2009/12/28 (Mon) 老醜を晒すべからず
老醜を晒すべからず

hirohisa fujii 77 hospetalized 12.28.09

“If Fujii isn’t capable of carrying out his job, it will be clear that there’s a lack of talent” in the ruling party because he is one of few lawmakers who has experience at the ministry, Morita(Barclay Bank Tokyo) said.

「藤井が高血圧と疲労で入院した~藤井がたったひとりの財政タレントで、その後継者はいないと」とブルームバーグが速報。鳩山が、隠居していたこの爺さんを担ぎ出したときから疑問を強く感じていた。発言に強さを感じないし~奥歯が抜けていて醜いし~鳩山に叩頭する姿は卑屈である。老醜を晒すベからず。もう棺桶に入ったほうが速いよ!


普天間で決裂する連立政権

left winger s

「鳩山幼稚園」のハネムーンは終わったようだ。もう離婚話しが出てきたわな。真ん中の男が一番ダメだ。オバマに「友愛ボート」のような話しをしたと?何のことかね?「非戦平和」が信念ならば、自衛隊の最高司令官は務まらない。その上、この男、二枚舌人間である。“DOUBLE・TALKER" という、最も信用されない性格を持つ。秘書が有罪となり~監督を怠ったことで罰金のはずだ。「知らないところで行われた」と?それなら、そんな人間が首相であることがおかしい。辞任をお勧めする。


前原誠司は良い青年

横浜の姉(72)はなかなかの政治評論家。前原国土相が、「日・米・中が、正三角形のはずがない~アメリカが日本を守っている国~アジアに紛争が起きて、中国が日米の敵に廻ったらどうする?」と小沢に真っ向から向かっている。全くね。前原と岡田は、小沢・鳩山とは違う見識を持つているようだ。前原青年の将来は大きい。伊勢平次郎 ルイジアナ








comment

ゆうこさん

「何歳から老人だ」と定義は出来ない。70を超えた方でも、若者よりも精神も行動も活発で、つまり人間として若い人がいるから。逆に、若い人にも、思考力において老人に劣る者が多くいる。あなたの幼い文章から憶測すると、あなたはこの部類に入る。伊勢
2010/01/10 19:16 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢さま、はじめまして。「ゆうこ」と申します。fc2ブログを開設しています。
たまにこのブログを拝見させていただいております。
過去記事へのコメントの投稿、失礼いたします。

「老醜を晒すべからず」とのタイトルだったので、私は、
自民党の森善朗さんや福田元総理、(まだ「老人」ではないが中身は)ほとんど老人に見える安倍元首相なんかを思い浮かべてしまいましたが、違いましたね。
あっそう、麻生前総理なんかも思い浮かびました。

こういう人たちは困ったものだと思っています。
私個人としては、自民党の中では、河野太郎さんに期待したいと思います。

では、失礼いたしました。
2010/01/10 13:06 | ゆうこ [ 編集 ]

W・ポストのPOMFRET記者(中国・日本通)が、「鳩山は、水銀のように、発言がコロコロ変るリーダー」と書いている。「社民党に気兼ねしている」と分析。だが、「アジア中の国が、日米同盟の行方をたいへん心配している」と。POMFRETのコメント欄に明日、書き込む。明日、発表します。伊勢
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2009/12/28/AR2009122802271.html?hpid=topnews
2009/12/29 15:05 | 伊勢 [ 編集 ]

極東のt兄

前原誠司は外国人地方参政権に賛成?大臣というのが分別業とすれば、間違いに気がついても良い時期です。大体、成立する公算はないはずだが?

>>岡田は、普天間の件でもただおびえてしまって前言を撤回しているだけに見えます。

そう見えるわね。確固とした信念があるわけではなく、だよね。与党である民主党には、リーダーが見当たらない。日本の経済が心配ですね。伊勢
2009/12/28 21:50 | 伊勢 [ 編集 ]

前原、岡田両氏はまだましなのかもしれません。前原さんのこの発言、岡田さんの海兵隊は必要発言はそう思わせてくれます。

しかし、一方、前原さんは外国人地方参政権導入に賛成している。岡田さんが媚中、媚韓なのは周知のとおりで普天間の件でもただおびえてしまって前言を撤回しているだけに見えます。

ただ、前原さんは民主党の中にあってひとり、小沢さんの言うとおりにはならないよ、鳩山さんのやっていることにも前面賛成派しないよ、という姿勢を事あるごとにちらりちらりと出していて興味深い人物であるのは事実ですね。
2009/12/28 21:26 | 極東のt [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する