2009/12/18 (Fri) アメリカ南部の裁判所
covington county court house

アメリカ南部には、サトウキビ、コットンのプランテーション(大農園)の歴史がある。小説や映画では、ロマンティックに描かれる。そこには、黒人奴隷の苦悩の歴史が語られる。「風と共に去りぬ」を憶えていますか?亜熱帯の南部。“Antebellum”と呼ばれる館は、古代ローマ、スペイン統治、ナポレオン時代の影響を受けた建物である。

伊勢爺さんが、呼び出された「コービントン・セイント・タマニー裁判所」もアンテべラムを真似た建物だった。さて、本日は「アメリカの裁判所」がエントリーだ。






causeway 008 (Small)
ラブラドール(雌8歳)のシッポちゃんと伊勢爺さんは、ジョニーキャッシュの「べービースー」を聴きながら、楽しく橋を渡っていた。チクデン(柴犬雌7歳)とウチのカミサンは、後部座席で寝ていた。夜9時を過ぎていた。

causeway 003 (Small)
38キロメートルの長い橋が、ニューオーリンズとマンデビルを結ぶ。橋の下は、ポンチャットレンという塩水湖だ。伊勢爺らは、楽しく、右側のスロー・レーンを走っていた。

causeway 013 (Small)
サイレンが鳴った~バックミラーを覗くと、パトカーが、赤や青の光を発していた~左側の「進入禁止」と標識のある場所へ止まれと~躊躇っていると、どえらいスピーカーの音がした。

女性の判事

下級判事を“MAGISTRATE”という。以下が、顛末だ。

Good morning Ma'am

Are you guilty or not guilty?

I don't know. Tha'ts why I am here, your honor.

Well, then, tell me what happened.

I am a 68 and half year old, my wife is 63, my car is 15 and our dogs are pretty old.

What does it mean, sir?

I am a slow lane driver, it was a night, a sheriff stopped me as you see where a driver is not allowed to enter. The officer, who is a nice man by the way, told me that I was going 77 miles per hour over the down hill side of ramp. Speed limit is 65 so 11 miles over. So I asked the sheriff how fast I was going on up hill. He said he didn't know because he didn't see me. Well, then, the sheriff must be locking his radar gun on coming car, right Ma'am?

OK,OK, that's enough. Your fine is reduced to half and no moving violation to avoid insurance premium to go up.

Thank you Ma'am, and Merry Christmas to you all.

I heard all her staff said "Merry Christmas" in harmony.

(解説)  裁判所の中には、麻薬で逮捕された者(10人はいた)~警官と争った者~酔っぱらい運転がウヨウヨしていた。名前を呼ばれると、仕切りのドアを押して、法廷内に入る。若い女性の研修生が6人いた。伊勢爺さんだけが東洋人。法廷に入ると、研修生たちの目が笑っていた。

ゴルフと女

wood made tiger
タイガーは転落した。24名の女性たちが性関係を持ったと名乗りを上げた。家庭内暴力~麻薬常習の疑いも掛かっている。タイガーを応援していた黒人らは怒っている。タイガーの魔法は消えた。PGA~CBC~ナイキシューズ~ATT~アクセンチュア会計事務所らは、$220ミリオンドルの損害だと。妻ヱリンと、子供たち(男女)は、スウェーデンに帰国した。タイガーは、姿を消した。フランスに隠れていると。エリンの薬指に、結婚指輪はなかった。「ゴルフと女」ねえ!堕落の典型であるよ。そうでしょ?ネヱ、そうでしょ? 伊勢平次郎 ルイジアナ


comment

海運人兄

スピールバーグが、1941という映画を撮っていたとき、ハリソン・フォードは、MGMスタジオの大工だったんですよ。あるとき、「俺もスターになりたい」と言い出した。カメラでフェーステストしたら、行けるわけです。クチ篭るのはあとで直すとした。エクストラでも、写真テストがある。そのわけは、顔の大きさや、目、鼻に表現力があるのか? 「体言力」は、東洋人に欠けるものです。貴兄は合格です。は、は、は 伊勢監督
2009/12/20 05:26 | 伊勢 [ 編集 ]

アメリカのコートっていうのも面白い文化ですね。英語の勉強を兼ねて昔大好きだった「アリーマクビール」のDVDを見直しているんですが、陪審員制度は日本人の感覚からすれば?ですが、とは言えやっぱり面白い。

そういやアリーマクビールを演じたカリスタ・フロックハートはハリソン・フォードの嫁さんになってしまいました。20代前半の小僧だった僕のアイドルでした。
2009/12/20 01:12 | 海運人 [ 編集 ]

nazuna姉さま

陳述だからさ、完璧でなくとも良いのよ。言葉が完璧でも嫌われれば負ける。何しろ相手は審判官だよね。始めから、目も口も、笑っているのがベストなのよ。それとさ、必ず、サンキューということです。旦那さん、笑ってない?は、は、は 伊勢
2009/12/19 09:44 | 伊勢 [ 編集 ]

さすが伊勢おじさま。こわ~いマジストレイトをイチコロリと。アメリカのコートでは、そういう態度をとるものなんですね。私はスピード違反で一度チケットを貰っちゃった。「皆、同じスピードで流れてるのに何でアタシ~い?プーアなずな!」とか言っても駄目でした。
2009/12/19 06:47 | nazuna [ 編集 ]

多史済々先生

流感予防注射は無料。ウチのエアラインの保険と、僕自身の国民保険(65以上)が無料にする。心臓など外科手術とかでも、8日入院で、$4000ぐらいかな。話しが長いが、予防注射のおかげで体がだるい。

アメリカ合衆国憲法の中の「四つの自由」憲章が理解出来る国は少ないのです。理解すると、都合が悪いからですね。まず、「自由」ですが、「開放」と解釈するべきです。「言論の自由」も「表現の自由」も「集会の自由」も、たいへん重要なことに気が付きます。「おまえは女だ黙っていろ」などと言えない。こどもにも言えない。「集会の自由」ですが、天安門事件が典型的なファシズムの民衆弾圧。この弾圧を、ロシア皇帝ニコライも、ボルシェビキもやった。

アメリカが、「敵性・ロシアと中国」という意味が分かる。小沢・鳩山らの全体社会主義思想VSアメリカの自由解放・人権重視の戦争になる。日米中は、正三角形の関係?「自由憲章」が理解できていない証拠だね。伊勢
2009/12/19 03:14 | 伊勢 [ 編集 ]

 小沢氏は中国に対し言わなければならないことをしっかりと言っているのでしょうかね。それは人権の蹂躙・言論の自由の弾圧に対してです。

 言論の責任には二種類あると思います。
ひとつは言ったことに対して責任を持つということです。
もうひとつは言わなければいけないことを言い伝える責任です。
 私は後者のほうがより重要と思うのです。
2009/12/18 23:14 | 多史済々 [ 編集 ]

「ドローンはインターセプトされている」 英語ですが、読んでください。米国の敵対国である、ロシアと中国が、CIAの無人機、プレデターなどと交信する人工衛星の信号をインターセプト(2004年から)。だが、イラクの武装集団が始めて、インターセプトに成功した(ASJ) 「中国とロシアを敵対国」と明確ですね。すると、日本の民主党も敵性政党となるね。赤信号が点いた。伊勢
http://bomanchu.blog81.fc2.com/
2009/12/18 20:32 | 伊勢 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する