2009/11/18 (Wed) 闇の監獄・暗黒大陸中国(その1)
(速報)オバマの支持率急落。初めて48%。不支持率は拮抗している。国民がオバマに疑問を感じ始めたのである。詳しくは、明日にしますね。伊勢

闇の監獄・暗黒大陸中国(その1)

中国は“闇の監獄”を持っている

November 12, 2009 6:34 a.m. EST

Human Rights Watch report:



“中国の国民が法的な根拠もなく、秘密の監獄に拘禁されている”と、CNN~BBC~アルジャジーラから、人権蹂躙と批判されている。

北京政府報道官は “中国には、そんな闇の監獄なんてないと、あなた方に言えます”と、国営テレビで言っているが、、

人権ウォッチ(HRW)のリポートは、“地方から北京政府に苦情の申し立てにやってくる中国の国民が闇の監獄に拘禁されている。拘留者たちは、殴打され~虐待され~脅され~恫喝されている”と報告している。





                           
BEIJING, China (CNN) --人権ウォッチ(Human Rights Watch)は、地方から北京や各県の首都へ上京して、中国政府に苦情を申し立てにくる中国の国民を不法に拘禁している~中国政府は、「闇で行われている監獄」を廃止するべきだと主張した。

過去6年、中国の国民は外部との接触を断たれて、「闇の監獄(black jails)」と呼ばれる仮の拘置所に拘禁されている。ほとんどが、国営のホテルか~老人ホームか~私営の精神病院を使っているとリポートした。

拘禁されている人たちは、ほとんどが農村からやってきた人である。県庁や、北京や、上海などの首都の官庁へ苦情の申し立てにやってきた人たちである。中国では、「苦情申し立て」は裁判所へ行くことはない。

政府の役人も、警官も、それらの農村からやってくる人々を、“しゃべらないように”と、殴打し~虐待し~脅している。農民たちの苦情が、広く国民に知られて、騒擾事件に発展することを恐れているからである。

“北京の中心地に、ブラック・ジェイルがあるなんて、北京政府が人権重視とか、法律を遵守していると言うのは、チャンチャラおかしい”と、ソフィー・リチャードソン女史(Sophie Richardson, Asia advocacy director of Human Rights Watch)は言った。

“北京政府は、これらの違法施設をただちに閉鎖するべきだ~「闇の監獄」を経営している者たちを捜査して~虐待を受けている人たちを助けるべきだ”と。

中国政府は、そんな「闇の監獄」など存在しないと声明を繰り返している。この木曜日のヴィデオでは、中国外務省の報道官が、再び、秘密拘留所の存在を否定している。

“私(外務省)は、人権団体が何を根拠に、ブラック・ジェイルの存在を主張しているのか確かじゃない~だが、そんな、闇の監獄など存在しないと言うことが出来る”と。だが、その女性報道官の目も、クチも冷たい。

中国外務省は、“司法制度(裁判所)が、そのような苦情を扱っている”と言った。

“中国の国民が、政府に対して、苦情や意見書を提出したいならば、その関連省庁へ行く事が出来る~正式の法的なチャンネルを通して~そして、彼らの正当な権利は守られる”と続けた。

しかし、「闇の監獄」は増えている~なぜなら、苦情が殺到する官庁の役人たちは、中法政府から罰されるからだ~つまり、苦情が少なければ、褒賞が与えられるからだとリポート。

人権団体のリポートは、「地獄の裏通り」と題されている。当団体は、38人の拘禁された人たちをインタビューしている。

拘禁された者の中に、18歳未満がいた。チャイナが宣言している「児童の権利」の法律に明確に反している。

15歳の少女は、苦情を申し立てるために、病気の父親の代理として、北京へやってきた。老人ホームに連れて行かれて、そこで殴打された。

“こういった虐待を知る度に、中国の司法制度は人権で失敗していることが明らかだ~偽善というなら、これが最大の偽善だ”とリチャードソン女史。

この人権団体(Human Rights Watch)は、ニューヨークに本部を置いている。オバマ大統領が訪中する前に、「人権問題を取り上げるように」と緊急提言している。

“オバマ大統領は、人権を守ることを世界各国で力説してきた。テストは、オバマ大統領が北京へいくとき、人権に言及するかどうかということだ~中国政府は、人権において改良されず~外国からの指摘に対して抗戦的なのだ”とロスHRWの理事長。

                             ~~~

(解説) ウチのカトリックのかみさんは、人権にうるさい。伊勢爺が“人権で戦争になる”と言ったときには、即座に理解した。この記事と、ビデオを見たとき、ラルフ・タウンゼンドの「暗黒大陸・中国」(1933)を想い出した。近代化したはずの中国が、人権を軽視することには以前と変らない。すると、中国に媚びる鳩山・小沢・岡田らは、「人権なんか、どうでも良い」ということか?伊勢平次郎 ルイジアナ

obama beijin 11.18.09
11・18・09 北京のオバマ。人権には言及した。だが、「人間には、基本的人権がある」と言っただけである。WP紙は、「STARK COMPARISON  TO、、」と、前の大統領たちと極端に違うオバマの対中姿勢と書いた。アメリカが中国に媚びるようになったというわけである。中国が買っている米国債8000億ドルの借金に原因がある。中国は、オバマを無視している。

ObamaarA1 Arlington 11.12.09
11・12・09 アーリントン国立戦没者墓地で星条旗があがり、「星条旗よ永遠なれ」が吹奏された。そのとき、出席者は全員、敬礼するか、右手を胸に当てた。最高司令官のオバマを除いて、、さすがのリベラルまでもが怒っている。オバマの指導力は、この時点から堕ちて行くであろう。

obama me3ets emperor 11.14.09
日本では報道されていますか?アメリカの伝統は「LIBERTY」である。つまり、「人間は自由で、上も下もない」という。みんな神の子供なのだから。「主従関係は、神なき民」とされる。何をかいわんや。

comment

みなさん

昨夜、わが家で、N教授と、ドクターKと、伊勢爺の男三人の酒盛りがあった。出し物は、大カマスの燻製~ノルウエー産鮭の燻製~チーズ~瓜~イチゴなど。N教授は経済学をニューオーリンズ大学で教えている。「USDは、下がっても、通貨量膨大で、人民元は、世界通貨量の10%だから、基軸通貨にはならない~ユーロもならない~USDが下がる一方ならば、ユーロ建て決済は起きる~中国経済にも限界が見えている~1980年代の日本円と似ている」とさ。N教授が風邪を引いていた。今朝の伊勢爺も風気味である。だから、エントリ変更は、明日にします。すんません。伊勢
2009/11/20 19:40 | 伊勢 [ 編集 ]

ここを見てる人にこれを見せても仕方ないんだけど
世界の投資家が日本をどう考えてるか一目瞭然です。
http://iup.2ch-library.com/i/i0030306-1258634735.jpg
2009/11/20 00:05 | Mephist [ 編集 ]

「米上院沖縄予算を削減する」 9月来日したゲーツ長官が警告した通りになった。日米安保条約では、米軍は沖縄を去る必要がないのだ。普天間に関して、WP紙の東京特派員は、「鳩山は、オバマを裏切った」と書いている。いわゆる、SNEAKY(卑劣)~DUPLICITY(二重人格)と蔑まされている。鳩山政権の命は短い。願ってもない吉だ。伊勢
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20091118-OYT1T00658.htm
2009/11/18 18:56 | 伊勢 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する