2009/11/07 (Sat) 衆議院TV・参議院TVを見よう
shitugitouben 11.2,3,4
衆院予算委員会で自民党の下村博文氏の質問に答える鳩山由紀夫首相(5日、衆院第1委員室)  夢遊病者とチンパンジーの雌だ。伊勢平次郎 ルイジアナ







鳩山内閣、不一致露呈。左派色あぶり出され
 (11月6日7時57分配信 産経新聞)

国旗国歌や夫婦別姓:自民の作戦奏功

鳩山由紀夫首相は5日の衆院予算委員会で、閣僚間の足並みの乱れを覆い隠そうとして慎重な答弁に終始した。だが、社民党党首の福島瑞穂消費者子化担当相らが持論を展開して、かえって閣内の意見の隔たりが目立つ結果となった。自民党が閣内不一致を印象づけるために、国旗国歌や外国人参政権、選択的夫婦別姓などのテーマを集中的に突いた「左派色」あぶり出し作戦が奏功した形だ。

鳩山政権1カ月:公約の進捗状況

「宇宙ができて137億年、地球ができて46億年がたっている。地球はすべての生命体、ある意味では生命がないものに対しても存在している。どの国でも外国人が生活しているが、多くの意見があるのも事実。議論を煮詰めたい」

保守派の論客である自民党の稲田朋美氏が外国人への地方参政権付与についてただしたところ、首相は「前向きに考えている」と述べる一方、宇宙人的な答弁であいまいにかわした。

国政参政権についても鳩山首相は過去に容認していた事実を認めつつも、慎重な言い回しに終始した。

踏み込んだ答弁を避けたのは、連立与党内の意見が割れているからだ。また、自民党からの攻撃をあいまいにかわす思惑もある。だが、そんな思いとは裏腹に、亀井静香郵政改革・金融相は「慎重に考えるべきだ」と力強く否定的な見解を披露。賛成派の岡田克也外相や福島氏らとの溝が浮き彫りになった。

選択的夫婦別姓制度では首相は慎重論を展開したが、福島氏が答弁を求められていないにもかかわらず挙手。「ぜひ取り組んでいきたい」と述べた。

この日は、自民党のもう一人の保守派論客、下村博文氏も質問に立った。下村氏は平成11年8月成立の国旗国歌法に反対した菅直人副総理・国家戦略担当相、原口一博総務相、千葉景子法相、赤松広隆農水相、前原誠司国交相、小沢鋭仁環境相、福島氏の7閣僚を名指しし、「国旗を大臣室に掲揚しているか」と迫った。

福島氏は掲げていることを明言したが、加えて「個人の思想、良心に極めて属している問題だ。学校現場で思想、良心の自由を侵害する形で強制するのは許されない」と答弁。下村氏は「思想、信条の問題ではない。学習指導要領は法規だ」とかみついた。衆院予算委の基本的質疑はこれで幕を閉じたが、閣内の不協和音が印象づけられた。


衆議院TV・参議院TVを見よう                            

1)衆議院TV  http://www.shugiintv.go.jp/jp/video_lib3.php?deli_id=39984&media_type=wb

2)参議院イン-ネット中継  http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

*コピペして、URLの欄にいれる。

*よく似た設定で、左側にカレンダーがある。1)質疑応答のあった日にちの青色の日をクリックする~2)衆議院予算委員会をクリック~3)聞きたい発言者の名前をクリック。名前の右側には、費やした時間50分とか書いてある。

*質問VS答弁は、自民党議員の熟練議員VS民主党のど素人です。古参の藤井は、弁は立つが中身が時代遅れ。菅は饒舌の詐欺師。鳩山は夢遊病者。どれも、ただみっともないことが判る。原口も、前原も深いところ(過疎地の困窮状態など)が判っていない。福島は低脳であり、千葉というアカは生来の嘘つきであることが判る。日本人でありながら、日本人でないという人種だ。


苦悩するオバマ大統領

obama sour puss
最近のオバマは笑わない。一気に歳も取った。後姿にも元気がない。

1)$1、6兆ドルの3分の2を投げ込んだが、一向に立ち上がらない景気。リセッションという経済ことばはテクニカルなものだ。それは、「2期(6ヶ月)に亘って、GDPが右肩上がりなら景気後退は終わった」とするものである。しかし、実体経済が良くなったとするには、1)失業率が下がり始めること~2)住宅が売れ始めること~3)自動車などの耐久消費財が売れ始めること、、3が少々売れ始めたが、在庫が尽きたからだ。経済で当選したオバマの悩みである。

2)医療保険改革は最小のプログラムを狙っても、$1,2兆ドルかかる。この法案が通ると、来年の中間選挙は共和党ガ大勝するという。2012年の大統領選も負ける公算が高いのである。

3)アフガニスタン増派(68、000を110、000にする戦略)がオバマの最大の苦悩なのだ。まず、アメリカ国民の厭戦気分は高くなる一方だ。NATOも、「これ以上の増派よりもカネを出したい」と言い出す始末。

“君はどう思うの?”と聞くと、“I  WANT TO PULL OUR TROOPS OUT OF IRAQ AND AFGHANISTAN”とウチの青い目のカミサンは答えた。オバマは迷っている。当然だ。増派を強行するべきか?国内経済や医療改革を優先すべきか?人道(タリバンはカルザイなどに協力したものを皆殺しにするだろう)~アルカイダとタリバンが勝利宣言をする~阿片が大量生産される~オバマは「戦争に負けた男」と烙印を押され世界史に記録されるのである。

(解説) 伊勢爺は、44、000人を増派することに傾いている。しかし、この戦争はアメリカ一国では勝てないものだ。アジアで最大の同盟国の日本の出番なのだが、日本語もまともでない夢遊病者が首相ではな。ひとつの手段が残る。一旦、退くことだ。経済再建(2012年の共和党政権で達するだろう)の後に戦端を再び開くことだ。だが、一方で、パキスタンを味方にしなければならない。ワジリスタンのパキスタニ・タリバンは完全制圧されなければならない。すると、増派に心が傾く。厄介なことだ。伊勢平次郎 ルイジアナ

comment

yutakarlsonさま

よく、わかっていますよ。インド人は、伝統的に心底から親日です。チャンドラ・ボーズ ~パール判事が良い例ですね。鳩山・岡田・小沢らは、低脳です。福島などは鶏ぐらいの脳を持つ。伊勢
2009/11/09 13:27 | 伊勢 [ 編集 ]

こんにちは。インドと韓国がCEPA(包括的経済パートナーシップ協定)を締結し、発効させました。歴史からいうと、日本のほうが韓国より古くから付き合いが長いです。インドは、経済的にも、社会的、倫理的にも不安定な中国とは異なり、これから経済などが安定的に伸びていく唯一の国であると思います。何よりも、自分たちが結束するために、反日教育を意図して、意識して、体系的に行う中国とは異なり親日的な国でもあります。鳩山政権の提唱する東アジア共同体の第一のパートナーは中国ではなく、インドであるべき思います。ここにコメントすると、長くなってしまいますので、詳細は是非私のブログをご覧になってください。
2009/11/09 13:01 | yutakarlson [ 編集 ]

抗民主党レジスタンスさま

子供といっているうちに大人になります。子供たちに国家を背負わせることを鳩山らは考えている。次世代、その次の世代と考えるならば、GDPの2.5倍もの借金を残してはならない。少子化~高齢化が自然の力ならば、自然に抗わず智恵を絞るべし。海外から養子縁組を奨励するのもひとつの考え。何事も柔軟に考えないと、「子供手当て」などの内向き、短絡的な政策ではたちまちの内に行き詰まる。そのアンケートでは、子供たちは、将来の荷物を警戒していると思われる。伊勢
2009/11/08 19:59 | 伊勢 [ 編集 ]

Mephist先生

BRICsですが、ブラジルとインドの株式市場の急成長がやがてバブルの様子を表すと警告が出てますね。先進国の経済力が後退して行くことに反比例していく。ぼくは経済学には関心はないが、経済力を無視することは出来ない。いわゆる“EMERGING MARKET”(浮上中の市場)にやはり関心を向けないわけにいかない。昨夜、ロシア公安局が関わる暗殺の実態を読んでゾッとした。ロシアのマフィア文化は、日本人の手には終えないと思った。ここで、貴兄のご指摘のインドが国際政治経済&安保に目覚めたことは世界史的な意義を持つと思う。青年事業家の貴兄の時代到来のようですね。生きている間は協力させて頂きます。

参議院TVで、桝添さん、脇さん、川口さんらの鳩山個人の疑惑や民主党の日米安保政策への批判を一日中観た。桝添さんが、“内政で国家は滅ばないが、外交・安全保障を間違えれば国家は滅びる”と仰った。この点が隼機関の中心的な課題なのですね。コメントの中に、“もうアメリカの時代は終わった~アメリカは世界各国から嫌われている”とする意見が書かれている。こういった論調を好むんでしょうね。どのように考えようが自由ですがね、どうも鳩山らにもこの「アメリカ衰退論」の傾向がある。愚かな連中です。

オバマ・ぺロシの国民皆保険法案が下院を昨日通過したようです。この経済効果を考察する記事が賑わうでしょう。東京、ASEAN会議、北京から帰ると、オバマはアフガン政策を発表する。これも世界の進行方向を決定するものです。鳩山民主党には、この嵐の海を航海する能力は全くない。自民党には麻生さんや、桝添さんらの豪傑もいる。また、若手にも首相が務まる人格が多く見れる。日本は一歩も遅れることは出来ないのだと思った次第です。伊勢
2009/11/08 19:42 | 伊勢 [ 編集 ]

http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=36915
【インド、日本を味方にして中国に対抗する戦略―米誌】

完全に民主党政権は出遅れてますね。
阿倍~麻生の撒いた種はきっちり芽を出してるのに。
民主党はイデオロキーの前に、国際政治学者や地政学の専門家をキャビネットに入れて論議を重ねてくれませんかね。
2009/11/08 11:03 | Mephist [ 編集 ]

小学生~高校生へのアンケートを集計した結果、鳩山政権に批判的な意見が大半を占めました。
彼らは子供が大人の代わりに争いの犠牲になることを理解しているのです。
戦争になった場合、最前線で戦わされるのは威勢のいいことを言ってる左翼爺婆ではない。

左翼教育の結果、子供達が左派に逆らうようになったというのは皮肉なことです。
2009/11/08 10:55 | 抗民主党レジスタンス [ 編集 ]

多史済々先生

情報が不足か~情報はあっても読めないか~知能が低いか、、鳩山の言うことは意味不明のことが多い。愚民は何とでも誤魔化せると思っているか~何も深い考えなどないか、、外国人地方参政権は在日へのリップサービスでしょうよ。実現は不可能。

日本人は、思考力が弱くなったと思う。まず、賢い者は単純明快ですね。ここに書き込む人でもね、ああでもない、こうでもないと言いながら、「結局は、自分でも何を言っているのかも分からないのだろう」と思える人がいる。そんな生き様はつまらんね。「もう棺桶に入った方が速いよ」と言いたいわな。伊勢
2009/11/08 06:36 | 伊勢 [ 編集 ]

まんごさま

アメリカと軍事経済同盟なしで日本は生存できるという自信があるのですか?テロとの戦争に疑問があるのですか?テロ側に立っていますか?それとも、単に敗北主義ですか?あなたの仰ることが、よく判りません。伊勢
2009/11/08 06:10 | 伊勢 [ 編集 ]

はじめまして。西村幸祐さんのブログから参りました。異国アメリカでの生活、大変な事も多いと思います。日本人としての誇りを失わずこれからも頑張ってください。

私はテロとの戦いというアメリカのお題目に大いに疑問を感じています。そもそも大量破壊兵器もないイラクを攻撃したのは莫大な石油埋蔵量を誇るイラクにユーロ建ての石油取引を止めさせるためだと聞いています。9.11もアメリカの自作自演だった可能性が非常に高いですし、アフガニスタンを勝手に攻撃して民主化(笑)するなどとても正気の沙汰とは思えません。米国政府には民主化はただの建前で色々と思惑があるのでしょうが、他の国々は正直うんざりです。

元々あそこは誰が統治しようとしても全くうまくいかなかった所です。歴史に全く学ばないアメリカが自国のやり方を押し付けても上手くいくわけがありません。たとえ何人派兵しても決して成功しないでしょう。そもそも高々200年の歴史しかないアメリカが中東やアフガニスタンを民主化しようなどという傲慢な考え自体が間違ってます。

アメリカが他国から侵略されたら、もちろん同盟国の日本は一緒に戦います。しかし一握りのアメリカを牛耳る人間のために、くだらないアメリカの国益と称するもののために、自衛隊の皆さんが犠牲になるなど真っ平御免です。

オーストラリアでもイギリスでもヨーロッパでも、アメリカもアメリカ人もアメリカ人の考え方も非常に嫌われています。その嫌われ方が日本人の反米感情と非常に良く似ていて興味深いものがあります。アメリカという国もピークアウトして没落し始めていますし、他国に土足で踏み込むのはいい加減やめて欲しいものです。
2009/11/08 04:23 | まんご [ 編集 ]

http://www.youtube.com/watch?v=8L3iIV2vDX8
http://www.youtube.com/watch?v=7nTtiMOmeu4&feature=related

 鳩山総理による
「主権者は日本国民であることはかわりはありません・・・」
 の発言と
「国政についても(在日外国人に参政権を)与えても良い・・・ 」 、「常識的な行動のなかで皆様方の議論というものの深まりというものを是非導いて行きたい・・・」、「日本は日本人だけのものではない・・・」
 の発言はいかにも矛盾しています。

 日本の主権者は日本人であることにかわりがないならば、他国籍者である在日外国人に国政参政権を与えるべきではないでしょうよ。
 だって、在日外国籍者に普遍的な人権にプラスして国政参政権を与えたら日本国の主権者は日本国民と在日外国人になってしまうでしょう。違うのかね総理。
 何かこの鳩山総理は脳細胞がいかれているのか、または、悪意ある意思によって我々国民を煙にまいているとしか思えない。
 鳩山氏とんでもない野郎であるといえます。
 このままではいつか在日外国人にわが国の統治権を奪われるような気がします。
まともな日本人はけっして鳩山氏を総理大臣には据えないでしょう。
 自民党は成るか成らぬかなど問題にせず、至急鳩山総理罷免動議を発するべきだと私は認識します。そうでないと自民党の存在そのものが日本人にとってますます薄いものとなるのではないでしょうか。

 稲田朋美さん、以降もしっかり頼みます。

2009/11/08 01:37 | 多史済々 [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/11/07 19:25 | [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/11/07 19:25 | [ 編集 ]

「普天間移設転覆計画に釘を刺す」を英語ですが読んでくださいな。伊勢
http://bomanchu.blog81.fc2.com/
2009/11/07 15:40 | 伊勢 [ 編集 ]

オバマが訪日を一日遅らせる。テキサスの米陸軍基地で起きた銃乱射事件の遺族の式典に出るためだ。この基地には、ウチのもよく飛んでいく。イラクとアフガンで、600人の兵の戦死者を出した。さらに、帰還した兵の75人がこの基地で自殺を図った。オバマが、もしも、アフガン派兵を断念して、一年後撤兵とでもするならば、この乱射事件に大きな理由があると言っても良い。伊勢
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20091107-OYT1T00580.htm
2009/11/07 13:48 | 伊勢 [ 編集 ]

「青山繁晴のズバリ」 衆院質疑答弁の分析と解説ですね。この青山さんは、日本のジャーナリストの中でも、秀逸です。まず、豊かなパーソナリテイ。上品で~人に優しい雰囲気を持つ~日本と日本人を愛しつつ~フェアに判断されている。伊勢
http://www.youtube.com/watch?v=l4l4uvlZCMY&feature=related
2009/11/07 13:18 | 伊勢 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する