FC2ブログ
管理人は、アメリカ南部・ルイジアナ住人、伊勢平次郎(78)です。
12 * 2020/01 * 02
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
12/06
芥子畑
aphgan opium

インドの北部、パキスタン、アフガニスタンで、芥子がよく育つ。それもモルヒネの含有量が20%にも達するという良質な芥子です。トルコ、ロシアのコーカサス、グルジアでも採取するが、モルヒネの含有量はインド産にはかなわないそうです。

芥子坊主

opium poppy keshibouzu

芥子は一メートルぐらいの高さである。芥子の花は牡丹のように大きく美しい。色は、紅、白、紫で青と黄はない。どれも単色ではなく、上が紅で下が白が多い。芥子坊主はテニスボールのサイズである。未熟な果実にカミソリで切れ目を入れる。その切れ目から淡紅色の乳液が噴出して、ローソクのように渇く。この乳液がモルヒネを含んでいるのである。これをへらでかき集め乾燥したものが生アヘンである。清の時代、中国ではこれをキセルに詰めて吸ったわけです。一分もすると、体中の痛みや悩みが消える。常習者になると、やがて廃人になる。実が熟すと植物体は枯死する。熟した果実の天頂に穴があき、径 0.5mm に満たない小さな種が飛び出す。このケシツブを北アフリカなどの治安のない地域に売る。日本でも八重咲の芥子の花が咲くが、国が管理する植物園でしか見られない。明治政府は開国後もアヘンを持ち込まさなかったんです。先人は賢いですね。伊勢

                                          ~続く~
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 

Copyright © 2005 隼速報.
all rights reserved.