2010/02/11 (Thu) 遠い太鼓(その2)・全く信用できない男
世界で最も信用できない男



The White House spokesman at the time was Joe Lockhart, who described Netanyahu in an interview as "one of the most obnoxious individuals you're going to come into - just a liar and a cheat. He could open his mouth and you could have no confidence that anything that came out of it was the truth."

ヒラリーの亭主、ビル・クリントンが大統領であった時代(1992~2000)、ホワイトハウス報道官のジョー・ロックハートは、“最も発言が過激で下品な男だ~単なる嘘つきで、人をだます人間だ~この男が口を開くとする~その口から出た話のひとつも真実だと確信できない”と、記者団に話している。ネタンヤフは男前だが信用できないところがさあ、鳩山坊やに似てないかい? 伊勢平次郎 ルイジアナ






これが中東の全図だ

middle east map
イスラエルVSイラン~米国VSイラン~米国VSイラク~米国VSアフガニスタン~パキスタン、、そして湾岸産油国が回りにあるわけだ。さらに、そこには、イエーメンやらソマリアという、ど貧乏な国家があるわけだ。人口が760万人に過ぎないイスラエルを除いては、全部イスラム国家である。アラブ民族だけでも6億人~イスラム教徒の人口は、なんと12億2000万人だ。小国イスラエル(核弾頭200を持つ)は、アメリカに国家の存亡を頼っている。わからないわけではないが、、

オバマは、アフマディネジャッドを制御できない


昨日、オバマは“イランは信用できない~さらなる経済制裁を提言する”と記者会見。ゲーツ国防長官は、“数週間で経済制裁を実施することを勧める”と、これも記者会見。一方のアフマディネジャッド・イラン大統領は、「シャア、シャア」としている。「蛙の顔に小便」という風情なのだ。核開発施設~レーザー開発~ロケット発射実験を見学して回り、ネタンヤフとオバマを刺激している。だが、このアフマディネジャッドは、本当に信用できない男なのだろうか?伊勢は、オバマ・ヒラリー・ゲーツとは違った認識を持っているのだが、それも確信のある事実認識をだよ。

                       ー続くー

comment

コメントに返事ができず、申し訳ございませんでした。

ご存知かもしれませんが、昨年の國民新聞11月号に「イラン大統領の家系はユダヤ教徒」という記事がありました。

米イラン人団体が指摘していて、三月に撮影されたアフマディネジャッド氏の写真のIDカードに「サボウルジアン(スペルは載ってません)」というユダヤ教徒の姓が書かれていたそうです。

この名前はイランに住み着いたユダヤ難民の典型的な名前だそうで、織物業などに就じていたそうです。
2010/02/14 09:44 | ●Takashi [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する