2009/12/06 (Sun) オバマは救世主ではない
snow in virginia
ワシントンの郊外である北バージニアに大雪が降った。好きな州だが、白人たちは、お互いに冷たいんだそうだ。この州には、ゴッド・ドーターのコルビー(看護婦となった)や、彼女の親たちが住んでいるので、よくそう聞く。だが、南北戦争の古戦場や、ブルーリッジ山脈や、シェナンドー河は、実に美しい。州花のドッグ・ウッドは、まことに美しい花なのです。もうひとつ、「赤い鳥」カーディナルも州鳥なのである。

snow 12.5.09 001 (Small)
今朝、玄関のステップで滑るところだった。昨夜、雪が降ったことが判った。この南部のルイジアナにだよ~!ハイビスカスは、花ごと凍ってしまった。もう、鰐~蛇~亀さんらは冬眠に入っただろう。カメレオンたちは、どこで冬を越すんだろう?しかし、寒い夜の良いところはね、ホット・ワインと読書だよ、、伊勢平次郎 ルイジアナ






オバマは救世主ではない

obama biden pelosi 2.24.09
もしも、オバマが暗殺されたら、副大統領のバイデンが大統領を継ぐ。そのバイデンが、もし突然、死んだら、ぺロシが大統領ということだ。そんなことが起きたら、アメリカは崩壊するか内戦が起きる。

バイデンはアフガン増派に消極的で、センスがないと軍事会議で笑われた~下院議長のぺロシは増派に大反対。だが、オバマは選挙中から、「アフガンは必要な戦争で勝たなければならない」と一貫していたのだ。しかし、リベラル~急進派~非戦平和主義者たちは、オバマに幻滅したと言う。それは、“CHANGE AND HOPE" という選挙の宣伝文句に、救世主の到来を夢見たからだ。オバマの支持率が48%(CNN)となった。第一に、雇用創出に失敗している。失業率10%、今日、ペンシルバニアの工場労働者たちからペテン師だと言われた~第ニに、国民皆保険の内容が不十分~第三アフガン増派(ブッシュの二倍となった)、、どれも困難な課題だ。だが、「ただのおしゃべり」と言われ始めている。この負の印象をどう跳ねのけるのか?オバマのターニング・ポイントだ。

鳩山内閣は潰される

orangutan baby
オランウータンのべービー。満腹なので、お昼寝だそうだよ。人間に生まれなくって良かったね。

オバマが、「どう、アフガン増派を決めたのか(5ページに及ぶ)」を読んだ。長いから、訳さない。要するに、理論が大雑把なのだ。バクチと言っても良いだろう。そこには、戦略などない。1000に及ぶコメントは悲観的だ。あのウエスト・ポイントの演説も「心が入っていない」と批判された。つまり、最高司令官のオバマ自身が、この戦争に悲観的なのだ。まず、戦費は、1年で10兆円を超える。兵隊ひとり当たり、1億円かかる。もし、日本が、自衛隊を500人送ったら、500億円だ。2年で撤退するなら、トータルでも1000億円だ。鳩山は、4年で、4500億円出すと言った。このチンパンジーは算数も出来ない。

ところで、オバマらは、ついに怒り出した。普天間だよ、フテンマ。これほどの警告を無視する首相を見たことがない。岡田は、わざわざ、名護へ行ったらしい。「全てに反対」の、チンパン民主党・沖縄議連の集会だろう。「俺たちよりも、アメリカが大事なのか?」だとよ。岡田は、「そうだよ」と言えなかった。こんなのが、日本の外務大臣なんだよ。伊勢平次郎 ルイジアナ

comment

ハヤブサ先生

鳩山の性格は強情。深い考えがあって強情な人はいます。それとは違う。仰るとおり、用語が日本語になっていない。「言葉は人を表す」という。魔術のような言葉で信者を惑わしたのは、オームの松本殺人鬼。でも、この狂人、いつ処刑されるのか?池田小学校の殺人鬼も、幼女連続殺人鬼も、処刑済みだわな。鳩山・小沢は、国政を担うには疑惑が多過ぎる。放っておくと、死刑に値するような大罪を犯しかねない。例えば、既に決着しているはずの普天間の引き伸ばし。18日にオバマに「会わない」と言われたらどうするんだろうね?伊勢
2009/12/08 01:56 | 伊勢 [ 編集 ]

>だが、「ただのおしゃべり」と言われ始めている。この負の印象をどう跳ねのけるのか?

オバマ大統領が「ただのおしゃべり」にしても、大変に難しいかもしれませんが、今後の行動如何によっては「この負の印象」を跳ねのけることができるか?と思います。そのような観点からすれば、わが国の首相の椅子に鎮座します「ただの詐欺師」のサギ山、もとい鳩山由紀夫よりはましですね・・・・・まあ、理由も挙げずに自国の首相を詐欺師呼ばわりするのは如何かと思いますので、少々自説を展開させて頂きたいと思います。
鳩山由紀夫は幹事長当時に次のように発言していました・・・・
>政権交代こそ最大の景気対策 鳩山幹事長が定例会見で
>記者の解散・総選挙を行えば政治空白が生じ、さらに景気が悪化するのではとの質問に、鳩山幹事長は、
「政権交代こそ最大の景気対策。明日が見えなくなっている。政治に対する信頼が回復したとき、その政策にも信頼が呼び戻ってくる。官僚の手のひらに乗った政策である限り、国民に支持されない。選挙で政府が空白になるわけではない。政治が機能していない状況こそ政治空白」と答えた。
http://www.dpj.or.jp/news/?num=14248
政権交代から早や2ヶ月余経過、その間、前自公政権による補正予算の一部執行を停止し、デフレ宣言はしましたが、それらに対応する経済対策を何ら示していません。「政権交代こそ最大の景気対策」と言っていたのですから、政権発足から矢継ぎ早に経済対策が出てしかるべきだと思いますが、それは当然のこと、ありませんでしたね・・・今週中には第2次補正予算が発表されるのでしょうが、いずれにしろ、野党当時も政権発足後の第1次補正の執行停止をしたにもかかわらず、その間、国民に提示できる何らの経済対策を持ち合わせていなかったわけで・・・・・「政権交代こそ最大の景気対策」は国民にそんな気がする、そんな気にさせる、単なる虚言に過ぎなかったわけで、これを詐欺と言わずして何というのでしょうか・・・
また、鳩山首相は最近の全国知事会議で信じられないような発言をしています・・・・
>「国というものがなんだかよくわからないのですが、国というものが力を持って、何でもがんじがらめで地域を縛ってしまう。そういうやり方は、一切やめたい」と述べ、この席で鳩山首相は「地方交付税増額の必要がある」と言及した。
ん・・・?ん・・・?これって、ジャンボ機の機長が飛行中に「ジャンボ機というものがなんだかよくわからないのですが・・・」と客室にアナウンスしたようなもので、ありえないことでは?確たる国家観もなしに首相の椅子に座っているのか!まさにサギ山、もとい鳩山由紀夫の詐欺師としての面目躍如たる発言だと思います・・・読売新聞などは麻生前首相が漢字を読み間違えれば「首相としての資質が問われている」などとさりげなく記事にしていましたが、鳩山首相のこの発言なんぞは全くの無視の姿勢ですね・・・実に困ったものです。何も鳩山由紀夫のことを悪く報道しろ!と言っているのではありません。問題は問題として取り上げろ!と極めてあたりまえのことを要望しているのですが・・・・ただ、最近ではコラム欄にも「・・・、鳩の了見がわからない」などと書き始めたようです。どうやら、老害の人・渡辺恒雄の許しが出たのか?それとも報道人であったことにようやく目覚めたのかもしれません・・・鳩山由紀夫のことを書いていると、気が滅入ってきますので、今回はこの辺でやめておきます。いずれにしろ、とんでもない人間を首相にしてしまいました。まさに、いまや日本という国は壊れています!
2009/12/08 01:05 | ハヤブサ [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する