2009/08/25 (Tue) ジャマイカ紀行(その4)
Japan april  Maryland  June Jamaica August 09 275 (Small)
オチョ・リオスは、ジャマイカ北部の真ん中の海浜の町。海の向うはキューバだ。夜明けの海はパステルカラー~日がまた昇る~赤道付近の積乱雲はオバケである。






Japan april  Maryland  June Jamaica August 09 191 (Small)
丘の上に出た。ウチのカミサンは牧場の娘である。だから、駿馬(しゅんめ)にひらりと跨る。伊勢爺も、乗馬は下手ではないが、この頃、落馬が気になるんだ。頭からマッ逆さまに落ちる夢を見たんだ。は、は、は 

Japan april  Maryland  June Jamaica August 09 268 (Small)
これが、「パンの木」だ。BREAD・FLUITという。揚げたり、蒸したりして食べる。ジャガイモの味と舌触りが似ている。手の平ぐらいのスライスで満足する。ジャメ~カのラガービールも美味いものです。

Japan april  Maryland  June Jamaica August 09 225 (Small)
これが、カシュウナッツ。ジャメ~カの黒人らは、「アップル」と呼んだ。果肉の油は毒性があると。それをプロセスするので、原価が高くなるんだとさ。

(解説) そろそろ、政治経済・天気予報に戻ろうと考えていた。まだまだ流動的だから、勇み足を戒めている。それに、憶測も、断定するのも良くない。ただし、鳩山・小沢・岡田らは、既に、オバマ政府に嫌われていることは明確だ。

ジョン・ルース駐日大使が、麻生さんを表敬訪問したと読売記事。50年後を睨んだ日米同盟に言及した。アメリカは拠って立つ、「建国の精神“リバテイ(LIBERTY)”を世界の人類に広めていくことが使命(これをMANIFEST・DISTENYというんだ)」と決意しているのだ。鳩山だろうが、麻生さんだろうが、「オバマは民主党だから」と親しくなれるわけではないよ。鳩山の偽民主党とは全く無関係なのだよ。

国家をこちらでは、“BODY”というように、その国家の体力~精神力~思想~先進技術開発能力~物量などの「総合力」が世界のリーダーを決める。「日本主導で、アフガニスタンを解決する」だと?おい、おい、鳩山よ、冗談もエエ加減にせい。アメリカの為政者は、「反米の動き」には敏感なのだよ。さらにだ、国内で割れていても、アメリカ国民というのは瞬間に結束する国民だ。その結束を、何度も、目撃してきた伊勢爺さんだよ。“LIBERTY"すらも、わからない鳩山由紀夫がよ、アメリカを嗜める(たしなめる)んだと~?チャンチャラおかしい! 伊勢平次郎 ルイジアナのわが家にて、、

comment

多史済々先生

ぼくの甥が富士キャンプの総司令の右腕。機甲師団の訓練隊長だった。一度退職して延長したはず。迷っていたが、ぼくが強く「続けろ」と。電話しますね。伊勢
2009/08/26 23:42 | 伊勢 [ 編集 ]

 艦長、ジャマイカ紀行ありがとうございます。ジャメ~カの人々は実にのびのびとしているそうですね。私はいつもせこせこぺこぺこ典型的なジャパニ~ズです^^。
 同じ井の中の蛙でも、ジャマイカ人が雄大なのはなぜでしょうか? 金カネとせこせこしていないということなんでしょうね。

 私、明日3時に起きて御殿場の自衛隊東富士演習場へ友人と陸上自衛隊総合火力訓練見学に行ってきます。自衛隊員の友人から入場券をもらったのです。
 我軍戦闘車両の発する実弾発射音等を見聞してまいります。
2009/08/26 19:31 | 多史済々 [ 編集 ]

Mephist会長

そのお得意さん、さすがは、小企業の社長さんですね。企業家がナンセンスでは、社員に給料を払えない。

ここで、“PRIVATE・SECTPOR"というものを考えてみよう。企業は、船籍と同じように国籍を変えることが出来る。また、個人でも、どの政府にも頼らない強い人がいる。盛田会長さんは、基本的日本人であったが、商売では、国際人だった。いろんな生き方があるということです。だがね、1億2千800万人の日本人。ほとんどの人々は、日本から出て暮らすわけではない。日本が株式会社だとすれば、国民はその社員だ。製品を量産して~輸出し~食糧、原油、材木、鉄鋼石などを買うんだ。内需というのは、「タコが、自分の足を食う」ことだ。日本の国内市場は、それこそ、日本人だけの所有物じゃないよね。鳩山には、WPOなどのシステムが理解出来ない。国防でも、無知な発言に驚く。「友愛」とは、宗教家の言葉だよ。鳩山はカルト~岡田は胡散臭い商人~小沢は詐欺師だわな。どれも、日本株式会社の社長の資質はない。

ところで、来春、ジャマイカ~キューバへ行きませんか?ぼくらは、ジャメ~カの別荘(息を引き取る場所)を見に行く。伊勢
2009/08/26 05:15 | 伊勢 [ 編集 ]

ちゃんちゃらおかしいことに気が付かないからちゃんちゃらおかしいままで居られるんですよ(笑)

さてさて、中小企業の社長さんはどうやら民主党はお好みで無いようです。
私の取引先の一つは「民主に入れたら取引しないぞ」と食って掛かられました(笑)また、「あいつら詐欺師だ」とも。
この人は立派な職人です。亡くなった父の2つ下ですが、まだまだ健在というより、仕事を続ける男は60歳から先、年をとりませんね。
所謂経営感覚のある人は、エサしか用意しない様な政党を評して「詐欺師集団」と言うようです。
つまり「美味い話には裏がある」を骨身に染みているのです。

そして結局は、近視眼的にモノを見たとしても、総需要の回復を最優先にしてくれる政党を支持しています。

たとえ敗戦したとしても、こういった道理の判る支持者を失わないような党運営をしていけば、民主党は程なく政治の舞台から降りるでしょう。
2009/08/25 23:08 | Mephist [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する