2017/04/29 (Sat) 日本は滅びるだろう
nuclear warhead

核弾頭はこんなに簡単な構造である。ピストルの弾と考えればわかる。必需品である。伊勢


abe russia

何のために夫婦で外遊するのか?プーチンも、習近平も、北朝鮮攻撃に反対なのである。つまり、日米韓が困ることは、ロシアに漁夫の利がある。


UN nk

「ソウルと東京が灰になる」とアメリカ国務長官は国連で陳情した。だが、中国とロシアは拒否権を持っている。つまり、国連に持って行っても無駄である。


核議論をしない日本は滅びるだろう

安倍晋三は夫婦で、いそいそとロシアヘ出掛けた。朝鮮半島が暴発する可能性があるときに、よく外遊が出来るもんだと感心する(笑い)。核弾頭を持たない日本は丸腰と言ってよいだろう。伊勢が首相なら、ワシントンへ行って、米国議会で日本の核保有を訴えるだろう。伊勢

comment

一有権者先生

戦後に絹の産着を着て生まれた安倍晋三。子供もいない晋三。外国で暮らした経験もない晋三。ホームを買ったこともない晋三、、まず、人口が減っても、日本は地上から消えるわけがない。一時期、東北や熊本を除いて、インフラを中止すれば良い。企業が後退することは阻止するべきだが、政府の乱費が目に余る。外務省は、半分にしても充分のはず。安倍晋三のアタマは固く、柔軟性に欠ける。GDPが伸びないなら、生活の保障とクオリテイを改善すれば良い。伊勢
2017/04/30 19:25 | [ 編集 ]

移民1000万も引き入れた時実質日本という国は無くなると私は考えています。欧州という失敗例があるにもかかわらず議員連中の中にそれを考えている人たちがいる。国家百年の大計を考えて政治をできる人が今の日本にはいないのでしょう。我が国は既に70年余前に一度失敗しているのにね。
大体において伝統、文化、生活習慣が違いそれを尊重できない人達が近隣国にいる我が国の位置を思えば簡単に受け入れられるわけがない。本日も浜離宮において何者かが油のような液体を撒いて汚したとニュースになっています。まぁこんなことをするのは大体どこの国の出身者か推察できますが。
移民政策は日本の少子高齢化に伴う人口問題の解決の一つの案と放言した議員がいたように記憶していますが、人口減少が問題ならば、少子高齢化をどうやって日本人の人口増になるように解決して行くかを考え実行するのが筋だと思いますがいかがなものでしょうか。?
日本人の人口が増えれば、例えば年金問題や労働生産人口のいびつな構成も解決され、日本国内の消費経済成長の一助ともなると考えます。自民党HPにも意見を投稿した事がたびたびあるがお偉い方たちは日本の行く末や未来の子孫達の繁栄より自分達の事が大事なのだと感じること多々あります。
国政を預かる議員は勿論地方議員も未来の日本が日本の持つ伝統文化や生活習慣を大事にしながらも、より良い国になるように政策を練り実行して行かなくてはならないはずなのに、自分の思い描いた社会や私利私欲を満足させる事を実現させるために政治を動かそうとしているように見えます。このような傲慢な政治家は支持できませんが、遊説もあまりしていないように見えますしそもそもはっきりとした思想信条を訴えないので投票するにあたり判断が難しい面もあります。論外な政党ははっきりはしていますが。

TPPは話題に上らなくなりましたが少し前に米国抜きでも発効推進と一度ネットニュースには配信されました。アベノミクスもどうも順調とは言えません。かなり多くの庶民は景気が良くなったとの実感はないと思います。自分の給料が上がらないのにどこが良くなったの?でしょう。

長文失礼いたしました。
2017/04/30 18:52 | 一有権者 [ 編集 ]

一有権者先生

「日本人は滅ぶことを望んでいるのかなあ?」と思うことがある。大衆がそうでも首相までもが?日本は花園なんです。1000万人の移民を引き入れると言う国会議員がいる。世界が成長経済に向かっていないことは明らかなのにね。アベノミクスはどうなったんかね?TPPも言わなくなった。安倍には、確たる政治理念がないと思うね。行き当たりばったり、、伊勢
2017/04/29 20:27 | [ 編集 ]

伊勢様今晩は。できる事ならば自前で持っていた方が反日国家への抑止力になるのでいいと思うのですが、アレルギーと何故か日本の国が弱い方が平和を保てると考える政党とその支持者の為に?できない。

せめてドイツ、イタリアのように米国との協定を結んで置くべきと思いますが。・・・我が国は五月連休に入り議員たちがこぞって外遊らしいです。全く平和なもんですね、いつどうなるか、何が起きるかわからん時に。
2017/04/29 19:19 | 一有権者 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する