2009/09/07 (Mon) アメリカ一極時代の終焉


カナダ在住のML姉さまが送ってくださった。有難うね。本日は、「アメリカ一極時代の終焉」です。まず、このコメデイアン、山鳩ユキオを、お楽しみください。伊勢平次郎 ルイジアナ






米ドルは暴落する可能性が高い



“財政赤字を削減して、国の借金をコントロールしないと、米ドルは弱くなり、暴落することもあり得る”とノリエル・ルービニ(NY大経済学部教授で、リーマンブラザースの金融危機を予測した)が警告。

*去年の夏から、伊勢がブログで取り上げてきた「米ドルの信用力」のことです。この論文や、JOSEPH・STIGLITZ(コロンビア大学経済学教授)の「W・DIPがやってくる」は、オバマ政権や、アメリカへの警告だが、勿論、世界への警告なのである。

*以下、要訳して、分かりやすく補足した。伊勢

Sept. 4 (Bloomberg) -- The dollar will weaken and the U.S. risks seeing a crash of the currency unless it does more to control the deficit and reduce debt, said New York University Professor Nouriel Roubini, who predicted the financial crisis.

“If markets were to believe, and I’m not saying it’s likely, that inflation is going to be the route that the U.S. is going to take to resolve this problem, then you could have a crash of the value of the dollar,” Roubini said in an interview today in Cernobbio, Italy. “The value of the dollar over time has to fall on a trade-weighted basis, but not necessarily relative to euro and yen.”

“もし、市場が(私はそうなるだろうとは言いません)「米政府は、この経済危機を脱するするためには、インフレ政策を取るだろう」と信じているとすれば、米ドルが近く暴落することになる”とイタリアで語った。さらに、“貿易赤字が膨れるていくからには、米ドルは、時間が経つにつれて、その価値を下げていく。だが、それは、日本円やユーロに対してではない”と加えた。

Roubini said he didn’t see a risk of a dollar crash in the “‘short term.” The value of the U.S. currency relative to currencies such as the yen or the euro “cannot change too much compared to current levels because if the dollar were to weaken a lot and the euro strengthen a lot, that’s going to warp any chance for the European economy to recover, same argument as to the yen,” he said.

ルービニ教授は、米ドルの暴落リスクは、今すぐには起きないと言っている。USの通貨(ドル)と日本円やユーロとの関係は、現在の関係からそれほど変わることはできない。なぜならば、もし、米ドルが極端に弱って、ユーロが極端に強くなったとすると、ヨーロッパの経済回復を引き裂いてしまう。同じことが日本円にも言える。

“Most of the adjustment of the dollar in the future has to occur relative to China, relative to emerging Asia and relative to some of the other commodity exporters in the world, whether these are advanced economies or emerging markets,” he said.

“米ドルの調整の大きな部分というのは、中国~台頭するアジア~資源輸出国との関係によって起きる。先進国(成熟した市場)であろうが、台頭する後進国(成長中の市場)であろうがです”と語った。

Foreign creditors need assurances that the U.S. will address its deficit, Roubini said.

外国の債権保有国は、USが財政赤字に積極的に取り組むという保証が必要なのですと語った。

“Unless in the medium term these issues of fiscal sustainability are addressed, and unless we mop up that excess liquidity from the financial system, eventually the financial markets and the foreign creditors of the United States might get more concerned about the sustainability of the U.S. fiscal deficit and about the U.S. being tempted to use the inflation tax as a way of resolving its private and public debt problems,” he said.

“中期に、US政府の歳入の安定に取り組まない限り~そして、金融機関(財務省の財政出動)の巨大な支出を拭きとらなければ、金融市場も、外国の債権者も、US政府は歳入が足りず、結局のところ、インフレ(造幣局のドル増刷によるMONETIZING政策)を誘導して、そこからあがる税収で国庫を賄うという誘惑に負けるのだろうと心配する”と語った。

(解説)今日9月7日(月)は、「労働者に感謝する日」なんですね。株式市場も、銀行も、学校も、閉まっている。「夏の最後の日」といわれ、みなさんは、子供を連れて、キャンプや狩猟、釣りに出かける。

鳩山の経済学は「福祉による消費拡大」「福祉による雇用拡大」が柱という奇形の経済です。藤井という老人に騙されます。早く、鳩山が空中分解することを望む。国民が賢くなり、または政党が賢くなり、または制度が同時に改善されないと、日本人は苦しむ。自民党は、一旦、解党するべし。DIGENERATION(精神の劣化)という病気に罹っているのです。伊勢平次郎 ルイジアナ

お祈りの時間

prayer dog is serious than (Small)
就寝前のお祈り。愛犬バデイーのほうが熱心に祈っている。は、は、は 前Gメンだったボブから送ってきた。先月、ボブの農場で、カービン銃~大型ピストル~散弾銃の射撃訓練を受けた。VIDEOに撮った。YouTubeに載せると違反かいな?それとも、US永住権法規に抵触するのかな?聞いてみるわね。伊勢


「此之花さん」がメールしてくれた。おばあちゃんの飼い犬で、富士山の見える丘陵に住んでおられると。おばあちゃんは、富士山に手を合わせて祈られるそうです。近所に、イノシシが出るので罠で獲ると。「美味しかった」なんて書いている。経済状況の厳しい中で頑張っておられる。この方は心底から日本を愛している。隼同志の貴重なお方です。ほかにも、日本及び日本人への洞察も書いてあった。次回にするね。伊勢

comment

M.L.姉さま

“STAND UP AND FIGHT FOR YOUR COUNTRY”と言いますね。戦後、日本の歴代の首相で軍歴があったのは、中曽根さんや、田中角栄さんだけです。安倍~福田~麻生という方々には、自衛軍の最高司令官という自覚がなかった。鳩山は、さらに酷い。国境なき思想を持っている。232万の命~その遺族を何と考えているのか。日本人の魂を持っていない。鳩山が、日本国民に好かれるはずがない。伊勢
2009/09/10 11:36 | 伊勢 [ 編集 ]

数少ない日本の保守のホープの一人が立ち上がりました。 http://komori.iza.ne.jp/blog/ 力強い提言を掲げ意思を示した勇気に「サムライ魂」を見る思いです。 幼い頃からディベートで鍛え甘えを許さない環境で育つ欧米諸国や、道理の通らぬ無秩序の国々の民を相手に国際社会で生き抜くのに、今日本に最も欠けているのは「凛とした強さ」です。 これからの日本を救えるリーダーには愛国心・正しい歴史認識・品性・力強いディベートと演説能力・胆力が絶対条件ですが、これを備えた人は残念ながら男性議員では思い浮かびません。稲田議員の志がどれだけ支持されるかを注目したいです。 先のコメントにもありましたが「従軍慰安婦決議案」の時も、私も抗議の手紙を、決議案を先導した議員(チャイニーズ)の所属する党の有力議員に送り真摯な返事をもらいました。しかし個人の力では壁にかすり傷はつけれても壊すことはできません。 稲田議員のような強い志のリーダーが必要です。 靖国の英霊とそのご家族の名誉が反日勢力によって左右されてよいわけがありません。 アメリカもカナダも11月11日は国のために闘った人を称え感謝を捧げる祝日です。(USはVeteran's Day, カナダはRemembrance Day) 後世の人間として当たり前のことですね。
2009/09/10 06:16 | M.L. [ 編集 ]

ハヤブサさま

>>。この訪米が新たな日米関係のはじまりなのか、それとも「鳩山政権」溶解のはじまりなのか・・・どちらでしょうか?

(答)溶解の始まりです。米政府は、既に「日本チーム」を作っている。NIE~KERRY~GREEN~CAMBELの米議会への力は強大です。三党合意など吹っ飛びます。こういうとき、技術~資金~北米市場に、これからも頼る中国は沈黙する。李明博は勿論、USに従う。伊勢、

2009/09/10 05:46 | 伊勢 [ 編集 ]

多史済々先生

>>求人よりも多くの朝鮮の女性が応募した、、

そのとおりです。現在、もし売春が合法ならと考えれば判りやすいわね。

ぼくが、出版資料に迷ううちに、あれよあれよと世界経済が崩壊に向かって行った。この時点の最重要課題は「日米関係のあり方」となった。まあ、始めからそれがテーマだったけども、ここへ来て、鳩山民主・社民の連立政権を日本国民が選んだ。ここから、一気に、日本は勿論、太平洋国家群の安保が、とくにアメリカ政府の焦点になるのです。今が、ベストのタイミング。急いでいる。アメリカ政府に進言する内容になっている。伊勢
2009/09/10 02:35 | 伊勢 [ 編集 ]

>ML姉さまが「日本人の若者も、中年も弱弱しい」というご感想は、日本人が、「兵を志願する」気骨を失っているからです。強兵なくして、国は滅びる。

 やはりそれは、「従軍慰安婦制度批判」が先進国の議会でいまごろになって可決されるというような政治をして来た日本の政治家(屋)や報道機関の責任が大きいと思います。そして、それを許してきた我々国民の責任です。
 戦時売春制度は確かに今の時代では陰の文化ですが、慰安婦募集に際しては求める人員よりはるかに多い朝鮮女性が応募して来たのが事実ではなかったのでしょうか。世界はそれも知るべきです。
2009/09/10 01:37 | 多史済々 [ 編集 ]

>中国共産党に靡く~反米韓国に靡く~反米政党の鳩山民主党をアメリカが許容するだろうか?

冷やかな目で眺めていた3党の連立政権協議が合意したようですが、その中で外交防衛に関しては
>3党連立政権「合意書」と「政策合意」要旨
>9、自立外交で、世界に貢献 緊密で対等な日米同盟関係をつくる。日米協力の推進によって未来志向の関係を築くことで、より強固な相互の信頼を醸成しつつ、沖縄県民の負担軽減の観点から、日米地位協定の改定を提起し、米軍再編や在日米軍基地のあり方についても見直しの方向で臨む。東アジア共同体(仮称)の構築を目指す。北朝鮮に核兵器やミサイルの開発をやめさせ、拉致問題の解決に全力。アフガニスタンの実態を踏まえた支援策を検討
http://www.yomiuri.co.jp/feature/20090830-592896/news/20090909-OYT1T01000.htm
昨年末、アメリカの民主・共和両党で知日派と言われる人たち4名が来日し、鳩山幹事長(当時)など民主党幹部4名と懇談したと伝えられています。その懇談でアメリカ側は
>「民主党が掲げる政策を一度にぶつけたら、米議会や政府は反米とみなすかもしれない。皆さんは注意されたほうがいい」。
と述べ、
>(反米の)イエローカードの代わりに三つの具体的問題を挙げた。
(1)海上自衛隊のインド洋給油支援活動の即時停止
(2)日米地位協定の見直し
(3)沖縄海兵隊グアム移転と普天間飛行場移設を柱とする在日米軍再編計画の白紙撤回-。
>米大物が警告した民主の「反米3点セット」
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/266988/
 鳩山由紀夫は外国メディアに掲載された珍論文と恋女房の内助の功でアメリカというか、ホワイトハウスの敷居を高くしたが、3党連立政権合意で社民党の主張に大幅譲歩したことで、ダメ押しするかのように敷居をさらに高くし、鴨居を下げたように思います。多分、ホワイトハウスは日本国民が選んだ奇異な指導者である「鳩山首相」を大いなる戸惑いの中で生暖かく迎えるのではないかと思います。この訪米が新たな日米関係のはじまりなのか、それとも「鳩山政権」溶解のはじまりなのか・・・どちらでしょうか?
2009/09/10 01:00 | ハヤブサ [ 編集 ]

ハヤブサさま

自己矛盾が鳩山民主党を崩壊させる。一方、アメリカの論調には反省が見える。それは、経済で土壇場まで来たからだ。白人の指導するアメリカは独善もあったが、「マーシャル・プラン」など、第二次大戦後の世界に貢献してきた。1951年の朝鮮戦争に始まるほとんどの戦争が「防共戦争」ですね。ベトナムが最大の戦争だった。すると、中国共産党に靡く~反米韓国に靡く~反米政党の鳩山民主党をアメリカが許容するだろうか?伊勢爺は、ベトナム戦争時代より、アメリカ生活42年だ。アメリカ人の価値観を持っている。社会主義政権を許すわけがない。同じ理由で、オバマが失速している。アメリカ市民は、建国以来、ボランティア軍~独立自尊~公民権(四つの自由)~政府に頼らないという国民性なのです。だ・か・ら、強い。

ML姉さまが「日本人の若者も、中年も弱弱しい」というご感想は、日本人が、「兵を志願する」気骨を失っているからです。強兵なくして、国は滅びる。伊勢
2009/09/09 19:42 | 伊勢 [ 編集 ]

「アメリカ一極時代の終焉」がテーマだったけども、ワンコ~政権交代を選んだ日本~靖国に想う、そこから一気に日本人論へ。「やはりな」と思った。犠牲となった兵隊さん。日本人の良心の棘になっている。

三年八ヶ月の大東亜戦争で、日本の将兵232万人が命を国に捧げた。ほとんどが若い青年や、結婚したばかりの人や、幼い子供を残して戦場で地に伏したのです。GRANMA~MLさま~DKさま~此之花さま、、みなさんは、国を想うお母さんたちです。このお母さんたちが真の愛国者です。靖国に祀られている英霊も、戦没者も、草葉の陰で、「ああ、良かった」と安堵されているでしょう。

>>白人の正義は自分たちだけの正義です、、

白人というか、純粋のアングロ・アメリカンは少数になった。白人のわがままは通らなくなったのです。第二次大戦後、西欧の帝國が滅びた。日本の兵隊さんが、世界史の転換期に大いに貢献した。現在の日本の発展はこれらの犠牲者があって、ここまで達することができた。鳩山の財産もそうして出来たはずだ。靖国を軽んじる軽薄な夫婦だ。これでは、台湾のナントカと同じ動物に過ぎない。

第二次大戦の原因は、世界経済恐慌があった。「ルーズベルトが日本を引き込んだ」という理論は、ほぼその通りでしょう。だが、失業率25%の閉塞したアメリカ経済の突破口に特需を考えたたと思う。ガルブレイス教授(この人がニューディーる政策の指導者だった)を、ボストンのごじたくに伺って、インタビューしたときに、“戦争が経済を回復した”と語ったのです。テープが残った。Y紙に訴えられるので、公開できないが。

「アメリカ一極時代の終焉」とは、1)アメリカが普通の国になる~2)発展途上国のひとつになるという意味を持つ。日本~アメリカ~欧州が、新機軸通貨で、ひとつの経済ブロックを構成する。東アジア共同体ではないです。すると、日本の主張が通る時代が到来する。第二次大戦の歴史認識も見直される。もはや、アメリカや、白人国家が他国を指図するという時代は終焉したのです。伊勢

2009/09/09 19:21 | 伊勢 [ 編集 ]

「凛として愛」には日本人の素晴らしさが凝縮されていますね。  異国で暮らしていると日本の美徳が全く通用しないことに度々傷つきながらも、民族の違いに興味がわきます。  鎖国の日本を脅し・恐喝で押し開けたように、白人の正義は自分たちだけの正義です。 世界でも稀有な人種の「真っ正直で勤勉で公平で質素で律儀で忍耐強く忠誠心の強かった日本人」は悲しいまでに崇高ですが、現実の世界は今もなお、それを踏みにじるほど弱肉強食です。 現代の日本人が日本人としての品性を落とさず、しかし強さも示しながら”腹黒い国際社会”で存在できるかどうかが問われていると案じる今日です。 (日本からやってくる若者も中年もひ弱なイメージでいつも心もとなく思ってしまいます。公共のマナーも知らない人が多いし)  
2009/09/09 16:37 | M.L. [ 編集 ]

>国連で温暖ガス削減25%を明言し、

これは来る9月22日の国連気候変動首脳級会合で温暖ガス削減25%を表明するという意味です。
2009/09/09 16:14 | ハヤブサ [ 編集 ]

>伊勢さま
>麻生自民が負けたのではない。鳩山民主党を選んだだ日本国民が負けたのです。速く気がついて貰いたいものだ。

その通りだと思います。民主党は政党としての骨格ともいうべき党綱領すら持たずに、というか持てずに、明らかに党内矛盾がありながら、それらを解消すべき党内議論を「政権交代」の掛け声で封印してきました。「鳩山政権」では「国家戦略局」を新設し、政権運営の要にするというのですが、鳩山代表は早々と国連で温暖ガス削減25%を明言し、早速海外メディアから高速道路無料化などの施策と矛盾するんじゃないの?と指摘される始末・・鳩山代表などは「国家戦略」などとは無縁の政治屋です。「国家戦略局」などと大上段にふりかざしていますが、何のことはない、これまで党内議論を封殺し、政権運営のことなど考えてこなかったことのツケをもっともらしげに取り繕うっているだけです。いずれにしろ、社民党・福島、国民新党・亀井の入閣ともなれば、「鳩山政権」の陣容は、「政権交代」の掛け声に幻惑され、「鳩山民主党」に一票を投じた国民の多くが幻想から醒め始める契機になると思います。こんな政権を選んでしまったの?ってですね・・・「後悔先に立たず」のことわざの意味をかみしめることになると思います。
2009/09/09 16:06 | ハヤブサ [ 編集 ]

GRANMA

拝見しました。胸が詰まって、何も言えません。若い人たちが「靖国で会おう」と誓って、飛び出して行ったことを忘れて良いわけがありません。だが、お国に命を捧げた先人たちが、現代の日本人に、「優勢に生きよ」と叫んでいる声が聞こえます。とにかく、軽薄な生き様は許されない。伊勢
2009/09/09 14:03 | 伊勢 [ 編集 ]

経済からは離れますが、日本という国を見つめなおすために、他のブログからの紹介の下記映画をご紹介いたします。
靖国神社の遊就館にて上映されていたそうですが中韓の反発にあって上映をやめた映画だそうです。
靖国神社、平成21年はご創立140年、しかし新政権は靖国に代わる施設を作りたいとか、
絶対に反対です。
動画は 1 から 7 までありますがURLの数が超過、ということで全部載せられませんでした。画面の下と横に次の案内がありますので順番にご覧になられて下さい。

凛として愛 (1/7)
http://www.youtube.com/watch?v=Hpz5rFqI7jA&feature=related

凛として愛 (2/7)
http://www.youtube.com/watch?v=shv750vHcIU&feature=video_response

凛として愛 (3/7)
http://www.youtube.com/watch?v=vQOQm52iAnk&feature=video_response

凛として愛 (4/7)
http://www.youtube.com/watch?v=MjhR4NvXiEs&feature=video_response

凛として愛 (5/7)
凛として愛 (6/7)
凛として愛 (7/7)
2009/09/09 11:49 | GRANMA [ 編集 ]

M.L. さま

強いご性格が伝わります。ぼくも、日本人全部ではないけども、アニメ文化に危機感を持っている。いわゆる、現実逃避ですね。原因は、国家指導者が、国家像を明確にしないまま経済だけを優先したからです。さらに、国防をアメリカ任せにしたばかりに、いつまでも遊んでいたい人間が増えた。

>>あらためて占領政策の凄さや他国のしたたかさに驚きます、、

外国で暮らしたらわかりますね。日本の青年は、マルコポーロを目指せ!「人の行かぬ道に花あり」です。SFにいた時代、銀行の頭取さんの娘さんH子(18)のPC問題を見てあげた。バブルが弾けて、ペブルビーチ・ゴルフ場に過大投資していたその銀行は撤退した。優秀だったH子ちゃんは、東京女子大に入った。ところが、半年すると、お母さんから電話があったのです。「H子がね、日本の女子大生と上手くいかないんです」と。彼女はSFへ帰って来た。やがて、東部のアイビー・リーグに入学した。話はこうです。「東京の大学生たちは、コンパばかりしていて、一日中、ゲチャゲチャ~キャアキャアと騒いでいるの」と。「アメリカ人の同級生は、みんな医者や弁護士を目指して勉強している~日本の女子大生は子供なんです」とさ。“WHAT DO YOU MAKE OF IT?"と聞くとね、“THEY ARE THE VICTIMES OF JAPANESE CULTURE" との答えが返ってきた。「キャアキャア」か、何か、鳩山の妻(66)の性格に似ている。66歳の幼女ね~??伊勢
2009/09/09 10:46 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢さんのおっしゃるとおり鳩山(小沢)民主党を選んだ日本人の敗北です。私も強い愛国心をもつ一人ですが、国の根幹よりもミシュラン星やアニメのほうが大事で警戒すべき民族を疑うことすらできなくなってしまったこの民の行く末をとても心配します。政治家も胆力のない小心者ばかり。あらためて占領政策の凄さや他国のしたたかさに驚きます。絶滅危惧種の大和民族は外来種に駆逐されてしまう運命なのか・・・ 毒ギョーザや凶悪犯罪や拉致でも覚醒しない日本人へのショック療法がはたしてあるやなしや・・・ 「平和ボケ」この一言が全てを語っています。 
2009/09/09 10:08 | M.L. [ 編集 ]

US経済の話しが、お祈りするワンコーに取られたようですね。そうです、庶民にとって、家族~学校~仕事~友人~四季の食べ物~四季の草花~行楽~愛犬ワンコーなどが最優先。軍事~経済~政治が、日々の生活の話題ではないですね。とくに、鉄のように固い軍事のはね。しかしだ、その幸せな日々の生活を担保するのが、先の三つ。

この美しい日本を、敵意を持つ在日韓国人や、外国人犯罪のほとんどと報告されている中華の国民に盗られてはならない。鳩山は戦う考えを持たない敗北主義者である。麻生自民が負けたのではない。鳩山民主党を選んだだ日本国民が負けたのです。速く気がついて貰いたいものだ。伊勢
2009/09/09 08:39 | 伊勢 [ 編集 ]

おー、兄弟分と一緒に御祈りするワンコ!まさに一心同体!こんな素敵な兄弟見たこない!二人とも仲良く元気に幸せに長生きするんだよ!うちのワンコ(シズー)は、丸で日本のお盆を知ってるかの様に、8月15日に、13年の短い生涯を終えました。ハートフェイリュアーでした。これ以上、苦しみが長引かない様に、犬の救急院ヴェットが安楽死の注射をしました。ブランケットに包んで、私がうちの子を抱いて、あやしてる間に、獣医と助手が足に最後の注射をしたんです。うちの子は、「母ちゃん、ぼく、最後まで良い子してるから」って顔で、注射をされてる間、私の腕の中でジーッと私の顔を見つめていました。注射を終えた獣医が、「スモーキーは天国へ行きました。」と言っても、全く同じ大きな目でジーッと私を見つめていました。主人が車を運転して、私は、うちの子を抱いて帰りました。車中でも、生前と全く同じ可愛い大きな目で、ジーッと私を見つめていました。「ぼく、最後まで良い子してたよね?」
裏庭のユスラウメの下に埋葬したので来年、奇麗な花になって咲くでしょう。鳥が実を食べたら大空を飛ぶでしょう。渡り鳥の羽に成って、外国へも行くでしょう。帰る所が有るから旅は楽しい。帰るんだよ。お家へ。
2009/09/09 05:04 | nazuna [ 編集 ]

「弱くなるドルを誰も好まないが、、」英語ですが読んでください。今夜にでも、和訳します。伊勢
http://bomanchu.blog81.fc2.com/
2009/09/08 23:13 | 伊勢 [ 編集 ]

バグさま

有難うね。そうです、一見、無関係に思える海外事情、特にアメリカ事情が、結局は日本人にも大きく影響するのです。

ノーマン・ロックウエルの「トム・ソーヤー、ハックル・ベリーの冒険」の絵本を、ミズーリのハンニバル(マーク・トウエインの生まれ故郷の町)へ、キャンプしたときに、買いました。もうひとつ、大昔のアメリカの農場生活時代の漫画があったのですが、絶版で買えなかった。どうしも欲しいし、和訳して出版したいなと思った。アーカイブと交渉するしかないわね。

この写真は雑種だけどね、このゴールデンレトリーバー種の犬は、飼い主の真似をするんです。大昔に、ハワイイで飼っていて驚いたもんです。お祈りを一緒にして~ベッドにもぐりこむ。犬を飼うのが、こどもには、一番ライフを知る教育だそうです。理由は、犬は18年ぐらいで死ぬ。こどもは、一晩中泣き明かす。そうして、一歩一歩、大人になるということでした。就寝前のお祈りも良い習慣だと思う。伊勢
2009/09/08 23:10 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢様、はじめまして。
2週間ほど前、ネット世界を徘徊中に偶然こちらのブログを見つけ、すっかりファンになりました。情報の収集って大事だな~と、改めて痛感しているところです。本文のみならずコメント欄も含めてとても勉強になります。
今日はノーマン・ロックウェルの絵にありそうなワンコと男の子の写真があまりに可愛らしいので、初の書き込みをしてしまいました。
2009/09/08 22:32 | パグ [ 編集 ]

続・やりとり、、

>>これも小生のシナリオのひとつですが、金本位制度と新人民元の関連を論じた本もあり、書店の入り口にうずたかく積まれていました。

(伊勢) 株も、現金も恐くなり、GOLDに逃げ込んでいますね。すれば、金本位に戻る通貨(RMB?)が優位に立つのは当り前です。ただし、人民元には安保という担保がない。つまりイデオロギー上の担保がない。一党独裁体制では、RMBは基軸通貨にはなれないと思います。

(宮崎) まさにご指摘の通り、ですから拙著の結論は「人民元が世界の基軸通貨になりおおせることは極めて考えにくい」というものです。

(補足) みなさん、宮崎先生は、広州からお帰りになった。いよいよ中国は資金が枯渇して、広州~ラサ間の高速鉄道計画を断念。宮崎先生それを実地調査された。この方は、数少ない実証主義者です。そこらの経済学者とは、大いに違う。宮崎先生のご著書は面白い。そのスタイルが、開高健さんに似ている。伊勢が尊敬する、冒険・実証主義ジャーナリストだった日本のサムライ。伊勢
2009/09/08 10:28 | 伊勢 [ 編集 ]

宮崎正弘先生とのやりとり、、

(伊勢)ルービニ教授はかく語りき、、
“Most of the adjustment of the dollar in the future has to occur relative to China, relative to emerging Asia and relative to some of the other commodity exporters in the world, whether these are advanced economies or emerging markets,”
(米ドルの調整の大きな部分というのは、中国~台頭するアジア~資源輸出国との関係によって起きる。先進国(成熟した市場)であろうが、台頭する後進国(成長中の市場)であろうがです”と語った)。「日本やヨーロッパとの為替調整はそれほど必要はなく~チャイナ(RMB)とどうするかだ」と言っているんですね。そこで質問です。

中国VS米・欧・日本の経済圏と取れるんです。他にも、米+欧+日本で、新通貨圏を構成するというアイデアがある。つまり、チャイナは、特殊な経済圏(安保という担保のない)だから別れろ、ですかね。となると鳩山は稀代の低能児ですか?

(宮崎正弘)いま世界でもっとも有名な経済学者といえばスティグリッツ、クルーグマン、そして、このルービニ教授ですかね。新御三家?

広州の書店を何軒かまわって衝撃の第一は、通貨戦争の本が幾種類もところ狭しと並んでいたこと。しかも「人民元vsドル」が中軸で数冊もでている。ほかに貳冊ほどが世界市場を俯瞰してユーロを加えた比較論。一冊だけ「人民元vsドルvs日本円」があった。なにか拙著『人民元がドルを駆逐する』の翻訳も勝手に出たのか、と思ったほどでした。

もうひとつ、これも小生のシナリオのひとつですが、金本位制度と新人民元の関連を論じた本もあり、書店の入り口にうずたかく積まれていました。

ま、いつものように日本の議論は遅れています。というよりドル中心主義の陥穽に陥ったまま金備蓄も先進国最低です。
2009/09/08 10:01 | 伊勢 [ 編集 ]

海運人兄

いつも鋭いご洞察。貧富の格差はもっと拡がる。だが、それは、ハイクラス~ハイ・ミドル~ミドル~ロウ~パバテイのグループ別のことです。すると、政府の取るべき「格差縮小」の政策とは?1)累進課税の見直し~2)奨学制度の拡充~3)エリート教育推進~4)職業学校を増やす~5)自衛隊員優遇制度~6)託児所を増やす、、だが、どれも、福祉優先では、日本人の生産性志向そのものを損壊する。学校を無料にする~最低賃金を引き上げる~こども手当てを施す~高速道路無料化などは、どれも、個人の努力や競争力を促す政策ではない。国民の依頼心だけが強くなり~努力せずに、飯を食う愚民が増える。

鳩山は低能です。大人にもなっていない。この性格では、中国や韓国に出かけて行って、土下座もするでしょう。何か、この夫婦は、ホモの性倒錯に似た倒錯があるね。それに幻覚まである。伊勢
2009/09/08 02:51 | 伊勢 [ 編集 ]

ワンコが可愛すぎます。

鳩山次期総理が炭素ガス90年比25%削減を本日開催された朝日新聞社主催のフォーラムで宣言しました。すでにBBCにも転電されています。恐らく日本だけ火を焚いた鉄板の上で素足でカンカン踊りを踊らされるハメになるでしょう。

産業界は「常識では考え難い」と猛反発していますが、時すでに遅し。もうダメですねこの国は。団塊世代の夢想に現役世代がひどく苦しめられるといういつもの図式です。最低賃金アップ、製造業への単純派遣禁止と相まって、製造業の海外移転と中小企業の倒産・廃業、それに伴う国内産業空洞化と失業率上昇、低学歴・低スキルのレイバーの就職難と格差の急激な拡大が現実的なものになってきました。
2009/09/08 01:11 | 海運人 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する