2009/11/20 (Fri) 怒る米国議会がオバマに向かって行った
obama blame bush
今までは、“この破滅的な経済は全てブッシュの所為だ”と、ジョージ・W・ブッシュを非難すれば済んだ。だが、アジア歴訪から帰ったオバマに地獄が待っていた。地獄とは、怒れる米国議会(両党とも)のことである。

Obama offshore tax heaven
今年2月、新米(しんまい)大統領のバラック・オバマは、ティモシー・ガイトナー(前NY連銀議長)を財務長官に任命した。エントリーを憶えていますか?伊勢爺さんは、「とんでもないことになる」と、この二人を批判してきた。そうなったよ。伊勢平次郎 ルイジアナ






Angry Congress lashes out at Obama

昨日、米国議会(両党が一緒になって)が大荒れに荒れた。「ガイトナーは雇われるべきでなかった」などと開口一番のテキサス共和党議員。NYの民主党シューマー議員は、オバマの強力な支持者だが、AIG(保険会社で国家のカネをボーナスに使った)救済でのガイトナーの責任をなじった。理由は、来年の11月の中間選挙で、民主党が大敗すると恐れているからである。米国議会の怒りは、オバマの統治能力に対して向かって行った。

「黒人集会(BLACK・CAUCUS)は、全米90%の黒人がオバマを支持してきた団体だ。これが、黒人が最も失業していることに怒った。「もうすぐ、失業問題でオバマは墜落する」と伊勢爺は言ってきた。その通りになった。

オバマと民主党議会のハネムーンは終わった。北京で美味いシナメシを食い~万里の長城へ革ジャン着て行ったときはご満悦だった。しかし、オバマは、こんな地獄がワシントンに待っているとは思わなかった。アフガン増派を、サンクスギビング(来週木曜日)後に発表すると言ってはいる。だが、このオバマ政権の墜落は目の前に来ている。

ObamaJob gallap 11.20.09
11.19.09 (GALLUP) オバマがアジア歴訪から帰った日の世論調査だ。支持VS不支持が拮抗している。理由は簡単である。1)$2兆ドルに昇る財政出動をしたが、失業者増大し、ホームを失う者増え、経済が二番底に入った~2)北京での態度が「中国に屈した」と見られた(中国には経済でお世話になっているというお世辞や、記者に質疑応答が与えられなかったことが致命的)~3)アフガン増派に決心がつかず、司令官の胃袋がないと受け取られた~4)米国議会はガイトナーを首にしろと迫っている、、

*英語版・http://bomanchu.blog81.fc2.com/ を読んででください。

obama in hu
あんた!その皮ジャン誰に貰ったの?WHO? HU? このアンチャンはもうダメだ。

(解説) 「饒舌の徒(じょうぜつのやから)」というが、肝の据わっていない男はよくしゃべるものだ。それだけが生きる技術だからだ。「オバマは、国を統治することが、これほどの大仕事ということを知らなかった~今、大統領を辞めたいと思っているだろう」と、空軍士官学校を出て、ミサイル基地将校だった、わが義兄に当たるフレッド(74)さんが笑っていた。

さあ、問題は普天間移設合意の鳩山の対応だ。オバマは、“EXPEDITIOULY(迅速に)”と迫ったのだ。鳩山は、“TRUST・ME" と答えている。駐米日本大使は軽率な男だ。どうも、鳩山民主党に媚びていると思われる発言がある。まあ、官僚だから、余計な事を言えばクビにすればいい。さて、岡田は、“年内に日米合意(2006)通りの解決を”と何度も言った。鳩山が決断できないならば、辞表を出すだろう。宮崎正弘先生が、「鳩山不況は10年続く」とさ。俺さまの年金を減らしたら訴えるぞおまえ!アメリカの年金もな、来年正月のインフレ調整は各位$250だとよ!医薬品は三倍になっているんだ。ふざけんじゃネ~ヨ!伊勢平次郎 ルイジアナ

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する