FC2ブログ
2018/04/17 (Tue) 米中が衝突する。その先は?
trump xi deal

トランプが北京ヘ行ったときは、お互い、始めてでもあり、衝突はなかった。そればかりか、習近平は、貿易摩擦を回避するために、トランプに土産を渡したとされる。


xi trump trade dispute

だが、この映像から、トランプが、中国を敵視していることが判る。


米中衝突の幕は切って落とされた

トランプは、ティラーソン国務長官を解雇して、ポンペウ前CIA長官を国務長官に据えた。さらに、ボルトン前米国連大使を安全保障アドバイザーに指名した。ボルトンは、ブッシュ時代の極右である。いわゆる、ネオコンの一人で、好戦的なのだ。ブッシュの国防長官だったラムズフェルドやチェイニイ副大統領の仲間なのだ。ポンペウは、もっと好戦的または、反中国派と言われている。この三人は、早速、台湾旅行法を決めて、特使を台北に派遣した。ボルトンは、「台湾に米軍基地を置くと良い」と言った。トランプは、対中国製品の貿易関税を引き上げた。習近平も大国、中国の面子を保つために報復関税で応じた。伊勢は、貿易紛争は茶番であると書いた。だが、それは、中国を封じ込めるアメリカの国家戦略なのだ。伊勢は、当然、中国の海洋進出や尖閣を占領する姿勢に反対だ。出来るなら、台湾とアメリカが経済軍事同盟条約を結ぶことを望む。さあ、こういった世界が醸成されたわけだが、北朝鮮はどうなるのか?伊勢は、米軍の北爆は起きると思っている。


全く、国家計画も何もないのが安倍晋三だ

abe aso teki

こんなのが、日本の総理大臣だよ。麻生の財務省が国民に嫌われている。「年金がなくなる」と麻生。「いや、カネを刷ればいいだけだ」と反論がある。どっちも、半分、正しく、半分、間違っている。ただ、財務省は嫌われたね。外務省も全くのカネ食い虫だそうだ。いずれにせよ、トランプは、日本に国防費を引き上げろと迫るだろう。そして、朝鮮半島が混乱に右往左往する中で、日本は、トランプの言うままになるのである。伊勢


comment

未着な様子なので再送信いたします。
直近で傑作な動画がありましたのでそのURLを以下に転載いたします。既知ならば失礼いたします。
ネット配信で月~金「虎ノ門ニュース」が配信されています。
1ヶ月間このニュースをご覧になれば現日本の真の姿がお解り頂けるはずと確信いたします。

https://www.youtube.com/watch?v=RaICQ5uXPpo&t=2677s
2018/04/17 23:55 | keyeye [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

最近の記事

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する