2017/07/05 (Wed) 私は韓国贔屓だ
私は韓国贔屓だ

info@kase-hideaki.co.jp via sux03.admiral.ne.jp
9:57 PM (8 hours ago)

■「加瀬英明のコラム」メールマガジン

送信日 : 2017/07/05 (Wed)
題 名 : 私は韓国贔屓だ

 私にとって韓国は、もっとも親しい国だ。

 韓国で政権が交替した。それでも、わが大使館とプサンの総領事館の前に設置された慰安婦像が、撤去されることはないだろう。

 やれやれ、日韓関係は144年も全く変わっていない。

 明治6年に、朝鮮政府が日本の唯一つの外交公館として、釜山(プサン)にあった倭館の前に、日本を「罵詈譫謗(ばりせんぼう)」(罵る言葉)を連ねた、漢文で数千字にのぼる告示文を掲示した。

 内容は、日本の明治の改革を頭から否定して、日本が儒教の礼を踏み躙り、服装を西洋式に変えたことを痛罵し、和船でなければ入港を認めないのに、洋夷を模倣した蒸気船を用いることなど、日本が禽獣以下の国だとなじるものだった。

 日本側の抗議に対して、告示文を撤去することを拒んだ。日本政府はこの無法な告示文に激昂し、西郷隆盛をはじめとする太政官が、征韓論を唱える切っ掛けとなった。

 今日、この告示文の写しが、外務省外交史料館に保管されている。

 日本で嫌韓論が募っている。だったら、いったい韓国とどう交際したらよいのだろうか?

 私は韓国は変わらないから、あるがままの韓国を受け容れて、経済、安全保障、文化に限って、互恵関係を結ぶべきだと思う。

 アメリカにキリスト教の一派のアーミッシュの共同体があるが、電気も、電話も、自動車も、いっさいの機械の使用だけでなく、聖書以外の読書、讃美歌以外の音楽を禁じている。敬虔な愛すべき人々だ。

 イスラエルに「オーソドックス・ジュー」と呼ばれる、ユダヤ教の厳格な戒律を頑なに守る人々がいる。聖書が肌に刃を当てることを禁じているから、髭を剃らない。シャバット(安息日)――金曜日の日没から土曜日の日没まで乗り物に乗らないし、火を点じることがない。信仰心が篤い人々だ。

 アーミッシュ教徒や、オーソドックス・ジューに、生きかたを変えるように求めるものだろうか?

 反日(パンイル)が韓国民の愛国心を支えて、元気の素となっている。韓国はかつて自国を小中華(ソチュンファ)と呼んで、中国の藩属国であることを誇って、日本を蔑(さげす)んできた。その日本が韓国を追い越したのが、誇りを傷つける。

 韓国民の心情を理解して、日本が韓国の活力の源となっていることを、喜びたい。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
加瀬英明事務所
お問い合わせメール: info@kase-hideaki.co.jp
ホームページURL: http://www.kase-hideaki.co.jp/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


伊勢は加瀬英明さんの意見に反対である



経済も、安全保障面も、文化交流も打ち切ると気分が爽快になる。つまり、韓国は日本と日本人を蔑む「反日国」だからである。敵対心に情熱を燃やして、国家間の合意を破棄する隣国と国交を打ち切るのは当然なのである。加瀬英明さんは高齢を越して、健全な国家政策を望む国民の意思に反対している。引退されよ!伊勢


対米キンドル出版に、ご寄付を頂きたい


30th aniversary

伊勢は、日本政府も、報道も書かないことをブルームバーグに書いてきた。誰かが、日本の国民を代表してコメントを書くべきだかである。キリスト教徒白人ルーズベルトの日本を誘い込む策略~熱心だったキリスト教徒トルーマンは、殺人者である~慰安婦は、韓国政府と朝日新聞の捏造である。Iseheijiroのネームを知らない投稿者はいない。

A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

B) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

*5月14日、MIZ・TA様から、40、000円のご献金を頂きました。馬齢76になる伊勢です。感謝致します。伊勢



comment

このコメントは管理者の承認待ちです
2017/07/07 16:35 | [ 編集 ]

一有権者先生

加瀬という人は、自分は頭が良いと思っているらしいね(笑い)。唾を吐きかけられても、天皇陛下を侮辱されても、竹島を占領されても、許すという太っ腹らしいよ。伊勢
2017/07/06 19:31 | [ 編集 ]

開いた口が塞がらないとはこの事。こんな馬鹿がいるから正常な日韓関係が作れない。というか関わってはいけないのです。

慰安婦問題も南京虐殺もありもしない事を日本人の側からわざわざたきつけた大馬鹿者がいるから、普段関心のない国際社会は日本人が言っているんだから本当の事なんだろうとなってしまう。
当時の社会党田辺委員長、現社民党福島みずほや朝日新聞らの罪は極めて重い。

彼らが賞賛する国中共ならとっくの昔に売国奴として死刑になっている事だろうよ。個人の好き嫌いは嗜好もあるだろうが、こと国と国の政治に関していえば加瀬英明死罪相当。
2017/07/06 18:39 | 一有権者 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する