2009/09/04 (Fri) 北朝鮮、プルトニウム爆弾製造に向かう

新潟県南魚沼の黄金の稲穂。炊きたての「こしひかり」はたいへん美味しい。この美しい日本を破壊しようとする男たちがいる。女もいる。伊勢平次郎 ルイジアナ






“プルトニウム爆弾が、もうすぐできあがる”

kim jon il and plutonium bomb

Sept. 4 (Bloomberg) -- North Korea said it is “weaponizing” plutonium and enriching uranium and told the United Nations to choose between talks or imposing sanctions over its nuclear program.

Reprocessing of spent fuel rods is “at its final phase and extracted plutonium is being weaponized,” the official Korean Central News Agency said today. “Experimental uranium enrichment has successfully been conducted to enter into the completion phase.”


9・4・09 北朝鮮は、「プルトニウム抽出最終工程に達し、ウラニウム濃縮にも成功した~核兵器を製造する準備ができた~経済制裁を続けるのか、核保有国を認めて話し合うのか?」と国連に迫った。一方、北朝鮮の核攻撃の標的とされる日本では、朝鮮半島宥和政権ができた。それを「チャンス到来!」と、金正日は、国際社会、特に、日本に妥協を迫ったのである。勿論、恐喝に応じれば、どんどん、カネを要求される。

north korea 4.8.09 taepodon misile
今年4月5日に発射されたテポドンは、優に日本列島を飛び越えた。「北朝鮮は暴発しない」という人がいる。その保証はない。

akiresu tendon
鳩山夫婦の「略奪婚」が週刊誌で賑わっている。この社民党党首とも、不倫かな?下半身の管理がまずい鳩山には、戦力で日本を守る気などない。何しろ、米軍のプレゼンスに反対し~米軍に核を持ち込ませず~インド洋給油を中断し~ついでに、自衛隊も小さくしたい???

oct 4 2007
“首相になったら、北朝鮮と話す”と言った鳩山は、金(きん)と仲良しだったノムヒョンさま?

ozawa wept 3.24.09
これが、日本一の、日本を破壊する男だ。この男らに権力を与えたのは、日本の愚民たちである。日本が核攻撃されたら、責任を取れよ!

オバマの支持率が急降下

obama sour puss

9.4.09 This week's polls are a disaster for President Obama. The Rasmussen poll has his approval dropping to 45 percent, after several weeks at 49 percent. The Zogby poll has it even lower -- at 42 percent.
オバマの支持率が急降下している。長い期間49%だったが、今週のラスムーセンの世論調査は、45%~ゾグビーでは、42%である。政治生命にかかわるといわれる医療改革は失敗すると見られている。このブラック・セプテンバーの出来事となる。オバマは、鳩山を心底から疎んじている。


(解説) この美しい日本を破壊する男や女がいることは明確だ。見分けがつかない愚民と、世論誘導するマスコミが根本原因である。日本を憂う有志は団結しなければならない。いずれ民主党は分解する。だが、小沢を取り除かなければいけない。伊勢平次郎 ルイジアナ


巣から落ちたフクロウ

Japan april  Maryland  June Jamaica August 09 141 (Small)
朝起きると、フクロウ(screecher・金切り声を上げる)の子が樫の木の上の巣から落ちて死んでいた。フクロウの子はよく落ちる。落ちても、死なず、ガッシガッシと木を上って巣に戻るのだが、どうも、隣の野良猫にやられたらしい。ルイジアナのわが家には、フクロウ2家族が棲んでいる。

comment

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/09/11 02:43 | [ 編集 ]

りょうこ姉

元気よく、優勢に生きてください。ぼくも、五男。上三人は、陸軍航空隊(朝鮮で終戦)~陸軍(内地)~海軍少年飛行兵(四国松山)だった。特攻志願だったM兄だけ生存中。かれの息子は防衛省の偉いさん。四男はソニー退職~五男が放浪児の伊勢爺さん、、姉妹は三人。ぼくが一番愛していた一番上の姉が62で亡くなった。そんときだけは、泣いたわいな。伊勢
2009/09/08 07:26 | 伊勢 [ 編集 ]

追伸
伊勢おじ様、弟様・・・お悔やみ申し上げます。

私は、6人兄弟の5番目です。
1人でもかけたら悲しいです。
2009/09/08 03:39 | りょうこ [ 編集 ]

「泣いたらいかん、負けたらいかん」、
その通りでいたいです。お父様も強い素敵なお方だったのですね。

私は、中学生2年の時の夏休みに「生きていても、死んでも同じ」な様に思っていました。
何も無かったのです。
でも、漫画も小説も大好きで、太宰治の小説も読みました。
蟻の住む町を探しましたが、何せ都会ではないので、今度大きな書店へ行って来ます。

ありがとう、伊勢おじ様。

ここに集う皆様へ、私的なカキコミいつもして、大変申し訳ありませんでした。
2009/09/08 03:16 | りょうこ [ 編集 ]

りょうこ姉

ぼくが17のとき、父が不治の病で倒れた。中学生だった弟(7年前に亡くなった)と小学生だった妹が、伊勢志摩から上京した。弟と妹は、父のやつれた顔を見て、枕元でおいおいと泣いた。すると、、

「泣いたらいかん、負けたらいかん」と、わが父は言ったのです。これが、父の遺言となった。若い伊勢は、「絶対、泣かないぞ」と決心した。ウシロを振り返ったり、泣いたりしていては、負けます。歯を食いしばって、前進!伊勢
2009/09/08 02:32 | 伊勢 [ 編集 ]

こんにちは。伊勢おじ様。
ずっと日本のTVがつまらないなと、思っていました。
楽しいのは、スポーツ位で、後は悲しいニュースとお笑いだけです。
真実を知って、殆んどつけません。静かな時間が居心地良いです。

強くなりたいです。
その為には一から日本国を学ばないと、と思います。日本人なのに・・・
いつも励まして頂き有難う御座います。
泣き虫は卒業です。いつもありがとうございます。笑顔でいたいです。
2009/09/08 02:19 | りょうこ [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/09/07 05:44 | [ 編集 ]

GRANMA

書くの忘れた。インデアナのラフィエットに住んでたとき、浜名湖の近くのお寺のお嬢さん(18)に自動車工場の男ばっかりの建設現場を見せてあげた。言葉使いが、上品な子だった。でもね、「技術者って、男らしい」ってさ。「結婚するのそのうち?」と聞くと、「ヘンな奴ばっかし」と。

ライオンズ・クラブ主催の留学だったのです。そのホストのおうちは、弁護士と教師だった。電話で、ホストが「預かっている日本娘が部屋から出てこない。話をしてくれ」と。うちに呼んだら、その娘さんは和服姿、お重箱に、手作りのお稲荷さんを詰めて持ってきた。そしてお茶をたてた。やはり、お寺の子だなと思った。話を聞くと、ホスト夫婦は厳格な人たちで、息も自由に吸えないのだと。ぼくが使ってた、銀行の英国人のおばさんに相談すると、ホストをよく知っていた。その娘さんは、英国人夫婦の家に移った。呼ばれたので、行くと、お寺の娘は生き生きと、ご飯を作っていた。小学生のその家の息子が手伝っていた。姉弟のようになっていた。「うちの息子、惚れてんのよ」と銀行員の母親が笑った。そこへ、やはり、デンマークから来ていた、大きな青い目の娘が加わった。この二人は親友となった。1年後、日本帰国の日、二人は抱き合って泣いていた。「ぼくも、日本へ行きたい」と小学生の息子も泣いていた。デンマーク人は感情が豊かで、心が大きいのです。北欧で一番おおらか。伊勢
2009/09/07 02:11 | 伊勢 [ 編集 ]

多史済々先生

有難うね。自転車を庭に出しっぱなしにしてたら、昨夜、豪雨が降った。閃光に続く落雷に、柴犬チクデンが怯えた。ベッドによじ登ろうとした。こういうときだけ愛いんだ。伊勢
2009/09/07 01:44 | 伊勢 [ 編集 ]

りょうこ姉さま

あなたは大丈夫。日本を貶めるのは、日本人自身~中韓の反日~欧米のサヨク(ホンダやペロシ)です。まず、“SELF・INCRIMINATION"(自らを罪人にする愚行)を辞めなければいけない。その感情が存在する限り、在日~中国~欧米のサヨクが政治利用する。鳩山の「歴史に理解がある」などという発言が最も日本を破壊する。「日本人が悪いなら、お前らも悪い」でいいじゃないですか。英語で、「一方だけが悪いなどはない」という意味で、“IT TAKES BOTH SIDES" といいます。

とにかく、ウチのやら、アメリカの女性は強い。この自信は、巨大なアメリカを背景としているのではなく、キリスト教信仰や、人間は平等という信念や、開拓者精神からくる。つまり、FRONTIER・SPIRITが根幹にある。すると、指導されるのを待っている国民ではない。独立自尊、、前に進みましょう。伊勢
2009/09/07 01:25 | 伊勢 [ 編集 ]

ずっと、考えていました。
なんで、日本人ならみたいな自分のカキコミです。私は、日本国が悪い、日本人は悪い事をしたと、心の根底に植えられているのでしょうね。パール判事の無罪論を読んで、胸のモヤモヤが何か分かった気でいましたが、まだまだ、心の根にしっかり植えられているのを、自分のカキコミで思いました。
浅はかな事を致しました。すみません。
日本人は、後ろを振り返らず、先へ進め!ですね。
何度も伊勢おじ様の返事を読み返しました。
奥様のお母様のご冥福をお祈りいたします。
2009/09/06 23:22 | りょうこ [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/09/06 23:10 | [ 編集 ]

WPのコラムニスト、JIM・HPAGLAND(保守の論客)が、「誰も信じないチェンジ」という記事を書いている。鳩山民主党の勝利のことをだ。そして、「アメリカは、自民党の、真のアメリカの友人たちを見捨ててはならな」いと書いている。

今のところ、全米のマスコミが、鳩山幸夫人と鳩山由紀夫の不倫を報じていない。英語では不倫ではなく、姦通(ADULTERY)という、特別に忌み嫌われる既婚者の性行為ですね。保守キリスト教徒が、最も嫌う人種ですね。JIM・HOAGLANDに伝えておいた。広がるかどうかは未知だ。なぜ、伊勢が告げ口する?誰かが知らさなければならないからだ。前夫さんが、SFクロニクルに知らせればいいんだが。伊勢
2009/09/06 22:55 | 伊勢 [ 編集 ]

同志のみなさん

「米ドルが暴落することもある」 英語ですが読んでください。なぜ、こういう記事を伊勢爺は載せる?理由はね、自然淘汰の時代が来たということです。つまり、「ノアの箱舟」の伝説のように、生き残る者は限られるときが来ている。鳩山や小沢の支配に従う者たちは、優勢に生きることを放棄した者たちである。伊勢は、隼同志を叱咤激励して、「優勢に生きる道」を開く決心をしている。疑う者は離れろ!伊勢
http://bomanchu.blog81.fc2.com/
2009/09/06 22:09 | 伊勢 [ 編集 ]

ML姉さま

スコットランド人はまじめですね。ジャマイカで結婚した甥のJAMIEも、スコットランドとスペイン系の混血。メキシコ系の研究者と結婚した。もうひとりの甥のDAVIDもスコット。まじめで誠実です。さらに、いいお父さんですね。ただ、彼らはたいへんな節約家です。

鳩山の妻の出自はわからないですが、精神に異常がある。CNNは、「UFOに乗って、金星に行った」と語るクレージーと報道された。65ぐらいかな?もう、幻覚が起きている?覚醒剤を使用していないか?鳩山の表情や、しぐさにも、未熟か、NERVEの弱さが見られる。髪の毛にしきりに手をやる。唇をゆがめえてニタニタ。西洋では、これを微笑とは言わない。伊勢
2009/09/06 16:16 | 伊勢 [ 編集 ]

GRANMA

この日本人の民族性である「ウエット」が悪いとは思わない。韓国人も、中国人もよく泣きます。北京のホテルで、「反日ドラマ」を一日に6~8回も放送していた。ウチのが見て、「チャイニーズは、おいおいとよく泣くね?」と。「いや、韓国人はもっと、ワンワンと泣くよ」といっておいた。

たかじんの、、に出たデーブ・スペクターが、「日本人は先に進め!」と広島原爆是非で言ったら、三宅久之という政治評論家が怒った。伊勢爺なら、「うん、そうだな」といっただろう。今更、元には戻らぬ過去にこだわっていると、進歩するモーメントを失うと思うからです。

正義争いだけども、加害者と被害者の体温差もあるが、実際、誰が加害者なのか、誰が被害者なのか?見分けがつかないほどの無限の論争に発展する。負けた戦争をいつまでも、議論するべきではない。GRANMA、あなたのことではないですよ。日本人のみなさんが、勝ち組に残りたいならばと思うだけです。ウシロを振り返る余裕はないです。伊勢
2009/09/06 15:58 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢さんのお話でお隣のすごく親しくしてくださっていた未亡人で一人住まいだったおばあちゃんのことを思い出しました。
4年前、お茶に呼ばれて談笑した数日後、彼女は脳溢血で突然亡くなられました。
離れた場所に住むご遺族に呼ばれて教会でのお別れの会にいったら,泣いたり涙ぐんでいるのは私だけで、みんな普通の洋服で明るい顔。 「なぜ?」 「夫とも再会できて彼女はまた幸せになれたのよ。喜んであげなくちゃ。」・・・受け止め方が全然ちがうんだ・・・と、戸惑った覚えがあります。
彼女の一生の写真のスライドショーを見たあと、牧師や友人、家族が楽しい思い出を語って、彼女のご意思で、ご主人が苦しんだというアルツハイマーの研究団体に寄付をしてお別れをしました。
遺族には心のケアのサポートも希望すればあるようですが、実にサッパリしたものでした。
その後家が売りに出されてオーナーが変わっても、隣の家にはまだ彼女が住んでいるような気がします。85歳、デンマーク出身、いつも笑顔で明るくお茶目、優しくて心の広い方で、彼女の言葉に救われ、励まされたこともありました。ステキなご近所さんでした。
思い出させてくださってありがとう!
2009/09/06 09:58 | GRANMA [ 編集 ]

ああ、言い忘れた。父親のゾイロが手綱を持って、母親のレナが、ライフルで牛を撃ち殺した。アラゴン一家は、年に、牛一頭を食料にした。当時は、コロラドの田舎に冷凍庫はなかった。牛肉も、絞った牛や山羊のミルクも、CREAMERYという氷室に持っていって保存した。ウチのは、弟と、クリーマリーに保存してある牛肉を取りに行ったと。そこで、買って飲む、ソーダ水やキャラメルがご褒美だったと。母親のレナは経験なカトリック教徒で、「蟻の町のマリア」を蔵書に持っていた。マリアは日本人女性です。ご存知ですか?レナは、「人間はみんな神さまの子供」と言っていた。このレナが忍び込んだ泥棒をライフルで撃った。暗くて当ったとは思わなかったそうだ。朝になると、雪中に血痕が点々と続いていたと。

ぼくらが、SFに住んでいた頃、電話を取ると、レナだった。「あなたの娘は、香港、明日帰るよ」というと、「いや、ノブ、あなたと話しがしたい」と。「ナンだね?」「娘をヨロシクタノンマス」、、あくる日の午後、レナは亡くなった。まあ、「アニーよ、銃を取れ!」のような小柄のスペイン系女性だった。SF空港から電話してきたウチのに、伝えると、クスンと鼻をかむ音がした。泣かないアメリカ人。ストイックという。伊勢
2009/09/06 06:16 | 伊勢 [ 編集 ]

りょうこ姉さま

フクロウの死骸を持っているのは、ウチのかみさんの手です。アメリカ人は移民の子孫、開拓者の子孫。ウチのかみさんの血統は、スペインのアラゴン王国から来ている。1600年代、若いマニュエル・アラゴンは、騎兵として、スペインのマジョルカ島から、ガレオン船に乗り込む。ガレオン船は100トン~乗組員100人~牛、馬、羊を積んで、時速10キロという遅い船足だったが、フロリダのタンパに寄航し、コキール(貝殻の砂浜)と名付け、メキシコのべラクルスに着く。そこからテオティアカン(メキシコ・シテイ)盆地を目指した。目的は、インデイオの王様モンテズマを退治して、金塊(当時最大の金が取れた)を奪うことだった。マニュエルの名前は、カトリック寺院に登録されている。彼のひひ孫たちは、1835年に、テキサスのサンアントニオに向かう、サンタ・アナ軍に加わっていた。「テキシアン」というテネッシーからきたボランティア兵(サム・ヒューストンが指導者)が立てこもっていた。そのアラモの砦を攻略する大軍ニ加わっていたのです。ヒューストンに行くには、リオ・グランデ河の要所を渡る。河の西側で野営。その夜、アラゴン兵たちは逃亡した。現在ニューメキシコ州のタオス付近に潜んだ。コロラドのトリニダード渓谷に移り、牛や馬を飼った。現在も、そこに、8万坪の牧場を持っている。アラゴンらは、みんなカウボウイや、付近で取れる炭鉱で働いたと。アラゴン一家のお墓は立派なものです。写真が見つかったら載せますね。

アメリカ人の持つ情緒は、その荒っぽい移民史や開拓史に関係する。特に、「死」に関しては、「死んだら、それでおしまい」とドライなのです。10年前、彼女は、ひとりで広島原爆記念館へ行った。無辜の女子供が殺されたことに強い怒りを持っている。だが、「日本人は、後ろを振り返らず、先へ進め!」とも言っている。この点が、開拓者野郎のスピリット。「ものの哀れ」という情緒には浸らないのです。おわかりでしょうかな?

それでは、アメリカ女は泣かないのか?いや、泣きヤス。愛人や、夫、子供と死に別れたときです。ただ、人前では泣かない。泣いても、一瞬ですね。風と共に去りぬの、スカーレットなのです。伊勢
2009/09/06 05:51 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢おじ様、
日本人は、ウサギのように神経が細いのでは無いと思いますよ。
ただ、
日本人なら、両手でつつむとか、毛布にくるむとか、するのになぁ・・・の違いだと思います。
2009/09/06 03:33 | りょうこ [ 編集 ]

鳩山も、小沢も準犯罪者。または、犯罪を軽視する人種。こういう人間が日本を支配する?司直はしっかりして貰いたい。鳩山は、心臓が小さい人間。ストレスに耐えられない。突然「やめる」と言い出す。だが、民主党の青い議員らには、国政(官僚と共同作業)の巨大な作業は不可能だ。本年末どころか、この9月から米経済は金融・経済収縮第二波に入る。鳩山を船頭に選んだ日本国民は、失業が増え、結局、民主党はなにも出来ず失望する。その政治指導・空白期間に、日本のGDPはガタガタに下がる。預貯金は減る。次世代の青年たちには、年金などない。日本は福祉国家に下がる。敗北主義者の末路だ。伊勢
2009/09/05 22:38 | 伊勢 [ 編集 ]

多史済々先生

前庭は100坪。半円型にドライブウエイ。玉砂利の下から雑草が生える。レーキで、ならす作業が嫌で、コンクリートにする人が多いけど。

アメリカの人口は、3億~日本はご存知。国土は、26倍に近い。人口は、東西海岸部、五大湖に集中。高層ビルの大都市は全部民主党。そして、高層アパート住まい多く、失業率が高いのです。だから、オバマを選んだ。納税額も、田舎の共和党州がダントツ。共和党州は借金が少なく、土地建物は先祖代々のもので、ローンがない。だから、大きなハウスに住んで、大きな車に乗っている。

1861年の南北戦争のアトランタを描いた「風と共に去りぬ」マーガレット・一チェルを読むと、南部の中世期風の館と、地平線まで続く、綿畑に働く黒人との関係、双方の大らかさがよくわかる。

最近、ルイジアナとテキサスの400キロ沖で大油田がBPによって発見された。サウジ・アラビアに次ぐ巨大油田。ただ、水深が3000メートル、海底は砂だけども、その直下に、60億年前に出来た硬い岩盤が覆っている。今んところ、発見だけで、株価も上がらなかった。ちゅうのはね、掘削はすでに技術があるが、アラビア~アンゴラ~べネゼラ~メキシコ~カナダ~ロシアのコストが安い原油を買ったほうが手っ取り早い。それに製油所を拡大すると環境問題が勃発する。だが、OPECに、すでに、弱気、つまり、「アメリカはイザとなると、この大油田も、アラスカ大油田もあるんだ」というショックを与えた。これは良いことですね。

ところで、米ドル一極制度は終焉するが、次には、米ドル+ユーロ+日本円の基軸通貨の方向であると、ROUBINI教授。「中国は、人民元圏を作れば良いだけ」とです。いわゆる、米+メキシコ+カナダのアメーロは起きませんね。だいたい、ばかげた空想だった。ROUBINIとSTIGLITZが正しいでしょう。その記事は、今夜にするわね。今朝6時にゴルフを2年ぶりにすることになっていた。だが、起きると、7:30だった。もう、ゴルフに情熱がないんだわな。犬どもと散歩して、金魚買いに行くよ。は、は、は 伊勢
2009/09/05 22:27 | 伊勢 [ 編集 ]

・「鳩山総理」の故人献金を知り尽くす会計監査人 選挙直前に心不全で謎の死亡

・おくやみ
花田 順正(はなだ じゅんしょう)さん(65歳)8月29日死去。通夜8月31日午後6時から、告別式9月1日午前10時から、苫小牧市民斎場明野ホール
で。喪主・花田 明美(はなだ あけみ)さん(苫小牧市ときわ町2丁目16番17号)。葬儀委員長・岩瀬 正夫さん。

・苫小牧民報
http://74.125.153.132/search?q=cache:1CkWyLvJv-YJ:www.tomamin.co.jp/okuyami/okuyami.html+%E8%8A%B1%E7%94%B0&cd=2&hl=ja&ct=clnk&gl=jp

・民主党(本部) 平成16年分収支報告書に関する調査報告書(要旨)
支部の名称        代表者     委託先
北海道第9部総支部  鳩山由紀夫  花田順正(税理士)
http://www.dpj.or.jp/governance/openinfo/images/04gaikan.pdf

・民主党:花田順正という税理士が平成16年と17年に鳩山の収支の監査
http://www.dpj.or.jp/governance/openinfo/images/05gaikan.pdf
http://www.dpj.or.jp/governance/openinfo/images/04gaikan.pdf

・花田順正税理士事務所
http://www.kaikei-net.com/detail_easy.php?num=936
2009/09/05 20:39 | [ 編集 ]

 艦長
 しかし、広いお庭ですね。
ベンツステーションワゴンの向こうに見える樹木も敷地内なのですね。
 日本の人口はアメリカの約3分の1、面積は約20分の1か、何ともかんともスケールが違いますね。
 しかし、日本もこれだけの経済力を持っているのだから民主党も建設中ダムの建設中止などと言い出さないで欲しい。内需をわざわざ霧消させることはないでしょう。
 それとも、利権の再構築のために一応中止にするのだろうか。
 
2009/09/05 16:35 | 多史済々 [ 編集 ]

nazuna姉

フクロウの亡骸を載せるべきではなかった。日本人は、ウサギのように神経が細いことを忘れていたよ。ごめんね。ROUBINI教授と、STGLITZ教授の「オバマ政権及びアメリカ国民への忠告」を再読していた。鳩山はトランプのカードでは、4~オバマは、9。これでは、米ドル圏の再構築をしなければ、「宥和」だけでは戦争が起こる。1)競争~2)協力~3)国際法の遵守~4)友愛が起きるのは、民間の問柄です。国家の政策ではない。鳩山由紀夫は、現実と幻想がミックスした宮崎勉の精神状態によく似ている。早く排除しなければならない。米国務省(ヒラリー・駐日大使館)は、気が付いている。ウチのが「変ね?」と言うぐらいだからね。伊勢
2009/09/05 04:55 | 伊勢 [ 編集 ]

GRANMA

全くその通りです。政権引継ぎの法律がないのです。在日の選挙運動も法律違反です。西松も、故人献金も違法です。だから、司法も国民から監視される。国法を破っても良い?ならば、クーデターも良いとなる。ぼくは、まずは、“FIX AMERICA”だと信じている。その趣旨の日米同時出版の作業に追われている。ヨロシク。伊勢
2009/09/05 04:40 | 伊勢 [ 編集 ]

2009.9.5  MSN産経ニュースより
中韓大使と会談の鳩山氏「歴史問題を見つめる政権をつくりたい」
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090905/stt0909050034000-n1.htm
歴史の逆戻り、早速でましたね。
ところで在日韓国人の組織「民潭」がかなり民主党の応援をしていたようですが、選挙運動をしていたのなら当然、法律違反です。それでも彼らに参政権を与えるつもりなのでしょうかね。

(選挙権及び被選挙権を有しない者の選挙運動の禁止)
第百三十七条の三
 第二百五十二条又は政治資金規正法第二十八条 の規定により選挙権及び被選挙権を有しない者は、選挙運動をすることができない。

小沢、鳩山両氏の献金疑惑も未解決のままですし、司法、検察の力がどのくらい発揮できるのかをまず注目しています。
また社民党、国民新党と連立を組むいうことで、政権与党としての運営、安全保障や外交問題を中心にいまだに多くのことが不透明のままです。小沢氏幹事長起用で岡田氏の立場がどうなるのか・・・様子見ですね。
ネットではいろんな正しい情報や憶測情報が飛び交っていますが、願わくば一日も早く壊れてほしい新政権です。何しろ福田政権時に小沢氏ご本人が「民主党に政権担当能力はない」といわれたのですから。

また他国では考えられないことですが、日本では政権交替による政治空白期間についてのきちんとした法律がないそうです。これは自分で調べたわけではありませんが、本当だとしたら恐ろしいことです。
2009/09/05 02:25 | GRANMA [ 編集 ]

伊勢様、
隣家の猫に殺されたフクローの赤ちゃん、写真の姿が哀れです。幼い魂は天国に召されたのね。今は、安らかに神様の御手の中に居るから、この世に残した体は、もう要らなくなったのね。だから、生ゴミに成って死体をゴム手の片手でギュッと掴まれてカメラの前にぬーっとサラされてもいいのね。。。両手の平の上じゃなくても。。。
日本の小学音楽の教科書にはフクロウの歌が有ります。「森のふくろーが言いました 私は森のお留守番 怖いオオカミ キツネなど 来させないからネンネしなー ごろすけほっほー ごろすけほー」
その歌のページの挿絵には、ふくろー伯父さんが大きな目を開いて留ってるの木の下で、小さなウサギ達が寄り添って眠ってる姿。生物生態学的には正しい絵じゃないけど、あの歌は日本人の琴線に響くものです。あのウサギ達は、民主党に権力を与えた日本人みたいです。フクローが本当にウサギを守ってくれると期待して。伊勢様の庭のフクローは、隣家のネコに殺されたのですか。ああ、ますます今の日本人だわ。
2009/09/05 02:01 | nazuna [ 編集 ]

「スティグリッツ“US経済の復興は持続しないのかも知れない”と語る」 英語の記事を読んでください。こちらのブログで和訳するのは、今夜にします。いろいろなことが、9月に起きますね。宥和政策のオバマと鳩山。その隙を見逃さない精神異常者・金正日。

世界経済は再び暗黒へ向かう。オバマも、鳩山も、その体質は優柔不断である。日本が生き延びるには、核保有による独立という手段がある。だが、この崖っぷちで、鳩山を国民は選んだ。社民は、「非核三原則および憲法変えずを文章にしろ」と、、伊勢
http://bomanchu.blog81.fc2.com/

2009/09/04 19:42 | 伊勢 [ 編集 ]

「北朝鮮、プルトニウム爆弾製造に向かう」 英文の記事はこちらで、、伊勢
http://bomanchu.blog81.fc2.com/
2009/09/04 12:01 | 伊勢 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する