2018/01/26 (Fri) 西部邁氏を死に遣ったもの
nishibe susumu 78

西部 邁(にしべ すすむ、1939年(昭和14年)3月15日- 2018年(平成30年)1月21日)は日本の保守派の評論家、元経済学者、雑誌『表現者』顧問、元東京大学教養学部教授。

伊勢は、西部邁さんが、多摩川で、入水自殺を図ったと記事を読んで、「ああ、そうだろうな」と思った。チャンネル桜に出られた西部さんの意見を聞いて、精神を病んでいると思ったからです。西部さんの発言を評価するのも、かったるいほど支離滅裂か悲観的な人だと思った。西部さんの意見は学生運動家のレベルを出るものではない。読書を通して得た知識であり、学者の抽象論であり、たんなる義憤であり、行動を取った体験から来るものではなかった。伊勢は、西部さんの2歳年下で、76歳である。だが、自分は行動派だと思っている。また、ネバー、サレンダーを信条としている。自殺は、降伏だと否定する。どのような理由があろうと、両親から頂いた命を自ら断つことはない。さらに、伊勢には愛する人々が多い。また、愛されている。人間、愛されていれば自殺など考えもしない。しかし、弱いな。三島由紀夫も弱かった。共通点はふたりとも、東大出の文人ということだ。つまり、文学者や評論家が世の中を変えるということなどない。伊勢

世の中を変えるのは、革命家である



1950年に革命軍を組織したチェ・ゲバラとフィデル・カストロである。

Castro Che March 5.5.1960

1959年の7月、アメリカの傀儡であったバチスタ政権を倒して、ハバナを占領した。日本のインテリは女々しく、革命を起こす根性などない。日本人の良いところは、勤勉で、正直で、善良なところかも知れない。だが、安倍晋三はダメだ。生来の嘘つきだからである。伊勢



comment

伊勢さんの論評に同感です。
入水自殺の状況などは、佐藤健志氏の記事(下記リンク)に詳しい。
http://kenjisato1966.com/%e8%a5%bf%e9%83%a8%e5%85%88%e7%94%9f%e3%81%a8%e3%81%8a%e5%88%a5%e3%82%8c%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%8d%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f%e3%80%82/

なお、安倍晋三の非国民ぶりに関しては、中川八洋・筑波大学名誉教授の見解が的を得ている。
■文在寅の「従軍慰安婦」日韓合意破棄を「間違いだ/継続せよ」と喚く安倍晋三こそ“最凶の非国民”。
 http://nakagawayatsuhiro.hatenablog.com/entry/2018/01/25/124818
2018/01/26 19:19 | 一読者 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

最近の記事

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する