2018/03/28 (Wed) めまい


アルフレッド・ヒッチコックの「めまい」のように、人間の世界に伊勢はめまいを覚える。

1) ロシアは、ほぼ完全に孤立した。
2) トランプは、中国相手に貿易戦争を開始した。
3) 北朝鮮の金正恩は、中国に助けを求めた。
4) 日本の安倍晋三ほど、頼りにならない男は、この世にはいない。
5) 伊勢の予想の通りに、世界経済は後退に向かう。それも、6年とか長い期間だろう。

この原因は、アメリカが引っ張ってきた第二次大戦後の世界秩序の終焉ということだ。すると、次の新秩序が確定するまで、混乱は続く。人類はそういった時代に入ったのだ。伊勢

comment

ボクは、日本は、全ての政策において、手遅れだと思っている。当然、日本の経済力は後退します。伊勢

伊勢様、既に我が国の経済力は後退していると思っております。政府は好景気だというが、従業員の給与は増えず大企業の内部留保ばかりが過去最大に増えています。その理由は「リーマンショック並みの景気後退が起きても従業員に安定して給与を支払うため」だそうですが、従業員の給与が増えなければ誰も金を使おうとは思わず将来の為に預貯金に回そうとするのが一般的考えだろうし、それでは内需拡大もなく景気が良くなるわけがありません。

「果たして有事の際の難民対策はできているのか。?」という事も私はできて居ないと思っております。我が国の国会では万が一の有事の事よりも森友学園や加計学園の問題の方が最重要なようで野党は鬼の首でも取るかのように連日議論され政権(というより安倍総理個人?)を集中的に批判している状況で、防衛問題や落ち込んでいる経済問題等は何時論議するのだろうと。?まぁ将来の我が国の事を考えれば少子高齢化の根本的解決が論議されるべきと思うのですが。

自民党にも簡単に考え移民を増やせばよい等と馬鹿な事をいっている議員もいるのでお話になりませんけれど。日本の伝統文化や道徳観を持ち日本の国に敬意を持ち愛する人が増えなければ日本国は日本国でなくなるわけで、欧州諸国の失敗を日本の国会議員がもし知らないというならばその議員も政治家として失格。
2018/03/30 17:17 | 一有権者 [ 編集 ]

<米朝、米中、南北の関係について急速に進展

以上の進展などアメリカでは報道されていないです。南北はそうかもしれないけど、台湾旅行法と貿易摩擦で米中関係は冷えているし、米朝の会談には冷ややかなんです。つまり、米朝会談は座礁すると言うのが主流なんです。

<我が国だけが置き去りにされつつあるとの報道

置き去りにされているのは、日本政府には対策がないから。例えば、有事のときの難民対策はできているのか?有事はないと賭けているなら、危険極まりないし、国会で議論すらないとは、話しにもならない。ボクは、日本は、全ての政策において、手遅れだと思っている。当然、日本の経済力は後退します。伊勢
2018/03/29 19:51 | [ 編集 ]

伊勢様今晩は。我が国のメディアは北朝鮮の核ミサイル問題に関して米朝、米中、南北の関係について急速に進展し、我が国だけが置き去りにされつつあるとの報道。害務省関係者は進展が急すぎると発言したとか。

よくこれで日本の官僚が務まるもんだと思いましたよ、報道が事実ならば。想定外などという言葉をもし害務省官僚が使ったならばその官僚は外務官僚としての能力に乏しい人だと自ら言っているようなものですね。
国会では相変わらず森友、加計問題の追及がメインで自国の安全保障や経済問題はどこへ行ったのか。?これで日本国や日本国民の暮らしが良くなるわけがないと思います。腐っていますよ日本の国は。!(怒)
2018/03/29 16:35 | 一有権者 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

最近の記事

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する