2017/06/01 (Thu) 若い指導者の時代
merkel macron

ドイツの宰相、アンヘラ・メルケルは、62歳である。フランスの大統領となった エマニュエル・マクロンは39歳なのだ。


merkel treudeu

カナダの首相、ジャステイン・トルードウは、45歳なのだ。


merkel Pena

メキシコの大統領、エンリケ・ペナ・ニエトは、50歳なのだ。


時代遅れの面々

trump Merkel 3.2017

トランプは、70歳である。しかも、あのアタマなのだ。「オレンジの道化師」と呼ばれるようになった(笑い)。


putin merkel 3.4.14

プーチンは、65 歳なのだ。この男は、ちっとも進歩しない。ロシアの悲劇なのだ。


merkel abe
 
安倍晋三は、62歳。メルケル女史と同じ歳である。だが、世界の指導者として、メルケルはヘビー級なのだ。面会でも、メルケルは足を組んだり。晋三君の肩を叩く。日本にとって、絶対に敵には回せないのが、このドイツのメルケルなのだ。


日本も変われ!

日本の教育は、極く高い。子供も優秀だ。日本人の何でも、とことんまで突き詰める性質は世界が尊敬している。経済は、世界第二位なのだが、政界は最低だと思うね。野党は言語同断だが、自民党の若い世代が芸者になっている。ごめんね(笑い)。伊勢爺




comment

一有権者先生

国連は、中国とロシアが常任理事国であるだけで、無効な機関なんです。脱退しないならば、拠出金をストップすることです。安倍晋三の自民党は、「カネさえ出せば済む」と考えている。深い考えがあるとも思えないね。伊勢
2017/06/03 03:12 | [ 編集 ]

日本には、「はっきり自分の意思を述べる」首相が必要なんですが、、伊勢

伊勢様、全くその通りと思いますが、何故か我が国では中韓の所業へ正論を述べて批判すると野党や反日メディアが寄ってたかって罵詈雑言を浴びせ政治の場から引きずりおろそうとするんですね。
ところが中韓が内政干渉でもある我が国の教育に関する問題や領土領海の問題を批判しても全くと言っていいほどおとなしいんですよ。

過日も国連特別報告者という国連の関係者なのか、あるいは国連からどこかの機関を通して調査を委託された者なのか胡散臭い人物?が我が国の人権や教育等を政府が介入しているのはよろしくないと報告すると配信され日本政府はそれに対して正しくないと反論するらしいですが、これとてどのような経過の調査なのか、まるっきりわからないのです。

日本側から見れば最近の国連のユネスコや人権委員会なるものの日本への調査結果等は日本がさも人権等の問題に関して良くない国との印象を国際社会に与える可能性があり私は危惧しています。

人権問題や教育などに問題があるというならば東アジアにおいては中国や韓国北朝鮮などがもっとも酷い国であろうことは容易にわかるのに国連はこれらの国には何も勧告しないというならば国連も腐った組織だろうと思うのです。
我が国は米国に次いで第2位の拠出金を出しているのですが、我が国の願いとは裏腹な事が起きているように推察できますね。米国のように拠出金の支払いを拒否するのも一つの策だと思うのですがいかがなものでしょうか。?

前事務総長の代から酷いことになったと。職員の中から証言が出ているので間違いないでしょう。世界が混沌として行くようで本当に困ったものですね。
2017/06/02 18:00 | 一有権者 [ 編集 ]

一有権者先生

河野一郎は、国賊ですね。さらに、安倍晋三は、はっきりしない性格です。自民党の対韓国政策は、終戦以来、「失敗」の一時に尽きます。全てをアメリカの所為にして逃げてきたんですが、自分の意見を言わない者を世界は尊敬しないし、逆に見下げられる。日本には、「はっきり自分の意思を述べる」首相が必要なんですが、、伊勢
2017/06/02 04:25 | [ 編集 ]

野党は言語同断だが、自民党の若い世代が芸者になっている。ごめんね(笑い)。伊勢爺

伊勢様誤る必要は全くありません(笑)。私個人も日本国で1位2位を争うほど政治家や役人は信用のない人達と思ってますので。

本日の産経配信によれば自民党重鎮?だった河野談話の河野洋平が安倍政権を痛烈に批判したとか。しかも安倍総理の名前を呼び捨てにしたそうです。いくら嫌いでも敬称は付けるべきだろうと思うのですが。

個人的にはこの河野洋平こそ日韓問題をますますめんどくさい状況にした張本人であり国会証人喚問のうわさがでたら体調不良を理由に逃げた国賊と思っています。(実際に河野太郎から肝移植を受けていますがね)証人喚問には応じないくせに自分に火の粉がかからない場所では元気に中韓への擁護と日本側の批判はするんですからたちが悪い。

中国の嫌がることばかり行い、改憲が必要無いのにしようとする・・・・

とまぁ一体この男は何を見て居るのか考えて居るのか鳩山とならぶルーピーじゃないかと。

国際社会のルールを破り東アジアや東南アジアの平和を脅かしているのは日本ではなく中国。その尻馬に乗り河野洋平の馬鹿垂れが勝手に個人の意思で話に盛り込んだ河野談話をネタに何度も問題を蒸し返し日本から金をせびり取ろうとする韓国。

何故に国会議員たちは日本の名誉や信用を毀損するこのような人物を証人喚問しないんだろうと。自民党HPにも意見投稿しましたよ。
河野洋平は国賊国会証人喚問せよ!と。まぁやることはないだろうと思いますけど国民は怒っているという事を見せつけなくてはいけませんよね。!
2017/06/01 16:34 | 一有権者 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する