2009/09/12 (Sat) おまえは嘘をつく
おまえは嘘をつく



昨日、オバマは医療保険改革について米議会で演説した。この法案が通っても、通らなくても、オバマの政治生命に傷がつく。

“違法外国人は除外される”とオバマが言うと、南カロライナ州共和党下院議員のジョーー・ウイルソン(弁護士)が、“YOU LIE”と叫んだ。うしろのペロシの表情をご覧ください。このリベラル・人権派と自称する人間は慰安婦決議(7・07)に熱心だった。確たる証拠もなく、“性奴隷の日本軍」と日本民族に汚名を着せた。ところが、オバマが“おまえは嘘をつく”と言われたときには、抗議する顔になった。これを何と言う?「偽善者」とか、「ダブル・スタンダード」とか言わないのか?どういうわけか、サヨクの搾取階級は赤いドレスがお好き、、








アメリカ一極時代の終焉(まとめ)

経済学の巨人たちに、“財政赤字がこのままでは、米ドルは暴落する”と、“BLITZ"(集中砲撃)受けた、オバマは、うち震えた。ついに、ガイトナーは、“金融界(銀行、保険会社)のTARP(救援)を打ち切る”と言わざるを得なかった。“貯金して~こどもの教育に投資してくれ”と言わざるを得なかった。さらに、“きたる3年間で、600万の家族がホームを失う~失業者(現在の完全失業者と失業予備軍は、2600万人)は、さらに増えるだろう”と言わざるを得なかった。

この意味するところは、1)USは、基軸通貨の米ドルを堅持したい~2)消費経済政策を断念する~3)住宅市場に政府の介入はしない~4)中国などとの貿易赤字を削減する~5)財政赤字を財政出動にブレーキをかけて減らす~6)国民に貯金を奨励する、、ということである。

米経済の根幹である企業は従業員をさらに削っていく~それによって業績も株価も上がる~だが、失業者は増える~ホームレスが増える~すると、デフレ・スパイラルに陥る~行く場所のないガイトナーとバーナンキは、ドルを増刷する(USDは10%は下がるだろう)~オバマは、自分の所為ではないと逃げる、、

日本はどうする

1)狂人・鳩山由紀夫を政権の座から追い出せ!~2)日本企業は、かってのようにアメリカへ進出すべし~3)国民完全雇用の時代へ戻れ!~4)生活水準を下げてでも、終身雇用を増やせ!~5)自衛隊を国軍にして予算を2倍にして雇用を造れ!~6)18歳まで、インター-ネットを無料にせよ!

(解説) 金融危機(クレジット支払い不履行)と続く失業の第二波が迫っている。大失業時代の到来なのだ。アメリカの国民は、政府に頼れないことに気が付いた。それが、銀行預金の上昇(5%)に現れた。今朝、銀行へ行ったら、“カネを貯めて、こどもの教育に勢力を注ぐ”と、マネージャーの女性は言った。“GMを救済するぐらいなら、こどもの医療とインターネットを無料にするべきだ”とも言っている。

このアメリカは普通の国へ向かっている。累積した負債を返すまでは、臥薪嘗胆(がしんしょうたん)しかない。労組の巣窟、北西部の潰えた製造業(デトロイトなど)などは戻らない。だ・か・ら、かってのフロンティアに戻るべきなのだ。“GO WEST" と、幌馬車の隊列を組んだあの開拓者時代のアメリカ人に戻れ!だ・か・ら、子女の教育にもっとも力を入れなければならないのである。トーマス・ヱジソンを生んだアメリカだ。電話~自動車~飛行機~コンピューター~新製薬を開発したアメリカの再建は不可能ではない。

日本人は、まず、「独立自尊(SELF・RELIANCE)」から始めよ!そして、アメリカ人を激励しつつ、自分たちも、開拓者になれ!宇宙ステーション(ISS)に大型ロケットを送る日本の技術と、アメリカの先進技術に伍する国などない。独裁国家中国に傾く鳩山・小沢の民主党は劣等な人間の集まりなのだ。

特報

White House Slaps Tariffs on Chinese-Made Tires

Friday, September 11, 2009

( Washington Post 8:36 PM) In one its first major decisions on trade policy, the Obama administration imposes a levy of 35 percent on Chinese-made tires, less than the 55 percent recommended by a federal trade panel.


*これは大ニュースなのだ。ニューヨーク州の州都であるアルバ二イでは、安いタイアを製造する。中国人の時間給20セントには勝てない。失業したジョー(59)は、溶接工の学校へ行っている。卒業するころには、61歳だ。だが、溶接工なら失業しないから。この悲しい記事を読んだのは先週だ。オバマはどうするのかな?と考えていた。というのが、同じタイヤ製造業者が、広州に進出しているからだ。アメリカ企業が投資した製品にも関税をかけなければならなくなるからである。ついに米中貿易戦争が勃発するのである。もう、オバマは、なりふり構わないということだ。それにせよ、逆噴射思想の鳩山は低脳だな。伊勢


彼岸花

painted lady

今年も彼岸花が庭に咲いた。台風の季節に咲くので、「ハリケーン・リリー」という。やはりこの季節だった。志摩半島を、一両で走っていた「シマデン」の窓から、彼岸花の群生が見えた。夜更けになると、同じ線路脇に、黄色い月見草が咲いた。そこに、満月が昇る。“THE MOON ALSO RISES”だよな。お彼岸の秋だからかな?昔の日々~ふるさとの人々~泉下の父母や、兄・姉・わが弟を想う。11月に故郷へ帰る。伊勢爺 ルイジアナ

comment

りょうこ姉さま

「アメリカのくび木」はアメリカを覚醒させるためには知らさなければいけない。独善的なその傲慢を諭さなければいけない。

>>横から、とってもしつこく言い続ける外国人が居る事を知り、

何かをしつこく言い続ける人は、不満~義憤~あなたを傷つける~あなたを味方にしたい~自分の利益につなげる、、など、何かの動機を持っているのですね。その場合、返答としては、I am not interested in your subject so you leave me alone. Do you want to talk anything besides politics? とかですね。議論ゲームに乗らなければ良いわけです。

歴史の真実は知るべきなのです。それを以って、口論に備えるのではなく。それを以って、自分自身を強い人間にする。自分の精神力を鍛(きた)えるという理由で。伊勢

2009/09/16 03:47 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢おじ様、何度もすみません。
お風邪は大丈夫ですか?ゆっくり休んで下さい。
気になっていたのですが、
>東京裁判や、2都市原爆投下は、「アメリカのくび木」なのですね。と、
誤解させるような事、ごめんなさい。
横から、とってもしつこく言い続ける外国人が居る事を知り、何にも知らなかった私は、
逆に知るきっかけになったのですが・・・
知らない方が幸せだったのかもと、道行く人々みると思う事もあります。
ただ、真実が知りたい、その上で「先へ進める」のではないかなと、私は思っています。
ただそれのみです。
恨んで何が有りますか?私は何にも無いと思います。
2009/09/16 02:32 | りょうこ [ 編集 ]

みなさん

「夏が終わった」という宴会(日本人夫婦3組~アメリカ人ハズバンドの混血一家~こどもたち(小2~大学生)16名でやります。脚は、教授さん(2)~お医者さん(2)~原油技師(1)、、湖にロッジを借りた。出し物は、ジャメ~カ風焼き豚5キロ~スペイン風パエア~和風サラダ~パスタ~ケーキ~西瓜、、ワイン~ビールは、軍隊が来ても充分な量。これをもって、平和と言わない?だから、ブログの更新は、明日にするわね。

ML姉さま

「先へ進め!」わかってくれて有難うね。伊勢
2009/09/14 00:19 | 伊勢 [ 編集 ]

たびたび失礼します。
外国人参政権についてですが、「東アジア黙示録」さんの分析では予想以上に状況は悪化してます。
http://dogma.at.webry.info/200909/article_2.html

2009/09/13 18:19 | 望 [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/09/13 16:38 | [ 編集 ]

M.L.姉さま

上等のポークの脇肉の塊が、1ポンド(453グラム)で$1.8ドル(160円)です。ビーフも下落した。この意味するところは深刻なのです。つまり、「デフレ」です。このスパイラル回路に陥ると、「売れば売るほど、貧乏になる」という恐慌サイクルになるのです。だから、「安ければ良い」ということにはならない。経済ってのは、難しいものです。生物学(細菌から人間までの生き物)に似ていて、数学や物理学や工学ではないのですね。すると、母親(こどもを産む女性)の方が実質経済に目覚めているでしょう。わが父も、金策に詰まると、「かあちゃんや、へそくり貯めてないかえ?」と。は、は、は、伊勢
2009/09/13 15:09 | 伊勢 [ 編集 ]

M.L.姉さま

詳しいのね。鯨の保護は、地球環境のテーマのひとつに過ぎない。だけども、人間どもの起こす資源の取り合い~大掛かりな金融詐欺~社会主義(共産主義)VS自由主義~核拡散問題~移民問題~根深いレイシズム~イスラムによるテロ~エイズ~こどもを性の対象とする犯罪~あらゆる犯罪~現在、世界中で起きている格差社会の難題、、

読売が、鳩山~岡田~菅らが「理系」の教育を受けた内閣、または思考傾向が理数と書いた。ばかばかしい。米国史を振り返るだけでも、指導者が理数に明るいだけでは、不十分なことは明確です。指導者の能力の高さは、その演説の格調~人間としての説得力~実行力と言われる。ドクター・キング~リンカーン~JFKらの理想主義がいせは好きです。彼らは、人間の進歩を心底から信じていたのです。進歩の過程では犠牲も出ると理解していた。

東京裁判も、原爆投下もアメリカ人は解決済みのスタンプを押したい。だが、知的日本人には、黙視できない未解決問題。とくに、日米が「重要な二国間同盟関係」ならば避けては通れない。「過去だから、」としたいが、「いや、過去ではない」と、それも首相などの為政者が率先して解決するべき二国間の支障です。これを日本が唱えると、ほしゅもサヨクも一緒になって、「日本は侵略国家だった~慰安婦を強制連行した~中国人を大量に殺した」と言い返して、ウヤムヤにする。日本人の頭を押さえる~日本の腕をねじりあげる。夫々の国が違った意図を持って日本をハラスする。特に、アジアの安定を考えるときには、日米二国間の大きな「棘」になっている。

ぼくが「振りかえるな。前進せよ!」というのは、「忘れろ」ということではない。「損して得する」したたかな国民になってもらいたいからです。そうでないと、生存競争に負けます。さらに、かっての黒船も、捕鯨も、原爆も、日本人の日常生活に支障となる問題ではないからです。だが、日本の為政者は、経済関係(貿易・投資)を優先して、この反米感情を無視してきた。それをアメリカ人の為政者も熟知していて、日本人の反米感情を知りながらも無視してきたのです。

このエントリの“YOU LIE" ですが、WILSON議員は、“自分の感情のベストを吐き出したかった~不適切ではあった。だが、議会で謝罪などしない”と断言している。ペロシは一端、「前進しよう」と呼びかけたが、「当該議員を弾劾しよう」に変身した。一方の共和党は、最初は当該議員の“OUT・BURST”を非難したが、「彼の言いたい気持ちはよくわかる」として、弾劾には加わらない。

このように、同じ米義かの議員同士でも、政治は難しいものです。ましてや、その国家の力に雲泥の差のある日米間では。われわれ日本人は、やはり振り返らず、先へ先へと進みましょう。勝たなければならないからです。伊勢
2009/09/13 13:50 | 伊勢 [ 編集 ]

訂正です・・・なんと、1キロのビーフには8~11キロの飼料が必要のようです!  肝に銘じます
2009/09/13 13:04 | M.L. [ 編集 ]

伊勢 様

はい、確かにIWC設立以降はそうです。 が、私が指摘したのは1853年以降IWC以前のことで、しかも直接日本に影響したのはアメリカです。 私はけっして反米でも嫌米でもないことを表明しておきますね。 その上で、やはり指摘しておきたいのは、鯨油目的の捕獲を調整する必要が生じ、IWC設立以前の1932年に規制が行われましたが、これが大雑把な方式だったためにシロナガスクジラやザトウクジラを激減させてしまったようです。 1946年12月2日、ワシントンDCにおいて国際捕鯨取締条約が採択され、日本は1951年に加入、ちなみにカナダは1982年に脱退。 やはり鯨油目的の乱獲がIWC設立のきっかけです。  鯨は低脂肪で良質なたんぱく質。 牛肉は1キロの肉を得るためには3キロくらいの飼料が必要といわれています。 どちらであっても自然の恵みに感謝して「足るを知る」ことが大事ですね。 
2009/09/13 12:00 | M.L. [ 編集 ]

ML姉さま

いいえ、アメリカも、カナダも、北欧も、捕鯨国は、IWCという機関で討論して捕鯨の種類~数制限に合意してきたのです。「アメリカは、、」「日本は、、」と国家ごと総称で呼ぶと語弊が生じる。反対しているのは、環境保護団体という偽機関だけです。彼らは、アウトロー。ミックスしないようにお願いね。伊勢
2009/09/13 07:18 | 伊勢 [ 編集 ]

アメリカの黒船が日本にやってきたのは当時鯨から油をとるために捕鯨していたアメリカが燃料補給のために日本が必要だったからと読んだことがあります。日本の捕鯨文化は鯨に感謝し余すところなく大切に利用します。私のふるさとでも同和の人たちが鯨の筋を利用してテニスラケットのガットを作っておられました。(良質で有名でした) それに比べてアメリカは油をとったらあとは全てごみ。鯨の数が危機的に減った原因はアメリカがマーガリンを作るために鯨をとり過ぎたからと聞いています。しかし今、日本の捕鯨文化を悪者扱い・・・いつの時代も「強い者の正義」がまかり通っていますがお天道様はそれを永遠には許さないようです。
2009/09/13 05:33 | M.L. [ 編集 ]

GRANMA

中山成彬前国交相が、米下院の慰安婦決議にも反対声明を出しておられたので記憶にある。自民党は、解党するべきだ。もはや、政党である理由が見つからない。

今、ウチのに、「第二次大戦での日本の貢献」を話したら、よく理解した。靖国(彼女は2回詣でた)が、形式が、アーリントン戦没者墓地と同じではないことと、国民の心としては同じであることを説明すると、ようやくわかった。

「キリスト教徒は独善が強く~自分たちのスタンダードを押し付ける~さらに、後進のアジアを見下げている」と言うと、「そんなことない」と。「よくアメリカ人のリベラルは、何故、日本人は、鯨を殺す?」と聞いてくる。「アメリカ人が牛を殺して、ビーフステーキにするのと同じように、日本人は鯨をハントして鯨肉を煮て食べてきた。それが伝統なのだ」というと理解した。自殺を、「敗北者の選択」と禁じているキリスト教徒は、神風~切腹~自爆テロの行為が理解出来ない。正義に殉死することが理解不可能なのです。その行為を「神に昇華する」ではなく「単なる敗北者」と看做すからです。そういうと、「ふ~ん」だってさ。「東は東、西は西」かも知れない。東京裁判や原爆投下を、「間違いだった」とアメリカが認めることはないです。心中では、そう思っていてもです。伊勢
2009/09/13 04:28 | 伊勢 [ 編集 ]

みなさん

茂木弘道先生からメールがあった。

>>『パル判決書の真実』(渡部昇一著/PHP)の英訳のアップに続き、このほど『パル判決書』原文(国書刊行会刊)全文が、われわれのサイトにアップされ、下記の通り、世界のマスコミ、学者、識者4000名余りに紹介されました、、(史実を発進する会)

「東京裁判は不当だった」とマッカーサー証言。東京裁判は、日本人に不当な「罪」を着せた。そして、日米間の大きな未解決問題(アメリカが不当裁判だったと認めない)として現存する。だから、日本人には反米感情があるのですね。

ロシアに、「タタールのくび木」という言い伝えがある。蒙古系民族の侵略と冷酷な支配への恨みが永遠に存在する。東京裁判や、2都市原爆投下は、「アメリカのくび木」なのですね。もうひとつの「くび木」が占領軍民生局(米国のサヨク)の自虐教育。アメリカに都合の悪い記録を梵書した。つまり、日本人に「侵略国家」という罪悪感を植えつけたのです。日教組がそれを遺産にして、サヨク勢力を拡大した。「日教組のくび木」となった。「隼ソサエテイ」は、サヨクの集団による「日本民族レイプ」を拒絶する。伊勢
2009/09/13 04:03 | 伊勢 [ 編集 ]

「パ゚ール判事の日本無罪論」は、

節に日本人なら、正に、読んで欲しいです。節に、願います。
文句ある奴あるなら出て来い!!です

日教組は癌、 日本人の癌です。

私の北海道出身の主人なのですが、ビックリしましたが「君が代」を知らなかったのです。教えてと・・・
私はかろうじて知っていましたが、ここは日本国ですが・・・
2009/09/13 02:07 | りょうこ [ 編集 ]

>日教組は日本のガン」といわれた、
自民党前職の中山成彬前国交相は不出馬から一転して衆院選へ
の立候補(落選)をされたために自民党宮崎県連から除籍処分されました。

拉致被害担当の中山恭子さんのご主人です。

なんで、こんな事が続くのかです。
助けて本当に、日本男児 大和魂は永遠です・・・よね。
2009/09/13 01:28 | りょうこ [ 編集 ]

次々とでてきますね。「日教組は日本のガン」といわれた自民党前職の中山成彬前国交相は不出馬宣言から一転して衆院選への立候補(落選)をされたために混乱を招いた、ということで自民党宮崎県連から除籍処分されました。拉致被害担当の中山恭子さんのご主人です。

外国人参政権は憲法違反の可能性もあるようです。どうなるのでしょう。
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/41780462.html
2009/09/13 01:09 | GRANMA [ 編集 ]

教員免許の更新制度廃止へ 民主・輿石氏が明言 9.12 23:51
http://sankei.jp.msn.com/topics/politics/1424/plt1424-t.htm

 民主党の輿石東(こしいし・あずま)参院議員会長兼代表代行は12日、甲府市内で記者会見し、今年4月に導入された教員免許更新制度の廃止に向け、来年の通常国会にも教育職員免許法改正案を提出する考えを示した。教員免許更新制度は安倍晋三内閣が教育再生の目玉として導入を決めたが、民主党の有力支援団体である日本教職員組合(日教組)が強く廃止を求めてきた。政権交代により教育改革路線は一気に後退する公算が大きい.
2009/09/13 00:58 | [ 編集 ]

「米中タイヤ紛争」 英語ですが、読んでください。「ついに」という印象です。伊勢
http://bomanchu.blog81.fc2.com/
2009/09/12 22:15 | 伊勢 [ 編集 ]

望さま

グリンスパン~ポールソン~ガイトナー~コックス(米証券委員会議長)などの、リーマンブラザース放任に比べて、小沢は小悪党。死んだエドワード・ケネデイ~ペロシ~リード~(オバマは無言)の違法外国人永住権付与(伊勢爺は、絶対に通らないと確信がある)に比べて、小沢の外国人参政権付与は、ゴマのハエ(スリのこと)の売国行為。だが、通させてはならない。この法案を持ち出したときに、小沢を政権から追放しなければならない。あらゆる方法で法案を葬らなければならない。しかし、日本の愚民はどこまで理解しているのやら?伊勢
2009/09/12 20:46 | 伊勢 [ 編集 ]

ニュースソースです。
http://milfled.seesaa.net/article/127859409.html
”■小沢氏、永住外国人への地方参政権付与実現に意欲(日経ネット)”
他にも産経の阿比留記者がブログでこの件に触れています。
2009/09/12 19:40 | 望 [ 編集 ]

いつも楽しく拝見いたしております。
さて、小沢一郎が外国人参政権法案を国会に提出する云々と言い出しましたね。来年の国会で、とか言ってますが、めくらましでしょう。この秋の国会で出してくるはず。狙いは、先ずは、公明党の取り込み(社民・国民新党との連立なんて長続きしないと小沢は読みきった)でしょう。
ブログ、mixi等で、以下の動画のコピペ拡散、お願い致します。
やはり文章より動画のほうが話しが早い、というところがあります。

外国人参政権反対!ねこ漫画フラッシュ
http://www.youtube.com/watch?v=iHz2gCYOv0c

外国人参政権の恐怖 【成立する危険性が出てきました
http://www.youtube.com/watch?v=OB2Ys3mUb0I

勝谷氏がラジオで在日免除利権と外国人参政権を語る
http://www.youtube.com/watch?v=YLt2QOG87NY
2009/09/12 19:39 | 望 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する