FC2ブログ
2018/10/05 (Fri) 東京大空襲に見る白人の優越感


毎年、三月になると、放送されるNHKの東京大空襲です。確かに市民無差別大虐殺です。八月の広島長崎原爆投下。無条件降伏を飲んだ日本。戦争責任を回避した昭和天皇。日本政府は戦争の集大成もせずに終戦から73年が経った。だが、東京大空襲~沖縄地上戦~広島長崎への原爆投下に関して、アメリカから正式な謝罪はないばかりか、「俺たちは正しいことをした」とこじつけた正当論が大手を振って歩いている。大学生たちは「市民を虐殺して正当化できるわけがない」と言っていますね。日本政府も、国民も沈黙したままです。この意味するところは、日本人は、暴力に屈したということです。ステイーブンス陸軍長官が恐れた通り、日本人の大半は反米なんです。一方で、原爆投下はアメリカが日本の核保有を全力を挙げて阻止する理由です。つまり万が一の報復を恐れているのです。非核三原則は、沖縄返還や防衛費を上げないためのお土産なのです。このため、アメリカは日本に無理を言えない。だが、アメリカを「同盟国だから」」と信用してはいけない。貿易格差も日本が有利なんですから、トランプの要求をその場ごまかしでかわせばいい。日米同盟は経済上の都合の良い看板です。朝鮮戦争でも、ベトナム戦争でも日本は儲けた。こういう意味では、自民党はしたたかです。だが、アメリカは朝鮮半島で戦争を始める可能性があります。日本はアメリカの手先となってはならない。

伊勢は、在日米軍基地の保全修理を請け負う会社の顧問です。精々、この程度の国防事業に手を貸して、ドルを吸い上げることが祖国日本にとって良いと思うからです。絶対にアメリカの暴力に屈していけない。伊勢

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する

最近の記事

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する