2017/05/06 (Sat) 「やってしまえ」という気にもなるよ
north korea sanction 10.6.15

核実験は一時、停止したと思われる。しかし、米韓軍は、韓国海軍のコルベット天安が北朝鮮の潜水艇が発射した魚雷で沈没したとき、反撃する機会を見送った。何故なのか判らないが臆病が垣間見える。伊勢

tennyan corvette

天安沈没事件は、大韓民国海軍の浦項級コルベット天安が2010年3月26日に沈没した事件である。2010年3月26日午後9時45分頃、天安は朝鮮半島西方黄海上の北方限界線 付近(白翎島西南方)で、船体後方が爆発し、船体が2つに切断され沈没、乗組員104名のうち46名が行方不明になった。これを受け、韓国政府はただちに緊急安全保障関係閣僚会議を招集、原因究明と対応協議に乗り出した。この海域では朝鮮人民軍との小競り合いが頻発しており、韓国国内では北朝鮮による攻撃を疑う声が上がったが、韓国政府は「すべての可能性を念頭に置いている」と慎重な姿勢を示していた。4月15日、切断された船体の後半部分が引き揚げられ、行方不明となっていた46名のうち36名の遺体が収容された。船体には外部から爆発による衝撃を受けた痕跡が残されており、魚雷や機雷と接触したという見方が強まった。韓国政府は慎重を期するために国外の専門家を交えて爆発原因の本格的な調査を開始した[4]。4月24日には船体の残り前半部分が引き揚げられ、これを調べた軍と民間の合同調査団は、内部爆発の可能性はなく、艦から近い水中での爆発により艦体が切断し、沈没した可能性が高いという見解を示した。5月20日、軍と民間の合同調査団(韓・英・米・豪・スウェーデン)は、天安は北朝鮮による魚雷の攻撃を受けて沈没したと断定する調査結果を発表した。結論の根拠としては、沈没現場の周辺で北朝鮮製の特徴を示す大型魚雷の残骸が発見されたこと、また、天安の沈没に前後して北朝鮮の潜水艦と母艦の活動が確認されたことが挙げられている。。攻撃に使用された潜水艦艇としてヨノ型潜水艇の可能性があるとも発表されている[7]。なお北朝鮮の祖国平和統一委員会は関与を否定し「謀略」であるとして韓国を批判している。韓国の李明博大統領は、2010年5月24日「対国民談話」を発表し、大韓民国海軍所属の哨戒艦「天安」が北朝鮮の魚雷によって沈没した事件を「大韓民国を攻撃した北朝鮮の軍事挑発」とした上で、「北朝鮮は自らの行為に相応した対価を支払うことになる」とした。また、北朝鮮の責任を追及するため、北朝鮮の船舶が大韓民国の海域および海上交通路を利用することを禁じ、南北間交易を中止する措置を取るとした。また、大韓民国の領海と領空、そして領土を武力で侵略する場合、即時に自衛権を発動するほか、国連安全保障理事会への提起、および国際社会とともに北朝鮮の責任を追及するとした上で、大韓民国国軍の戦力および米韓防衛体制を一層強化するとした。一方、軍民合同調査団のシン・サンチュル専門委員は、「沈没は座礁と衝突によるもの」と、これらを批判する所見を出している。2012年8月27日、韓国地震研究所のキム・ソグ所長は「韓国海軍が放置した機雷が爆発の原因である可能性が高い」と話したと複数の韓国メディアが報じた。これによると、事故当時の地震波と空中音波、水中音波を分析した結果、爆発によって生じた地震規模は、火薬成分のトリニトロトルエン(TNT)136キログラムの爆発力に相当すると指摘した。これは、1970年代に韓国海軍が黄海上に配置し、そのまま放置した陸上操縦機雷の爆発力と一致するという。また、爆発の際観測されたバブル周期にも言及している。魚雷の爆発ではバブル周期が1.1秒以上だが、天安の爆発で観測されたデータからは0.99秒が推測されたとし、0.99秒はTNT136キログラムの爆薬が水深8メートルで爆発した時に観測されるデータと同じだったとする。同内容は、TNT250キログラムの北朝鮮製魚雷(CHT-02D)が水深6-9メートルで爆発し、地震規模1.5が発生したとする韓国軍と民間による合同調査団の発表とは大きくかけ離れる。キム氏は再調査が妥当だとの考えを示したが、国防省の関係者は「"北朝鮮製魚雷によって天安艦が攻撃された"という結果は、各国の専門家が数ヶ月かけて検証し導き出したものだ」とし、機雷による爆発の可能性を否定した。

韓国の一般人の反応

2012年までアメリカ海軍太平洋艦隊司令官だったパトリック・ウォルシュはウォルシュ元司令官は2017年に朝鮮日報のインタビューで「全ての証拠が北朝鮮がしたと証明しているのに、多くの韓国人が『原因は別にある』と信じていたことに大きな衝撃を受けた」として韓国人の北朝鮮に対する警戒心が低すぎると述べている。

comment

南北朝鮮の社会にはうんざりするし、ほんとに関わりたくないという気持ちが韓国という国を知った多くの日本国民の偽らざる気持ちではないかと思います。

知れば知るほど嫌いになる国というのも珍しいのではないでしょうか。?
残念な事に嫌いな国が隣にあっても船のように航行して日本列島が離れていくこともできないので困ったものです。

長年歴代中国の冊封国として自ら従属していながらその時々によって中国、ロシア、そして日本にすり寄り寄生虫のごとく続いてきた李氏朝鮮ですが、明治時代の我が国は日本の自存自衛の担保の為もあるとはいえ何とか自立して欲しいと関わったことが現在まで続く日韓関係になってしまったことは朝鮮半島の人々の性格を見抜けなかった(見抜いてはいたが?)先人の誤った政策だったかもしれません。

もし我が国日本の安全保障に何ら問題がないのであれば、いや問題があっても半島には「助けない、教えない、関わらない」事が日本国にとって一番良い政策であろうと思います。
困った時だけ我が国から支援を受け、手に入れた途端に手のひらを返して反日ではとても信用できるものではありません。慰安婦像とされているあの像のモデルは1995年在韓米軍の車両に轢き殺された韓国人女学生がモデルなのですが米国民の皆さんはご存知ではないでしょうね。
米国にとっても諸刃の刃になりかねない韓国という国を米国の皆さんはどのような見方をしているのでしょう。
広い太平洋で隔てられていると見えにくく、ましてや嘘をつく事はうまい人達ですから日本の方よりも韓国を信じる人も多いのかもしれません。まったく吉田某と朝日新聞はとんでもない事をしてくれたもんです。

私個人は彼らは日本にとって同じ価値を有する友好国ではなく敵性国家と見て居ます。今回の大統領選どのような結果になろうと反日である事に変わりなく、文氏が当選すれば一番ひどい反日反米になることは予想できます。米国政府はあらかじめ対策を考えておるのかもしれませんが、我が国は媚韓派の政治家や役人がいるので心もとないと思っています。
2017/05/06 19:33 | 一有権者 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する