2009/10/12 (Mon) NHK番組「核廃絶は可能なのか?」
みなさん

伊勢爺は、「パキスタンの核が最も大きな脅威だ」と理解している人間です。NHKが、「核について、討論会」を放映した。隼でも、意見を交換しましょう。伊勢平次郎 ルイジアナ

http://www.youtube.com/watch?v=ZJ3Xo8TK1kI   8部

http://www.youtube.com/watch?v=DNfixXYQMX0    11部






USD dangerously falls 10.12.09
"USD( 米ドル)が増刷されて洪水を起こしている" ブルームバーグは「鉄砲水」と書いた。「ドル安を導く」のが、ガイトナーの政策だから。この男は、日本~中国~アメリカ国民までも裏切る考えを持つている。理由は、ドルを切り下げないと借金の利息すら払えないからだ。輸出国の外為保有量は増えるばかり。中国はどこまで我慢するのだろうか?ドルが大量に売られれば、インフレは必死である。インフレは地球上の誰をも苦しめるものである。かくて、第三次大戦が起きるのである。

パキスタン陸軍司令部が襲撃された翌日、パキスタン国軍の輸送部隊が襲われた。41人が殺された。DR.ランガン(インド人)は医学研究者。伊勢爺の水泳友人だ。“パキスタニ・タリバンは、1000人ぐらいのテロ集団と。だが、資金も、武器も充分に持っている~インドは独自のタリバン掃討戦を計画する”とプールで語った。

南部連邦のバラ

Confederate Rose
CONFEDERATE ROSE(南部連邦のバラ)が、わが家の庭に咲いている。名前の由来だが、南北戦争時代(1861~1864)、始めは白かったシャツが~やがて、ピンクに染まり~最期には、鮮血の赤い色に染まっていった。戦死した兵士たちへの、南部人の想いを伝える花となった。伊勢

comment

kenjiさま

日本人は、勤勉実直で、平和を望む民族だが、まだまだ平和は遠い道なんだ。日本人をの精神状態をブログや、新聞記事や、TV討論などで観察すると、いわゆる修行が不足であることが明白です。それに感情を制御できない人が過半数おる。これでは、日本を守る気概どころか、義を見てもせざるとなる。さらに、鳩山・岡田らの不労貴族らは、戦線離脱でも、敵前逃亡でもやる。「自分さえ良ければ」という姿勢が見える。これが、エリートのつもりなんだから、、

一方のアメリカの大衆も、政府も、「アメリカは例外(EXCEPTIONISM)」だと傲慢。だ・か・ら「どこまで付き合うのか?」が疑問。アメリカから独立するのはたいへん難しいのです。ここが、悩ましいところ。

日米は一端その同盟関係を停止したらどうか?そうすれば、お互いの重要さが理解出来るんではないかな。結婚生活にも倦怠期があるわね。怒鳴りあって~荷物持って出て行く。そして、別れて初めて、涙する。こういう試練を経ないと人間は向上しないものです。伊勢
2009/10/14 15:23 | 伊勢 [ 編集 ]

>ドルを下げ~生活水準を下げる方を選ぶ。つまり、米国民がアメリカを再建する。

亜米利加はGDPを下げた時の国内の影響より、其れによって影響を受ける外国のほうがおおきい。たとえて言うとGDPがアメリカは3パーセント減ったとすると、外国はその三倍9パーセント減る。仮に20パーセント減ると60パーセント減る。そのときから回復し始めれば、あっという間に再び、大国である。私はその作戦をアメリカはとると見ており、其れが戦争に勝つやり方の基本方程式だからである。

 多くの日本人は忘れているが確かにアメリカは対日戦争をもくろんだが、其れは決定打ではない。決定打は我国が真珠湾攻撃をしたという事実である。つまり日米関係を破壊したのは我国である。この自覚が先の大東亜戦争についてのいろいろな本にはない。従って私はそのような自覚のない本は参考にはなるが、戦争に元は何かの考察にはあまり役に立たないと思っている。
 大東亜戦争に至る前の段階を見ると、当時の日米安全保障条約であった、ワシントン軍縮体制があるが、これを推し進めたのは加藤友三郎氏たちだが、結局この条約を廃棄したのは我国である。亜米利加は延長したかった。内心は日本は何を考えているのだろう。せっかくワシントン体制で世界の海を分割して、それぞれに分け前を与えるものなのに、ソレヲ破棄するとは、さらにほしいなら、交渉で何がほしいか言えばいいのに、それを言わずに。今後逆立ちしても世界各国は米英日三国にかなう海軍など作れるはずはない。こんなに有利なものをと思ったことだろう。
 大恐慌はいつか終わる。其れまで我慢することはできないのか。日本の貿易は伸びているのに。

 たかがこれだけの恐慌に5年くらい我慢することはできないのか。
 大東亜線前、史那へと我国はすすんだが、今回もまったく同じである
 
2009/10/14 13:13 | kenji [ 編集 ]

憂国の沖縄県民さま

「パキスタンの核」は日本人には難題なのかも知れない。だが、来月12日、オバマは、鳩山を「アフガニスタンで協力するのかどうか?」「自国の防衛は自分でやるか?」と聞かれる。その回答によって、日米関係を評価し直す。つまり、日本は岐路に立ったということです。この経済危機の時代に~この核脅威の時代に、日本国民は一番まずい選択をした。

>>昔から、タリバンはパキスタンの核兵器を狙っている理由を含め、アメリカは必死になってパキスタンに軍事援助をしていたはずです。

いいえ、援助は、911事件からです。パキスタン国民は、USを信用していないのです。丁度、日本国民に反米感情があるように。これが、アメリカのアキレス腱。それにせよ、ブッシュは低脳だった。

>>無能なオバマは核廃絶とうたっているがもしかしたら日本や同盟国に秘密裏に核兵器の転売をする可能性だってある。

それは不可能です。

>>そうすれば大義は立つし、外貨は増え維持コストだって削減できる。

ドルを下げ~生活水準を下げる方を選ぶ。つまり、米国民がアメリカを再建する。

>>皆さんあまり知らないだろうが、中国はアメリカに中古の空母を売却して欲しいと水面下で動いているらしい。

「鳩山は、日米同盟を遵守しない~反米政治家」と受け取られた。すると、米中接近は必至。伊勢
2009/10/13 17:19 | 伊勢 [ 編集 ]

昔から、タリバンはパキスタンの核兵器を狙っている理由を含め、アメリカは必死になってパキスタンに軍事援助をしていたはずです。

無能なオバマは核廃絶とうたっているがもしかしたら日本や同盟国に秘密裏に核兵器の転売をする可能性だってある。

そうすれば大義は立つし、外貨は増え維持コストだって削減できる。

皆さんあまり知らないだろうが、中国はアメリカに中古の空母を売却して欲しいと水面下で動いているらしい。

隣が日本の知らないうちに動き始めています。

私は核武装は日本の軍事力を補完する上で持つべき『必要悪』だと思います。

2009/10/13 12:24 | 憂国の沖縄県民 [ 編集 ]

kenjiさま

BBC/AMERICA が、ABCアンカーのテッド・コッペルをインタビュー。"パキスタンの核物資奪取が、タリバンの目標"だと。オバマは、日本政府を待たない。日本を守る理由がなくなった。日米同盟の終焉です。伊勢
2009/10/13 11:34 | 伊勢 [ 編集 ]

>鳩山民主党政権は、「テロとの戦争」において、「人道・復興支援しかしない」と明確となった

 一体何様だと思っているのかに尽きる。
逆に言えば、高等戦略で、核武装をすることを狙っているか?
 わざわざさらに金が要ることを岡田氏は述べているから、鴨が来たーが常識だろう。
 自らの妄想と、国家の生存との区別がつかない。
この人、大人?。
長野リレー事件のようなことがおき(「私は起こすと見ている)で史那人10000人くらいを機関銃で撃ち殺さなければならに事態が来る可能性があるというのに。
 おだてられて我国は大国と思っている。岡田氏は。
中共もしたくない戦争を我国の国防状況が脆弱なために、国内事情からする可能性がるのに。

倒閣をしないと。
2009/10/13 09:47 | kenji [ 編集 ]

>>パキスタンのギラニ首相は11日夜(日本時間12日未明)の岡田外相との会談で、日本に給油活動の継続を求めた。これに対し、岡田外相は12日昼(日本時間12日午後)、クレシ外相との会談で、「給油活動延長には新しい法律がいる。民主党は従来国会の中で反対しており、連立与党の中に強く反対する社民党がいる」と説明し、理解を求めた。

>>岡田外相は12日午後(日本時間12日夜)、パキスタン・イスラマバード市内でザルダリ大統領と会談した。外相は、アフガニスタンに隣接するパキスタンの安定化に向け、日本が4月にパキスタン支援国会合で表明した10億ドル支援の一環として、電力部門での支援を表明した。

鳩山民主党政権は、「テロとの戦争」において、「人道・復興支援しかしない」と明確となった。すると、米議会では、「日本に軍事支援を行う必要はない~経済関係も見直せ」という議論が出る。日米軍事及び経済同盟は崩壊するだろう。この日が来ることを伊勢爺は待っていた。日本が、核武装も含めて、いよいよ自主防衛を真剣に考える機会なのだ。日本人の根性がテストされる。伊勢
2009/10/13 08:07 | 伊勢 [ 編集 ]

「USDの洪水」英語です。
http://bomanchu.blog81.fc2.com/

日本人が「核保有の是非」で、不毛な口論をしているうちに、世界は激変する。1)日本抜きに、米欧軍はアフガニスタンに増派し~パキスタンのワジリスタンを爆撃し~パキスタン東北部にいずれ進駐する。2)米ドルはさらに下落する(ドル安が政策だから)~日本円は高騰し~日本の輸出産業は、中国とアメリカへ出て行く~日本の経済は、鳩山政権下で沈下する、、

世界はね、日本が核を持とうが持たないだろうが、どうでも良いのです。生存を決めるのは日本人だから。オバマが核廃絶をプラハで演説したわけは、核軍縮によって、維持費を下げることが目的。うかれて、オバマを崇拝する?愚の骨頂だよ。核技術はなくならないわけだから、核廃絶は願望に過ぎない。日本人はアタマが悪くなっているね。伊勢
2009/10/13 02:10 | 伊勢 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する