2009/10/16 (Fri) 「1ドル50円」の時代がくる
usd (Small)

“来年、$1ドル(USD)は、50円(JPY)になるだろう~そして、米ドルは世界の基軸通貨の地位を降りる~現時点の貿易収支のパターンを観察すると、まもなく、二番底に陥る方向だ”と、三井住友銀行のチーフ戦略家が言っている。今日のエントリは、米ドル一極だった世界基軸通貨の終焉とします。伊勢平次郎 ルイジアナ






ドル機軸通貨の終焉

Oct. 15 (Bloomberg) – “US の経済は、2011年に入ると一段と劣化する。消費の行き過ぎ(輸入超過)と金融バブルがなかなか立ち去らないからだ”と、日本で三番目のメガバンク、三井住友の宇野大助氏は語る。“ドルの下落は、世界通貨システムを変えない限り停まらない”と。

先週、ドルは、日本円に対して記録的に下落した。原因は、米政府の借金だ。経済を刺激するために利息をゼロにしているので、ドルの需要は下がったのだ。今年、グリーンバック(米ドル)は、メジャー六カ国に対して、15%も下がったのだ。

“われわれ金融界は、もはや、米ドル(USD)の下落を止めることはできない”と宇野氏。この金融界のストラトジストは、昨年のリーマン・ブラザースが破綻したとき、いち早く、「日本円は、100円以下となり、NYダウは、$7000以下となる」と予測した。“もしも、ドルが、今の為替レートよりも下がる(88円とか)ならば、ドルは暴落する。そのときには、国際介入(ドル買い支え)という薬も効かない”と。

中国・インド・ブラジル・ロシア(BRICS)は、今年、「ドルに代わる基軸通貨を」と叫びだした。イラン中央銀行の、ホセイン・ガザビ副議長は“イランの外為は、ドルを捨てて、ユーロに切り替えた”と。

エリオット波状(Elliott Wave )

グリーンバック(USD)は、1971年に始まった「スーパー・サイクル」に、まっしぐらに向かっていると宇野。エリオットの波状という理論のことである。「三歩進んで、二歩さがる」という、五つの「波」の、予期が可能なパターンのことである。(*なんか、よく判らないが、ネーミングと思う。まあ、アバウトに行こうや。伊勢)

“現在のドル(USD)は、40周年がサイクルの、第五波である。第一波の終わりだった1973年3月、ドルは92円に下がった。今の波状では、50円に進んでいる。92x0.764=70.288という「フィボナッチ結果論」の計算だ。この70を2007年の123.17から差し引くと、52.882となる”と宇野。

「エリオットの波状」は、会計士だった、ラルフ・ネルソン・エリオットが、1930年代の世界恐慌時代に考え出したものだ。波のサイズは、13世紀の数学者であるレオナード・ピサノ(Leonardo Pisano )の「フィボナッチ結果論」と呼ばれる統計学で弾きだされたものである。

宇野氏はこう語った。“ドルが基軸通貨の地位を降りるとき、アメリカ~ヨーロッパ~アジアは、それぞれの経済ブロックを形作る~IMFのSDRなどが暫定的に使われる~そして、為替取引は長期に渡って収縮する”と。

1ドルが50円?

Yen drop and stock rises 9.9.09

「日本円は高騰する」という金融プロの予測は恐ろしい。海外へ、個人が投資するということほど難しいものはないからだ。1980年、日本のバブルが膨張~北米買いが起きた~そして、1991年、風船は弾けた~株式市場は、四分の一となった~日経企業は北米から撤退した~日本では、銀行や証券会社の連鎖倒産が起きた~失業者が溢れた~多重債務者の自殺が増えた~やがて、日本が買われた、、同じ徹を踏んではならない。伊勢爺

(解説) ああ、恐ろしいこっちゃな。日本の輸出産業は海外へ出るしかない。再び、北米不動産買いまくり~米銀買収が始まる。日本人はな、英語~中国語~スペイン語を学習すべし。日本にいては生き残れないよ。伊勢爺さんがな、世界をご案内シヤス。伊勢平次郎 

comment

 乞う、「プラネッツ住専」・・検索。
 
 YAHOO知恵袋・・回答受付中、500点。
 
 
2011/02/02 17:01 | 山中 雅和 [ 編集 ]

幸平さま

もっと深刻だと思いますけど?あれこれをごった煮にして推考せず、まず、失業者の数~差し押さえられたホームの数を考えて見ましょう。これらが減らない限りは、経済が平温になったとはいえないのです。この惨状に至ったプロセスを辿らないといけない。レーガン~ブッシュ(1)~クリントンはOK~ブッシュ(2)~オバマの巨額支出が原因です。サイトで、赤字国債の表を見れば判る。さらに、政府の政策とは、別に、大企業は資金を設備投資として技術ともに、日本の外に移す。伊勢
2009/10/19 18:38 | 伊勢 [ 編集 ]

アメリカや日本が、破綻すると騒ぐのが好きな方々が居りますが、アメリカは次のビジネスモデルを既に考えているのではないのですか?マイクロソフト、マッキントッシュ、グーグル、アマゾン・・・ネット関連はアメリカですよね。環境ビジネスでも指を咥えて眺めてたりはしないでしょ?アメリカが破綻するなら、ユーロはもっとヤバイですよ。
日本も「円高になると、輸出依存体質だから経済がダメになる。」と騒ぐ方がいますが、輸出依存度で云えば、ドイツや中国のほうが先にダメになるでしょう。
日本が恐れなければならないのは、財務官僚に乗せられて、この不況時に「財政健全化」「財政均衡をはかる」などと言う言葉に騙されないことです。
橋本総理も小泉総理も見事に騙されて、GDPはマイナス成長、地方経済は疲弊し、自殺者急増。
それでも赤字国債が無くなれば良いが、逐次投入で増える一方、こんなことなら、補正予算もいれて110兆円でも120兆円でも、企業と国民に効率よく資金を回して、内需拡大と景気回復させれば、税収も増えるし、新たな市場ができて国際経済にも貢献できるんじゃないの?
中国は上海とか沿海州だけの独立国なら、すごく期待できるけど、現状はマスコミが騒ぐほどの経済大国ではないし、統計資料も不透明で「元」は偽札の率が多すぎてハードカレンシーに成れない。
2009/10/19 00:09 | 幸平 [ 編集 ]

普通の日本人さま、 ポトフさま、

まだまだ、びっくりする展開が待っているでしょう。今、議論すること~今、憶測することが、ひっくり返ることが起きるでしょう。

伊勢の主観では、「アメリカは簡単に破綻しない」ということです。まず、アメリカ国民は強い人間集団なのです。その強さを査定することは不可能です。だが、ぼくは熟知している。その根幹は、「神との契約」です。同じことが、イスラムの「アラーとの契約」があるわね。日本人にも、昔は「八百万の神との契約」があった。「共有価値観」などと言うが、根底にあるのが「神との契約」です。ユダヤ人も同じです。

オバマには、このキリスト教徒の「強さ」が理解できない。だ・か・ら、躊躇(とまどう)う。放蕩人間の鳩山も同じ。日本民族は修行が足りないのです。伊勢
2009/10/18 15:24 | 伊勢 [ 編集 ]

1ドル50円時代の到来までは行きつかないよう思いますね。中東も中国、ロシアとバスケット制でドル、ユーロ、日本円などへ分配管理、既に米ドルの基軸通貨としての価値否定を行ってきていますが、それ以上にペーパーマネーの価値、体制の限界と言えると思います。一部の人が知価革命といった、ここまでの近代工業国家で求めた、物量的価値が崩れると言っていますがそう思いますね。ユーロの信頼がもう少し強いかと思われましたがそうならなかった。それでも米ドルだったりしている状況を見るに、BRICS各国が訴求しても、日本も麻生総理でさえ米ドルの基軸通貨価値に疑問があっても、代わる国際通貨が見当たらない。米国債の最大持ち主である中国がようやく近代工業国家になりつつあって、成長する段階で、世界経済の中心となりかけているところにマイナス要因となる動きは抑制されるはずで(中国国内の政治情勢不安など別要因は無論ありますが)、経済では共闘できる日本も、ドル価値の極端な流動からくる、投資減退防止、資産価値減退回避、輸出黒字の維持など歩調を合わせるでしょう。
日本の近代工業国家の最適性は誇っていいところと思いますが、米国同様成熟しており、価値の転換を求められる中で、2025年あたりには基軸通貨もそうですが、中国とは異なり、近代工業国家とは違う価値観が社会に生まれているのでは。
2009/10/18 03:19 | 普通の日本人 [ 編集 ]

私も経済には詳しくないのですが、アメリカの財政赤字の桁には、おっかなくなります。日本でも「129兆円」という恐怖の見出しがヤフーニュースに載りました。

なお、私は鳩山内閣の東アジア共同体なる提唱が、反米左翼の妄執の受け皿として言い出した、思いつきのでまかせであることを知っています。潜在的な敵性を隠そうともしない隣人と、利害の一致する共通話題などありはしない…と思っていたのですが、今回の話題をうけて唯一、「日中は米国債の引き受けのツートップ」という事実に気づきました。下世話な表現でいえば、借財の貸し手として取りっぱぐれのないよう、勝手に破産宣言されないように借り手を監視する、という部分。ここだけは、日中は手を結べるのです。

世界最大のフリーダム&デモクラシー国家として自他ともに認めてきた国が、一党独裁の覇権国に借金をする。これでは、ゴッドファーザーに警官が借りを作ったようなもの。前代未聞ですね。
「借金の規模が大きいと、貸し手と借り手の立場が逆転する」とはよく言われますし事実そうなのですが、それはあくまでも返還の意志とアテがあればの話。現状では、そこが見えてきません。

先日も書きましたが、パキスタンやアフガンでの、ゴールのみえない非対称戦争の類なんぞ、もはややっている余裕がないのではないでしょうか? スペインでしくじったナポレオンのようなケチがつくだけなので、お勧めできません。アメリカは今は延命を考え、外野席の嘲弄を気にせずに、みえみえであっても適当に面目を保つ口実をこしらえて撤収するのがベターなチョイスだと思います。

オバマも平和賞をうけて、ただでさえハードルの高い砲艦外交の決断は、まず出来ない身の上ですしね。核弾頭の維持保管能力・投射能力をテロリストが獲得するのは技術面で困難ですから、正規軍の増派は国費の乱費です。それよりも情報機関と少数精鋭の工作部隊を投射するのが、仮に実効性が低いにしても、ともかくも低コストだと感じる次第です。
2009/10/18 01:43 | ポトフ [ 編集 ]

 円がいくら高くなっても大丈夫。輸入する時に円高。
輸出する時に円安であれば、大変結構な事。為替予約
を活用すれば、年4回大変動すると都合が良い。

 円は徐々に高くなりながらも比較的安定。財務連邦
3省16チーム通貨「リーグ」季節大胆変動相場制。
2009/10/17 19:44 | 山中 雅和 [ 編集 ]

 イルクーツクでプーチンと胡錦涛、鳩山が会談する。
エニセイ&バイカル&アムールで国境を引く。鳩山が
「友愛・・言う事を聞かないとモスクワは火の海だ!」
プーチン&胡錦涛大笑い。鳩山「本気だぞ」また爆笑

 
2009/10/17 19:34 | 山中 雅和 [ 編集 ]

Senate Minority Leader Mitch McConnell (R-Ky.): "Congress simply can't continue acting like a teenager on a spending spree with his parent's credit card with no regard to who pays the bill."

“米国議会は、ティーネージャーが、親のクレジット・カードで、誰が払うことになるかも考えず、バカスカとショッピングするような真似はできない”とマッコーネル野党議長は、オバマ民主党を叱った。伊勢
2009/10/17 14:01 | 伊勢 [ 編集 ]

kenjiさま

良いポイントです。ただし、湾岸油田国らの持ってる外為は限界なのです。ユーロに切り替える可能性がある。今、起きているのは、世界中のペンション・ファンドが、スイス銀行に相談に押し寄せているという異変です。基軸通貨とは、安定して初めて、WORLD・RESERVED・CURRENCYなのですね。USドルは、降板するべきです。プレミアム(特益、機軸であるだけで、60%の価値が付加されるとのことです)を失うが、、根性あれば、ドルそのものは戻る。基軸通貨はIMFのSDRのようなものになる?人類未踏の世界ですね。伊勢
2009/10/17 12:59 | 伊勢 [ 編集 ]

Mephist先生

ぼくも、50円時代は来ないだろうと思うんだが、88年のレーガン政権の終わりの年に、ミルトン・フリードマン(二年前亡くなった)の自宅(SFのぼくらの住む町に住んでいた)を訪ねた。借金が膨れ上がって~当時$6兆ドル(GDPの60%)~1ドル=80円台になっていた。「どんすか借金が膨れて、米国債が売れなくなったらどうする?」と聞いたらね、「アラスカの国有林を売る~米軍基地を売って減らす~移民を1億人、10年かけて入れる、、」とさ。

現在の借金状態は、11兆、9510億ドル。そこへ、ほぼ同額のクレジットカードの未払いがある。合計で、$22兆ドルと。このほとんどの不良債権をバンカメが持っている。それで、今朝は、バンカメの株急落した。ダウは$9000台に戻った。

アメリカの資産対照表は実に雲の中。つまり、ケンタッキーの土蔵の中の、$1ドル金貨だが、ゴールドの実勢価値は、1オンスが$1060だのに、$1ドルと計上している。アラスカの油田、アラスカの国有林、ルイジアナの海底油田など査定のしようもない。判っているのは、GDPに対する経常赤字(現在80%)~クジットカード未払い(ほぼ同額)~下落中の住宅価値~差し押さえ物件の損額総数~失業者大増加中、、ここで、67年に、25歳の伊勢青年が見たロスの黒人暴動を想い出す。ビルの屋上からライフルで警官と撃ちあい、ついに、国防軍が出動して射殺。つぎの年、ワシントンへ行ったら、街中のビルが燃えていた。軍が出ていて、ワシントン市内には、入れなかった。原因は、ベトナムから復員した黒人兵の失業を真剣に取り上げなかったジョンソン政権の怠慢だった。

昨日から、オバマらは、「国債が売れなくなるときの、年金の在り方」を討議している。ぼくらセニアは、毎年、インフレ分を加算されているのを打ち切る考えだ。その代わり、一人$250毎年払うという。ぼくが必要とする薬は、毎年、倍額になっているのにだね。4年で、3倍になった。平均年金受け取り者の30%が薬に支払われる。ぼくの場合は、1年間で$2200だ。すると、$250では足りないわな~高齢者は切り捨てられるということだ。オバマ民主党は、恐ろしい反撃を食うよ。

MORTGAGE・BANK・ASSOCIATIONのチーフが、“本年末に失業率は10、2%に達する~来年の前半期は、再び経済は後退する~後半期、少々は持ち直すも、失業率は下がらないか、上がる~2012年まで、失業率は改善しない”とですよ。

ところで、バカヤマ首相は、国債は売れないこともあること知ってんの?失業者50万人ばかりな、国会議事堂の前に集まれ!でも、火付けんなよな。伊勢
2009/10/17 12:47 | 伊勢 [ 編集 ]

残念ながら50円にはならないでしょう。
理由はただ一つ、鳩山がアホだからです。

【藤井財務相、概算要求「このままじゃまずい」】
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20091016AT3L1607616102009.html
95兆円の概算要求が省庁から出され、財務省は税収を40兆円未満と査定しましたので、38兆程度と見込めば57兆円の国債発行となりますね。

おかげさまで、USDJPY90.30位から91.20くらいまで急落してます。
ちなみに麻生の予定予算は88兆円です。
まぁ、財源は有ると断言してバラマキ+人気取り政策掲げて当選したわけですから、当然の帰結です。
ネガキャンと騒がれた自民党の広告が現実のものとなったわけで
『民主主義とは、自らの自由意志で、自らを貶める政体のことか?』
こんな某アニメの台詞が頭をよぎります。
2009/10/17 00:21 | Mephist [ 編集 ]

経済のことはよく判らないが一ドル50円という事は我国は輸出する商品がなくなることを意味する。そのときはドル体制が崩壊する時だというが、湾岸諸国はどの通貨で売るかに尽きる。彼等は国の生存をアメリカに依存している、従がって損をしても、ドルだろう。
 つまりドル体制崩壊は湾岸諸国の存在にかかっている。
アノあたり一体がイランに支配されるならそれは別だが、彼等も計算高いから、弱いドルを利用するだけだろう。
 ドル紙幣と、ドル体制は異なるが、アメリカが金融を絞り始めれば、即座にドル高になる。それが多分近いから、ドル高になる。
2009/10/16 21:37 | kenji [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する