2017/04/27 (Thu) 大陸間弾道ミサイル・ミニットマン


アメリカ太平洋軍のハリス司令官は26日、北上を続ける原子力空母「カール・ビンソン」が、北朝鮮を攻撃できる射程内に入ったことを明らかにした。アメリカ太平洋軍のハリス司令官は、公聴会で「現在、空母カール・ビンソンは、フィリピン沖、沖縄の東で、指令が出れば北朝鮮を攻撃できる射程内にいる」と証言したうえで、在韓アメリカ軍への一部配備が始まった最新鋭の迎撃システム「THAAD」についても、「数日中に運用が可能になる」と述べた。さらに、「もし北朝鮮が核保有の目標を達成すれば、大勢の韓国人、日本人が犠牲になる」と語り、本格的な核配備の前に、対処の必要があると強調した。

こうした中、アメリカ空軍は、ICBM(大陸間弾道ミサイル)の発射実験を行ったと発表した。それによると、26日未明に、カリフォルニア州の空軍基地から「ミニットマン3」1発が発射され、およそ6,800km離れた太平洋上に到達したという。空軍は声明で、「『ミニットマン3』の卓越した抑止力、正確な能力が証明された」と実験の成功を評価し、「発射は、アメリカの核抑止力の重要なアピールだ」と強調した。核やミサイルの実験を続ける北朝鮮をけん制する狙いがあるとみられる。


伊勢の考えだが



まず、北朝鮮攻撃はあり得る。このミニットマンは、海軍のポラリスよりも正確で堅固な核実験洞窟でも破壊が可能である。「アメリカ人の野生」を考えると、核施設攻撃~弾道弾発射基地を一斉に攻撃して破壊する可能性がある。それによって、北朝鮮がソウルを攻撃するならカールビンソン艦隊の出番である。

のるかそるか

この攻撃を実行するためには、韓国と日本を説得できなければ出来ない。韓国は、まだしも、安倍晋三の性格からは考えにくい。この機に及んでも核論議すらしない男である。伊勢自身は北朝鮮攻撃に反対ではない。考えられるのは、金正恩が核実験や弾道弾実験を一時やめることである。金は、トランプがやりかねない男だとわかっている。伊勢


対米広報に、ご寄付を頂きたい


30th aniversary

伊勢は、トランプを追放したいから、ブルームバーグにコメントを書いている。トランプ政権は破たんするが、その継承者のペンスも似たようなものである。来年十一月の中間選挙で、この真空状態をいくらか直せるのか?伊勢の賛同者のアメリカ人たちは、来年末を目標としている。伊勢は、共和党そのものを野党に追いやることが、アメリカおよび欧州と日本などに重要だと信じている。伊勢

A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

B) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

*2月28日、MIZ・TA様から、20、000円のご献金を頂きました。馬齢76になる伊勢です。感謝致します。伊勢





comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する