右翼や左翼で良いのか疑問に思う。なぜなら、左翼であれ、右翼であれ、人間には共通のところが多いからだ。日本では、文学でも、小説でもない不思議な本が売れるらしい。まあ、タバコの出費に比べれば、安いのかもね。問題が残る。読者に、本の価値を見抜く目はあるのか?漫画の方が健全に思えるのだが、、伊勢

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する