2017/09/03 (Sun) 最も愚かな総理大臣である
abe trump moron

安倍首相は3日朝、アメリカのトランプ大統領と、今回の北朝鮮による弾道ミサイルの発射後、3度目となる電話会談を行い、圧力を高めていくことで一致した。安倍首相は「北朝鮮に対する圧力を高め、北朝鮮の政策を変えさせていかなければならない、その点で、完全に一致したところであります」と述べた。安倍首相は、アメリカ、韓国のほか、国際社会との緊密な連携が必要だと強調した。また北朝鮮が、「水爆製造」と主張していることを念頭に、「さまざまな情報に接しているが、冷静に分析しながら、対応策を各国と連携して協議する」と述べた。(FNN)


安倍首相「断じて容認できない」

abe Nk TEST

北朝鮮が弾道ミサイルを北海道の頭越しに発射したと言って、トランプ様にお電話を掛けられた(笑い)。今日は、北朝鮮が水爆実験を行ったと、また、トランプ様にお電話を掛けられた(笑い)。伊勢爺は、安倍晋三は、日本史上で、最も愚かな総理大臣であると思っている。慰安婦問題さえ解決できない男だ。北朝鮮の核の脅しは、この男やトランプには、大きすぎる問題なのだ。晋三には「決心」というものがない。また、「断じて容認できない」などと言っている。一方、トランプは、頭脳が相当悪い大統領様なのだ。核保有の「か」も口に出さないこの晋三には、日本国民を守る意思がないと言える。このまま、戦争になって、日本国民に死者が出たら、晋三をどうしてくれよう。袋叩きにするだけでは、済まないだろう。伊勢

隼機関に寄付をお願いしたい

理由ですが、「日米同盟は神話である」の出版の他に、おおくの理由があるんです。伊勢は、ブルームバーグ紙で、ここ二年以上、論戦してきたのです。「日本は再軍備すべきか」という討論では、100%のアメリカ人インテリ層から「日本は、核が必要だ」と支持を得ました。日本の新聞社の国際部は知っているはずです。伊勢爺は、本を11月には出したい。本だけでは、世論を起こせるのか不安がある。本の中には、小池ゆりこ都知事の「都民ファースト党」に訴えるし、日本の国民が消極的か、または、意見がないなら、ブルームバーグ紙で、アメリカ人の「日本の核保有を支持する」という署名運動を行う考えだからです。これが、伊勢爺の人生の最後の仕事なんです。協力してください。伊勢

伊勢は反逆児である

伊勢は、五男に生まれたからか、少年時代から反抗心が強かった。務めた会社では、全て反抗しては辞めた。現在、76となった伊勢には怖いものなどないので、その反抗は反乱へと向かっているのである(笑い)。地球を歩いていると、アメリカが孤立へと向かっていることがよく判る。日本には、その孤立を深めるアメリカとどう付き合うかという大問題がある。アメリカのプードル安倍晋三のアタマでは、新しい日本の朝はこない。国民は、一致団結して、このインポ小僧を引きずり降ろせ!伊勢




「日米同盟は神話である」という題名にしました。アメリカと日本の同盟は、ことあるごとに、安倍晋三や前の総理大臣が連呼してきた。だが、アメリカ政府は、広島、長崎、東京空襲を正当化しているのです。一方で、自民党は、政権を握ることにしか関心がなく、アメリカ政府の理不尽な主張に抗議すらもしてこなかったのです。伊勢爺は、文字通り「爺」になった。在米51年が経った。小野田寛郎さんのルバング島29年の苦闘に似ていると思う(笑い)。何しろ、繊細極まる大問題であり、「今の世代が、こんな本を読むだろうか?」という心配もある。だが、書いておかなければ、「日本は悪魔だった」がスウスウと通ってしまう。伊勢は、日本の若者の関心を「日本の核武装」に惹きつけたい。

伊勢が出版する目的は、日本の核武装を実現することなのです。

日米同盟が、「いびつ」な関係であることを知らない人はいない。不平等条約と言ってもいいでしょう。その理由は、集団自衛権ではなく、日本が核兵器を持っていないからなんですね。日米同盟は夫婦のように平等ではなく、あくまでも、アメリカが日本の運命を握っているという不健全な条約なんです。これを自ら進んで非核武装宣言をしている安倍晋三。非核とは、非武装と同じなんです。その女形総理大臣を有難く崇拝している愚衆。ははは、、

30th aniversary

A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

B) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

 6-30日 MIZ/TAKさまから20,000円のご献金を頂きました。

 6-12日 HASE/HIROさまから5,000円のご献金を頂きました。 

 6-22日 OHKUSHIさまから1,000円のご献金を頂きました。


> 金額:100,000円  みずほ銀行・上大岡支店
> 振込人:A.teruo 様


7-24日*一読者先生、大金をご献金頂きました。編集人がアメリカ人。その代償に使わせて頂きます。たいへん感謝しております。必ず、日本人の心をアメリカに届けます。伊勢

 6-30日 ICHIOKAさまから1,000円のご献金を頂きました。再び、このお方から4000円を頂きました。たいへん、心を使ってくださったと感謝しています。伊勢

7-24日、 隼郵貯に石橋奈美様から10,000円入金がありました。編集者に払う費用と致します。有難うございました。伊勢

7-28日、大串和久さまから、2,000円入金しました。真に有難う。

8・30、MIZ/TAKさまから40,000円のご献金を頂きました。ここ10年間、ブログを始めてから献金を欠かさないお方で、伊勢は、「どう、ご恩をお返し出来るのか」と常に思っています。今は、感謝のことばのみを申し上げます。毎回、大金を、たいへん、有難うございます。伊勢


これが、伊勢の遺言なのです

在米51年の集大成に「日米同盟は神話である」と題を付けて、日本人のメッセージを残したい。アメリカの知識層には、太平洋戦争の真実を知って貰いたい。必ず、彼らは理解する。現在、朝鮮半島に再び戦火が広がる情勢になっている。今が、日本の核武装を認めるようにアメリカを説愉する機会なんです。アメリカは、その指導力をどんどん失っている。アメリカの飼い犬である安倍晋三は米国大使館の中にすくんでいるCIAにコントロールされている。臆病な晋三には、アメリカから独立する考えはない。その頼りの米軍が日本から出て行く日がくると言っておく。伊勢


comment

伊勢様、戦後生まれの戦後育ちは私も同じですが、幸いなことにほんのちょっとだけですがわが叔父の武勇伝?と悲しく悲惨な抑留生活を聞いた事があるので、中共や南北朝鮮、ロシアそして米国にも平和ボケした妄想は抱かなくてすんでいると思います。
北朝鮮の作物の不作と飢餓の予想については先日何かのネットで見た記憶があります。かの国の指導者は国民が餓え苦しみ餓死しようと心には感じないのでしょうね。自分とその家族だけブクブクと肥え太りやがって。!(怒)そのような指導者は早く淘汰されるべきと思いますが。・・・
今のうちに在韓邦人や在韓米軍軍属やご家族は本国かとりあえず日本国へ引き揚げておくべきと思います。韓国に気付かれないように。
2017/09/04 18:44 | 一有権者 [ 編集 ]

一有権者先生

安倍の性格は、オバマと同じなんです。国を崖っぷちに持って行く。戦後生まれ、戦後育ちの特徴ですね。さらに、子供も、親もいない男ですからね。最初に、在韓国の外国人の退避命令が出ます。戦端が開いて、米韓軍が少しでも失敗すると、日本にミサイルが飛んできます。

今年の冬は、北朝鮮は、干ばつで餓死者が出ると言ってます。戦争は来年だろうとボクは思っている。まだ、日米間および国連の足並みが揃っていないからね。いずれにせよ、株価は暴落するでしょう。伊勢
2017/09/03 18:44 | [ 編集 ]

伊勢様今晩は。
本日北朝鮮は核実験を行い成功したと発表しました。これでも相変わらず「遺憾の意」「厳重な抗議」で済ますつもりなのでしょうか。?
色々と論議はあるでしょうけれどもう日本も米国と協議の上核武装を含む大幅な防衛力強化をしなくては自国の領土、領海の防衛と国民の安全保障を担保できないでしょう。
それでも何もしない気でしょうか。?中共やロシア、韓国のからの非難や内政干渉への配慮よりも日本国の防衛が最優先なんです。
2017/09/03 18:09 | 一有権者 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する