FC2ブログ
2018/01/18 (Thu) 平昌冬季オリンピックをボイコットしよう
hiramasa hotel

hiramasa korea


平昌は、安倍晋三の踏み絵である

nikai xi

国民の86%が、日韓断交を希望している。その国民感情を無視するのかね?韓国経済は崩壊に向かっており、親北の文在寅は、アメリカから嫌われ、平昌のホテルは、ガラガラである。「韓国は重要な隣人」と言っている安倍晋三は、どうするのかね?中韓の回し者である二階自民党幹事長の「行かなければ大変なことになる」という脅しに屈するのかな?伊勢

日米同盟は、ほんものか?

abe trump the worst

としの暮れに、体調を崩したために遅れていますが、どんどん書き進めています。遅くとも、二月にはキンドル英語版になります。他にも、「消えたポセイドン」という推理小説を平行して書いています。伊勢


comment

日本の軍事力及び有事への準備は弱すぎるんです。安倍晋三には、軍事発動を命じる勇気もないと思うよ。尖閣を無防備にしているのが、安倍麻生なんです。伊勢

伊勢様今晩は。上記については安倍、麻生両氏だけではなく日本の政治家ももちろんの事、私達日本人の覚悟ができるかどうかだと私は思うのです。仮に政治家が覚悟していても日本人にその覚悟がなければ難しいですが、そうなれば我が国の尖閣や沖縄は中共に盗まれる。

「韓国は重要な隣人」と言っている安倍晋三は、どうするのかね?

おそらく口だけだと思いますこの言葉については。実際安倍総理は五輪出席については行きたくないようですが、ここで問題なのは自民党内の訪韓を促すような動きです。二階幹事長や竹下亘議員等がそのような発言をしているらしいですね。私は訪韓などとんでもないことと抗議の意見投稿しましたが。
これだから戦後の日本の政治家はダメなんですね。これだから北朝鮮による拉致事件も解決できない。いや解決する気持ちも本気ではないのではないかと疑いたくなります。とりあえずは平昌五輪開会式への出席はやめるべきでしょう。
2018/01/19 18:51 | 一有権者 [ 編集 ]

一有権者先生

<訪中に合わせたように尖閣の日本の接続水域と宮古島の接続水域に原子力潜水艦を、しかも商級という射程40キロを持つミサイル搭載艦を潜航状態で侵入させたのはどう見ても日本への挑発と自衛隊の能力の分析の為やっているとしか思えません。

朝鮮半島と尖閣は、日米同盟の「踏み絵」なんです。トランプは北朝鮮に関心がないように思える。全く、無意味な政策を提唱して、国内をかき乱している。この土曜日、全米で女性の反トランプ集会が行われる。うちのも、出る。

核弾頭を開発している北朝鮮には、日本は。非核三原則を履破棄する以外に、全く打つ手がないが、一方の尖閣は日本が単独で守らなければならない。つまり、日本の軍事力及び有事への準備は弱すぎるんです。安倍晋三には、軍事発動を命じる勇気もないと思うよ。尖閣を無防備にしているのが、安倍麻生なんです。伊勢
2018/01/19 10:22 | [ 編集 ]

中韓の回し者である二階自民党幹事長の「行かなければ大変なことになる」という脅しに屈するのかな?伊勢

二階幹事長は筋金入りの親中派なのだろうと思いますよ。何せ反日教育を推進した江沢民元主席の銅像を選挙区に建てようとしたとのうわさ話も聞いた記憶があります。和歌山の有権者の皆さんはこんな人を選んでいいのかと。まぁそれを言えば岩手の小沢議員の地元もそうなんですけどね。

今回の訪中は中共にとってはラッキーだったのではないかと推察します。彼を通して何らかの懐柔策を弄する可能性もありますし。でも今までの事を顧みれば中共の本音は日本の尖閣や沖縄を我が物にすると言う野望は予定通りという事でしょう。中共の笑顔、微笑みには警戒するべきでしょう。

訪中に合わせたように尖閣の日本の接続水域と宮古島の接続水域に
原子力潜水艦を、しかも商級という射程40キロを持つミサイル搭載艦
を潜航状態で侵入させたのはどう見ても日本への挑発と自衛隊の能力の分析の為やっているとしか思えません。
こんな状態なのに我が国の反日マスコミは今日も異常な程平昌五輪と南北朝鮮の報道オンパレード。一体どこの国のメディアなのかと首をかしげたくなる惨状です。
2018/01/18 17:23 | 一有権者 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

最近の記事

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する