2009/08/06 (Thu) 核大国ほど良く眠る

1945年8月6日、アメリカ合衆国により原爆が広島に投下された。市民14万人が焼死した。アウシュビッツのガス室で殺されたユダヤ人と同じではないのか?戦争にも、ルールがある。武器を持たぬ老若男女・幼児を大量虐殺して、「トルーマンの決断は正しかった」だと?アングロサクソンのキリスト教徒ならば無差別殺人も赦されるという理屈。ああ、そうかい!じゃあ、俺が大量殺人しても、赦されるんだな?伊勢平次郎 ルイジアナ







広島原爆ドーム。今年も、秋葉市長は平和宣言を声も高らかに読み上げた。平和宣言は自由だ。だが、憲法九条を護り~非武装平和を宣言すれば~恒久平和が保証されるのですか?秋葉さん、あなたが保証するんですか?あなたは宣教師ですか?臆病が骨髄に染み込んだ秋葉市長の保証など信用出来ない。それには理由がある、、

人民寺院・集団自殺事件

宣教師、ジム・ワーレン・ジョーンズは、北カリホルニアのユカヤに行き、人民寺院(PEOPLE’S・TEMPLE)を開設して布教を行った。全くの非暴力・平和主義者であった。寺院に来る貧しい人々を愛した。やがて、南米ギアナのジャングルに、ジョーンズ・タウンを建設した。900人が入植した。たちまち、生活費に困った。米連邦捜査官(FBI)が飛行機でやって来た。銃撃戦となった。ジョーンズは追い詰められた。1978年11月18日、青酸カリ入りのクールエイドを、「一緒に天国へ行こう」とみんなで飲んだ。信者を道連れにして、集団自殺をしたのである。

(注意)人民寺院と秋葉市長は何の関係もない。だが、「オバマのプラハ演説を支持する~2020年までに核廃絶は出来る」と自分の言葉に酔っている秋葉市長。感情だけの群集。宣教師のジョーンズの演説に信者は酔ったのだ。だから、伊勢は根拠なき平和宣言に寒気を覚える。核廃絶の幻想とは、地獄への片道切符ではないのか?

*今夜はというか、朝になってしまった。「核大国ほど良く眠る(その2)」を明日またね、、伊勢



comment

ftsさま

「アカのサロン」とは良いネーミングですね。ぼくは、ワシントン・ポストをキンドルで読んでいる。月、$9ドル。主要な記事には、コメント欄が付いている。PCで書き込む。WPに、時々、書き込んでいる。最近、WPも、NY・TIMESも賢くなって、原爆や、イスラエルに関する記事には、コメント欄を置かない。あまりにも、繊細な問題だから。ぼくが批判してきた、WPのBLAINE・HARDENと、朝日のAKIKO・YAMAMOTO組の記事は、すっかりトーンを落としてしまった。削除する禁止ワードもないのに、削除されたので、編集部に別途抗議文を出して、英字ブログにも出した。削除の理由は、ぼくが書き入れた批判に賛同した人が多かったためですね。「広報戦争」というのは、このような戦争。出版にはない「力」が、ネットにはあるのですね。ただ、収入にはならないし、コミットメントが要るので、多くの人が広報戦争を真剣にやっているわけではない。

マドックの電子化戦略では、隼ブログのように、「両方向」でないと、新聞といえども、月額$9ドルを払う購読者は見向きもしない。NY・TIMESは、極端なリベラル~反共和党~反資本主義~反日と、偏向が強かったので、いまさら、ニュートラルに豹変するのも不可能。今のままで電子化すれば、両方向にしなければならないので、たちまち、右派・中派からの批判の波に潰される。だから、サヨク政治新聞社としては潰れますね。サヨクというのは、卑怯な人種なのです。伊勢
2009/08/07 19:27 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢 様
ニューズ社いよいよヤバくなってきたみたいですね。
アカのサロンNYタイムズ無くなると良いですけどね。
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/090806/biz0908061806013-n1.htm
新聞電子版をすべて有料化 メディア王のマードック氏
米メディア大手ニューズ・コーポレーションを率いるルパート・マードック最高経営責任者(CEO)は5日、傘下にもつ新聞のウェブサイトを1年以内にすべて有料化する方針を明らかにした。
2009/08/07 18:21 | fts [ 編集 ]

>>本はいつでるのでしょうか、、

現在、「目次とあらすじ」をアマゾンに出して、待っているステージ。現状は、キンドル出版に長蛇の列。だが、来年にはならない。そこで、「ただ、待っているよりは」と、日本での出版が先行する可能性が高い。既に、出版で活躍されている先生方がこれを勧める。英字から出したいが、実のある手段を選ぶ。伊勢
2009/08/07 13:01 | 伊勢 [ 編集 ]

本はいつでるのでしょうか
2009/08/07 12:39 | ? [ 編集 ]

あすたさま

やっぱりと思った。この米国南部で記事を読んでも判る。だのに、広島市民は何を考えている?その月収50万円の在日のカネはUSAから?国連の人権委員会ちゅうのも、日本を貶めることに熱心。5理事国の飼い犬なのだよ。バカバカしい。伊勢
2009/08/07 08:11 | 伊勢 [ 編集 ]

秋葉市長は平和の事なんか考えているんじゃない。自分が注目される機会に喜んでいただけですよ。

オバマジョリティーだとか言葉遊びをして、核の事も被爆者の事もちっとも頭になかった。自分が目立ちたいだけでした。

中継を見ていましたが、恥ずかしく、情けなくなりました。
広島市民は、もう見限っているとは言っていましたが…。為政者はコミュニティーの代表です。
恥さらしを据えていては、結局一般の人が恥をかくんですよね。

被爆者団体も、トップを反日サヨクや在日に乗っ取られ、反核を叫びながら核保有国に行って活動する訳でもなく、ただひたすらに日本政府をおとしめ保証金をねだる団体になってしまいました。

広島では在日で被爆者が一番の特権階級で、なんと月50万円も、何もしなくてももらえるそうです。
高齢まで元気で長生きしているのに新たに請求したり…
日本人の税金なのですが…日本人でも生活に困窮する若者が多いのに(求人があるのは不当に安い賃金)、こんなお金の使い方、納得いきません。
2009/08/07 03:30 | あすた [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する