2017/04/16 (Sun) やってほしいと聞こえる日本政府の声明


北朝鮮が16日朝、ミサイル1発を発射、直後に爆発し失敗したとみられる。
緊張が高まる中での挑発行為。

武力行使も辞さない姿勢のトランプ政権にとって、北朝鮮の「越えてはならない一線」は、どこにあるのか。

15日、金日成(キム・イルソン)主席の生誕105年を祝う式典で、新型のICBM(大陸間弾道ミサイル)とみられるミサイルなどを、初めて公開した北朝鮮。

一夜明けた16日、日本時間午前6時20分ごろ、東部・新浦(シンポ)付近から、弾道ミサイル1発を発射した。
アメリカ政府は、発射直後に爆発し、失敗したとしている。

現地時間午前8時、平壌(ピョンヤン)市内を見てみると、行き交う人にも特段の変化はなく、穏やかな雰囲気となっていた。
日曜日の朝、川沿いでバドミントンを楽しむ人の姿もあるなど、のどかな様子の平壌市内。

北朝鮮の労働新聞は、15日の軍事パレードの様子を大きく報じ、新型ミサイルなどの写真を多数掲載した。
連日、北朝鮮当局が、海外のメディアに対して行っている取材ツアーは、16日も予定通り行われ、花の展示場などを案内した。
そこには、新型ミサイル「北極星」の模型もあった。

ガイドの女性に、16日のミサイル発射について尋ねたところ、「われわれは、ミサイルを持っていません。ロケットだけです。われわれに失敗はありません。成功しかありません」と話した。

一方、韓国外務省スポークスマンは「今日の弾道ミサイル発射の敢行は、全世界を相手にする威嚇示威だ」と、北朝鮮を批判したうえで、さらなる挑発行為を行った場合は、強力な懲罰的措置を必ず行うと警告した。

アメリカが、原子力空母「カール・ビンソン」などを、朝鮮半島沖に派遣するなど、警告と圧力を強める中、弾道ミサイルを発射した北朝鮮。

その狙いについて、コリア・レポートの辺 真一編集長は「トランプ政権が、北朝鮮に武力攻撃をできないだろうと、高をくくっている面がある。だからこそ、やったと思う。はっきり言って、トランプ大統領と金正恩(キム・ジョンウン)委員長の究極のチキンレース。おそらくこれから、北朝鮮は6回目の核実験に踏み切るでしょう」と話した。

今回の発射について、フロリダの別荘で、マティス国防長官から説明を受けたという、トランプ大統領。

次の一手について、FNNワシントン支局・松山俊行支局長は「軍事攻撃を含む、あらゆるオプションがあるというのが、トランプ政権の立場です。政権の関係者は、ミサイル基地などへの限定空爆などが挙げられると語っています。シリアのアサド政権には、化学兵器を使用したと判断した途端に、『一線を越えた』と、トランプ大統領自身が言及して、直後に空爆を実行したが、北朝鮮に対しては、その一線がどこにあるかが不明で、今後を見通せない要因ともなっています。専門家などの間では、軍事攻撃は現実的ではないといった意見や、トランプ大統領が中国の習近平主席に、北朝鮮への圧力強化を要請した以上、一定期間は中国の本気度を見極めるのではないかとの見方も根強くあります」と話した。

日本政府は、今回のミサイル発射について、「国連安保理決議への明白な違反で、断じて容認できず、北朝鮮に対し厳重に抗議を行い、強く非難した」と発表した。

伊勢の苦言だが

「自分にはできない」と現実から目を反らせる日本の大衆。さあ。そうだろうか?頭も口もあるじゃないか。国民が何も言わないことをよしとして、「支持率は下がらないだろう」と安倍内閣は上のようなことをつぶやいた。確かに、日本人にとって、災いは避けるべきである。「これが宿命」とあきらめるのは自由である。だが、このような政府、このような国民では、日本も被害をこうむるであろう。脆弱な日本の経済、さらに、大衆の生活は苦しくなると言っておく。伊勢

comment

伊勢様くれぐれもお体を大事になさってください。人間年齢を重ねるとあちらこちらにガタが出てきます。私とて同じ事。

さて北朝鮮と米国、中国の駆け引きの行く末にはどのような世界が見えてくるのでしょう。我が国日本も平和ボケしている場合ではないのですが、政治家や大多数の政治に無関心?な日本国民は明日も何事もなく一日がはじまると思っているのでしょう。
しかしそんな平穏な日を突如襲った東日本大震災はたった6年前です。各被災地の復興はままならず、福島においては原発事故の影響で、ようやくこれから復興元年のようなもの。東日本大震災だけでもたくさんなのに昨年は熊本と大分にまたがる震災、鳥取の大地震、糸魚川の大火災と本当に悪い事ばかりが続いています。とどめが朝鮮半島の戦争とならぬように願いたいものです。

さて本日北朝鮮の拉致担当大使?が日本に揺さぶりをかけてきました。

調査もしていず日本側を騙してばかりの北朝鮮側の態度には立腹している日本人は多いでしょうが、これまた憲法9条の制約なのか与党、政府、害務省の「事なかれ主義」のせいなのか全く解決の糸口が見つかりません。
悔しい思いでいっぱいですが制裁をどんどん加えるしか手が無いのだろうと思います。北は日本独自の制裁を解除すれば対話をすると言っているようですが話になりません。完全に日本を舐めてかかっているのが見え見えです。

逆に言えば少しは制裁が北朝鮮に効いてきているのかもしれません。想定外などという言葉で遊ばず、なんでもあり得るのだと想定して外交を進めて欲しいものだと思います。
2017/04/18 17:45 | 一有権者 [ 編集 ]

一有権者先生

ここんとこ、前立腺の手術~緑内障の手術とその検査や準備で忙しい(笑い)。でも、双方とも、医者が言うには、生まれ変わったように爽快になるんだそうです。

日本軍を武装解除したのはアメリカです。それを考えれば、歴代の日本の首相は何ゆえに韓国に手を出しのでしょう?アメリカ様に言われて従ったということなら根性がないのも甚だしい。「ノー」と言ってこそ主権国家の首相のはず。安倍は烏鳶のようにワシントンに飛んで行く。毎月でも出かけて行く。恥を知らない人間。伊勢

2017/04/18 15:08 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢様。すでにある一定の数の家庭は生活が苦しくなりつつあると思いますよ、理由は様々あるとは思いますが。

景気が回復したとのイメージはなく給与が上がるのは若干の企業だけと思います。東芝のような大企業さえあのような状況です。まぁ東芝の場合は経営陣のミスと思いますけれど。

赤い字の言葉はいつものごとく「遺憾砲」ですね。全く相手には痛くもかゆくもない言葉で抗議したかのような誤魔化し。

もし何らかの行き違いや誤解が一発目の引き金を引いた途端第二次朝鮮戦争が起きます。その時日本の政治家は在韓邦人の保護や韓国民以外の外国人をうまく日本へ退避させることができるのだろうか。?
また難民化した韓国民を受け入れる体制ができるのだろうか。?
非常に不安ばかりが頭をもたげる。
ましてやありもしない歴史捏造を繰り返し「反日無罪」と日本人を敵視している韓国民を受け入れるだけの寛容な気持ちに我々日本国民はなれるだろうか。?普通に考えてこれは非常に困難な事であろうと思います。個人的には国際社会から批判を受けても答えはNOなのです。今までの日韓関係はあまりにもひどすぎるからです。

まだ時間があるうちに在韓の必要性がある人を除きできるだけ帰国を促しておくべきと思うのは考えすぎでしょうか。?何かあってからでは保護ができなくなる可能性が高いし、かの国の人達の日本人に対する善意を願うのは無理だと思うのですが。
2017/04/17 21:27 | 一有権者 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する