FC2ブログ
管理人は、アメリカ南部・ルイジアナ住人、伊勢平次郎(78)です。
11 * 2019/12 * 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
11/04
伊勢爺、横須賀米海軍基地に赴任の方向
agatuma jima

箱崎半島は、はじめは漁と船の航行に便利な北部海岸から吾妻山の東のふもとの荒井海岸にかけて、漁業を営む民家が建てられた。江戸時代になり、東京湾を往来する船でにぎわうにつれて、ここも江戸航路の船着場になった。また箱崎の暗礁が危険で、航行する船の被害がひんぱんにあった。

明治7年横須賀に造船所がおかれ、さらに明治10年軍港に指定され、防備上の施設が各地につくられた。明治15年、箱崎は砲台建設のため陸軍に買い上げられた。明治22年吾妻山麓に堀割ができ、さらに明治33年に海軍に買収され、信号所や測候所がつくられたため、漁業を営んでいた民家は、海軍に土地を買い上げられ、やむなく田の浦地区などへ移転をした。箱崎半島は明治から現在にいたるまで、旧海軍軍用地(貯油場)として立ち入ることが許されず、その間百数十年にわたり箱崎のようすはわかっていない。現在は米軍と自衛隊の管理のもとにある。



吾妻島(あづましま)は神奈川県横須賀市にある島。対岸は田浦である。艦船用の燃料は田浦から海底パイプラインで送油される。全域が横須賀市箱崎町に属するため米軍人は箱崎と呼んでいる。自衛艦隊司令部がある長浦港と米海軍第7艦隊基地がある横須賀本港を隔てている。現在全島が米海軍の吾妻倉庫地区に属しているため一般人は原則立ち入ることができない。元は岬(箱崎半島)であったが、1889年(明治22年)に基部に水路が開削されたことで島となった。これは長浦湾を挟んで北に位置する夏島が周囲が埋め立てられて陸続きになったのと逆である。水路が開削された理由は判らないが、貯油場であるため交通を遮断したと考えられる。

吾妻倉庫地区(吾妻島)

旧日本海軍吾妻島燃料・弾薬貯蔵所を米軍が接収した。在日米海軍横須賀補給センターの管理下で、航空機燃料・艦船燃料等の貯油施設として使用されており、吾妻島全域と旧田浦送油施設地区からなっている。周辺水域は横須賀海軍施設水域の一部で、常時立入禁止である。本施設には、吾妻島に37基のタンクが設置されている。

伊勢はこの吾妻貯油場の貯油タンク三基の修理と輸送兵站を担当する方向にある。大任だと思っている。伊勢
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 

Copyright © 2005 隼速報.
all rights reserved.