FC2ブログ
2018/02/26 (Mon) 朝鮮人は、嘘つきであり、約束という観念がない民族である
moon kim hiramasa

米「非核化への道か注視」
02/26 12:08

韓国を訪問している北朝鮮代表団が「アメリカと対話する用意がある」としたことについて、アメリカ政府は、非核化につながることが条件としながらも、「注視する」との声明を発表した。

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、平昌(ピョンチャン)オリンピック閉会式に出席するため韓国を訪問している、北朝鮮の金英哲(キム・ヨンチョル)統一戦線部長らと、25日、およそ1時間会談した。

韓国大統領府によると、文大統領は「北朝鮮とアメリカは早急に対話すべきだ」と発言し、北朝鮮側は「アメリカと対話する十分な用意はある」と応じ、「南北関係と米朝関係は一緒に発展すべきだ」という点で、両者が合意したという。

これに対して、アメリカのホワイトハウスは25日、声明を発表、「非核化を選択すれば、北朝鮮にとって、より明るい道がある。北朝鮮の対話のメッセージが非核化への道のりの第一歩であるか、注視していく」と、あくまでも非核化を前提としながらも、将来の対話の可能性に含みを持たせた。


金正恩は、核を放棄しない

盗人にも、三分の理はあるだろう。伊勢は、安倍晋三とは違い、朝鮮人が約束を守ることはないと、この劣等民族を深く疑っている。さらに、伊勢は、南北朝鮮は、一度、崩壊すると良いと思っている。つまり、米空軍の北爆は大歓迎なのである。伊勢




三月中旬にキンドル英語版を出版可能です。この春、北朝鮮は地上から消えていると期待しています。皆さんのご協力なしには、ここまでこれませんでした。一方で、「日米戦争は、もう終わったとしているアメリカを目覚ましてやろう」と伊勢は思っています。ご期待乞う。伊勢平次郎


隼機関を支援してください

A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

B) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

 6-30日 MIZ/TAKさまから20,000円のご献金を頂きました。

 6-12日 HASE/HIROさまから5,000円のご献金を頂きました。 

 6-22日 OHKUSHIさまから1,000円のご献金を頂きました。


> 金額:100,000円  みずほ銀行・上大岡支店
> 振込人:A.teruo 様


7-24日*一読者先生、大金をご献金頂きました。編集人がアメリカ人。その代償に使わせて頂きます。たいへん感謝しております。必ず、日本人の心をアメリカに届けます。伊勢

 6-30日 ICHIOKAさまから1,000円のご献金を頂きました。再び、このお方から4000円を頂きました。たいへん、心を使ってくださったと感謝しています。伊勢

7-24日、 隼郵貯に石橋奈美様から10,000円入金がありました。編集者に払う費用と致します。有難うございました。伊勢

7-28日、大串和久さまから、2,000円入金しました。真に有難う。

8・30、MIZ/TAKさまから40,000円のご献金を頂きました。ここ10年間、ブログを始めてから献金を欠かさないお方で、伊勢は、「どう、ご恩をお返し出来るのか」と常に思っています。今は、感謝のことばのみを申し上げます。毎回、大金を、たいへん、有難うございます。伊勢

******2-22ー2018 隼みずほにヤマモトヒロシさまから10.000円の入金がありました。感謝しています。大事にします。伊勢




comment

日韓関係を糾すベストなタイミングも見送ったようです。この「見送る」「先送りする」というのが、日本政府の指導者の性質なんです。

伊勢様こんにちは。平昌五輪が終わったとたん文大統領はまたしても歴代韓国大統領と同じく我が国への侮辱をはじめました。
日本の政治家は馬鹿の集まりが日本国民の税金にたかって暮らしているようなもので何ともやり切れません。遺憾の意発言など糞の役にも立たない

もうとても付き合う事などできませんね。我が国は覚悟を決めてこれ以上の非礼を行うならば全ての付き合いをやめると発言するべきでしょう。我が国の政治家より国民の方がよっぽど判っていると思います。
我が国の防衛最前線は対馬海峡や日本海と東シナ海と考えるべき。在韓邦人や在韓米国人の皆さんは必要がない限り渡航を止め帰国ないしは日本国へ避難してリスク回避するべきです。
2018/03/01 14:14 | 一有権者 [ 編集 ]

一有権者先生

一線を引けない安倍晋三の性格に問題がある。日本の国防は、外からの攻撃への防衛だけではないことは明らかなはず。安倍晋三の平昌参加で見たように、日韓関係を糾すベストなタイミングも見送ったようです。この「見送る」「先送りする」というのが、日本政府の指導者の性質なんです。ボクは、在米51年ですから、日本政府に頼ることはないです。在日米軍基地の工事契約が拡大しており、これが、自分のライフの決定的な瞬間かなと思う。伊勢
2018/02/27 05:54 | [ 編集 ]

伊勢様、私も信用できないと考える者の一人です。今まで何度我が国は騙されてきた事でしょう。

一体我が国政治家はかの国の人々のどこを見て信用できると思うのだろうと。到底信用できる国でも人達でもない。個々人はいるのかもしれないけれど。
我が国の政治家の中にかの国の出自を持つ者がいるせいかもしれない。
2018/02/26 18:31 | 一有権者 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

最近の記事

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する