2010/02/02 (Tue) QDR(米国防省の展望)原潜が主流
“FROM THE SEA”と呼ばれる原潜を主力とする計画。空軍と海軍のジョイントが必須なのだ。


ゆうしお型潜水艦(JMSDF SS YUSHIO class)は海上自衛隊の通常動力型潜水艦。2200トン。全長76メートルX幅10メートル。乗組員80人。うずしお型潜水艦に続き、水中性能を重視した涙滴(EYE・DROP)型潜水艦の第2世代であり、うずしお型の拡大発達型。1975年度、第4次防衛力整備計画により10隻が建造された。いずれも、三菱重工と川崎重工が、ディーゼル機関、船体とも製作した。日本にはこうした技術があり品質は高いと米海軍ですよ。沿岸部や浅瀬の多い沖縄海域では、このディーゼル潜水艦(ハイブリッド)は戦力として侮れない。やはり、対艦ミサイルのハプーン(20)を載せている。その他音波探知能力が高いそうだ。この対艦ミサイルを中国海軍は恐れている。軍事マニアのお宅さまはウイキなどでどうぞ!伊勢平次郎 ルイジアナ







2020年までに数艦を建造して、次期原潜の主力となる。バージニア級原子力潜水艦(Virginia Class submarine)は、アメリカ海軍が現在調達中の攻撃型原子力潜水艦。艦名はアメリカ合衆国の州名がつけられている。2004年10月に1番艦が就役した。7800トン~全長114メートルx幅10メートル~乗務員134人~ハプーン・対艦ミサイル~魚雷~トマホーク、、ゲーツ長官は、ここに、新型クルーズ・ミサイル~空中給油が出来る攻撃型無人機(DRONE)を加えると発表した。


ロシア海軍1981年に6艦作ったが、3艦はスクラップ~2艦は港に繋留され~1艦だけが任務についていると?全長176メートルX幅23メートル。24,000トン。弾道ミサイルを搭載する。乗組員163人という馬鹿でかい原潜だ。ここで判るのが、ロシアは軍事費不足か、開発費が枯れたようだ。
何しろ、去年のロシア経済は、マイナス7.8%だからね。国後沖で、釧路漁協の漁船に発砲したり、アタマは悪いわな。


中国海軍の最新鋭の弾道ミサイル原子力潜水艦094型(晋級)の1番艦の写真が、インターネット上のウェブサイトに公開されていることがわかった。防衛省は強い関心を示し確認と分析を急いでいる。

写真が公開されたのは、英国に本拠を置く「サイノ・ディフェンス・コム」が運営する中国軍事情報専門のサイト。排水量約9000トンの同原潜が中国遼寧省にある渤海造船所に停泊中のところを撮影されたとみられ、弾道ミサイル発射用のハッチ12基が開口している貴重な写真。防衛省では「写真が本物とすれば、非常に珍しい写真で、(晋級原潜としては)初めてのものではないか」としている。

「晋級」原潜は、2004年に1番艦が進水。現在、各種兵器、精密機器を搭載する作業中で、就役は2008年とみられている。

「晋級」原潜には、射程が8000キロの米国本土の一部を射程に入れられる弾道ミサイル「巨浪2」を12基搭載できるほか、533ミリ魚雷発射管を6門装備しているとされる。

gates QDR

解説) QUADRENNIAL DEFENCE REVIEW(QDR)は4年毎に見直される米国防省の国防計画の概略だ。今回の特徴は、中国~イラン~北朝鮮をほぼ敵国と定めたことだ。ぶっきら棒で、実直なロバート・ゲーツ国防長官らしいと思う。早速さ、中国がヒステリー声を上げている(笑い)。2010年の、アメリカの国防予算は、7000億ドル(64兆円)という馬鹿でかい数字である。GDPの6%なのだ。日本は5兆円(GDPの1%以下)ぐらいだからね。鳩山は、「アメリカと対等にやりたい」と??いったい、何を考えているんだろう?普天間を供与し~インド洋給油を再開するほど安くて安全なものはない。伊勢平次郎

comment

大変興味深い情報です。トヨタ問題をこのような角度からコメントしているのは初めてなので、一つの情報として「かなりありうる話」だと思います。ご検討ください。
2010/02/25 13:42 | tampopo [ 編集 ]

kenji先生

「アメリカにかなわない」ということは、国家規模としてですね。戦力など一目瞭然。だが、個人となれば、別の話し。日本人の中には、世界規模の起業家~ノーベル賞受賞者たち~文学(芭蕉、紫式部、三島)禅師(鈴木大拙)~画家(藤田画伯、横山大観)~シェフ~宇宙航空士~武術家~、、いないのが、政治家、評論家、小説家、、

トヨタ問題に日本政府は関与できないですよ。伊勢
2010/02/04 10:19 | 伊勢 [ 編集 ]

実を言うと小沢氏には期待していましたが外国人参政権賛成と聞き、耳を疑いました。それ以後注意してみていましたが今回の政治資金について、愕きました。何よりも政治的対応をせずに刑事事件的に対応している事にまた愕きました。師匠の角栄氏の轍をよく研究しなかったように思えます。
 アメリカに足してはわが国の一部の人々は山本五十六氏と同じ幻想を抱いており、対米認識が何処かおかしいです。潔く、かなわないと認識すればいいでしょう。これはすべてにおいてというわけではありません。
 我々は山本五十六氏ののろい(?)を説く必要がありかす。アメリカの堪忍袋が切れないうちに。
 ところで豊田問題が拡大しつつ在りますが、政府は実質何もしません。できません。これでは豊田はかわいそうです。
 まるで太平洋に取り残された陸軍部隊です。
2010/02/03 21:42 | kenji [ 編集 ]

「米中関係は倒れる寸前」英文ですが、読んでください。http://bomanchu.blog81.fc2.com/
2010/02/03 14:54 | 伊勢 [ 編集 ]

極東のt兄

起訴かどうかは最高検が決めることです。不起訴になったから幹事長を続けるというのは別の話。小沢を庇う大久保や石川は有罪になる。秘書二人、三人が刑務所にいて、小沢は政治を続ける?最高責任者は小沢だ。自民はそれを看過しない。われわれも看過しない。消極論に耳を貸してはいけない。伊勢
2010/02/03 04:33 | 伊勢 [ 編集 ]

フジテレビ(FNNニュース)
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00171101.html

「陸山会」土地購入事件 東京地検特捜部、小沢幹事長を不起訴にする方向で最終検討
民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体の土地購入をめぐる事件で、東京地検特捜部が小沢幹事長を不起訴にする方向で最終検討していることがわかった。
一方、衆議院議員の石川知裕容疑者(36)については、拘置期限の4日に起訴する見通しだという。

TBS
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4346710.html

特捜部、小沢氏不起訴処分で最終検討

 民主党・小沢一郎幹事長の資金管理団体による土地購入をめぐる事件で、東京地検特捜部は、小沢幹事長を不起訴処分とする方向で最終的な検討を行っていることがわかりました。

++++++++

本当だとすれば検察にとっては完全な敗北ですね。指揮権発動などがあったとは考えたくないですが。

小沢氏が起訴され幹事長あるいは議員を辞職する。鳩山氏も責任を取り職を辞す。となれば、<膿を出しきった民主党は>新たな総裁と共にようやく理想に向けて邁進、というようなシナリオを持って参院選に勝利。その場合、新たな執行部が小沢、鳩山よりマシ(であろう)とは言ってもやはり社会主義的なであり、亡国の政策をで、成長よりも現状維持(つまりは縮小)を目指す政権であることに変わりないはずで、じわじわと国が解体していく恐れがありました。

(まぁ、もちろん政界再編に進む可能性もありますね)

一方、小沢氏がこのまま独裁体制を行っていくとなれば、政治、社会、経済は益々混乱し、低迷をたどり、分裂していく可能性が大きい。どんどんごり押しの政治を推し進めていくのではないでしょうか。彼が強権であればあるほど反発が大きくなると信じたい。その中から多くの国民が覚醒(wake up!)し、やはりこの政権には日本をまかせられないという意思を作り上げていく。それが参院選で反民主党勢力を勝たせることになればポイント・オブ・リターンとなるかもしれません。

検察にも小沢氏の強いコネクションはあるようですし、TBSとCXのニュースが必ずしも決定されたものdではないと思いますが。
2010/02/03 01:40 | 極東のt [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する