2010/02/24 (Wed) (緊急)トヨタ米公聴会・不思議な証言


この女性は、“運転していたレクサスが突然、速度を上げ始めた~時速160キロに~両足でブレーキを踏んだ~緊急用ブレーキも踏んだ~ニュートラルに入れたが速度は変わらない~後進ギアにも入れたが、車は猛スピードで走った~主人を電話で呼んだ~突然、車の速度が落ちた~助かった、、”と泣き声で証言した。だが、、証言記録が見つかれば詳しく書ける。だが、聞いたところでは、この女性には、鳩山由紀夫ような精神障害があると直感した。記事のコメントを読むと案の定であった。多くの人が、「おかしいな?」と感じたのである。

iseheijiro wrote:
Gilbert's research and Mrs Smith huh? smell STINK! you don't?
2/24/2010 3:11:05 AM

とコメントした。理由は三文小説のようなトリックを強く感じたからだ。このミセス・スミスとその夫は、トヨタを訴えるために弁護士を雇った。テネッシー州だ。その弁護士は、このギルバートという技師を$1800ドルで雇って、アクセルのソフトウエアを実験したと。ギルバートは、アクセルの欠陥を30分で割り出したという。トヨタへ、その実験記録を持っていくと、トヨタは「全く、エンジンに問題はない」と回答した。トヨタが部品の欠陥を調査するときは、何万ドル単位で調査する。$1800ではない。アメリカで言うところの、「BOGUS・LAWSUIT(法外な訴訟を持ち出して大金をゆする)」だなと直感した。後ろの議員たちの表情にもその懐疑が現れているではないか?ウチのはね、テレビを見て、すぐに、「このギルバートは、怪しい」とさ。

(解説)ミシシッピー州の共和党議員が、「トヨタおおかげで、学校が経営できる~トヨタは大切な雇用主だ~米国議会は、公正中立でなければならない」と、w・ポストに特別寄稿した。このトヨタ・バッシングは、ぺロシ民主党議会が国民に批判されて、11月の中間選挙が危ないことが根にあるとされる。つまり、トヨタを鴨にして、注意をそらす作戦だと。この共和党議員は、「米民主党が拠出して、GMの60%の株主となっていることや、デトロイトの自動車産業に500億ドルも出したことと、利害が対立する。米国政府は、トヨタを公正に裁く立場にない。これ以上押せば、大きな訴訟が起きるだろう」と警告を出した。伊勢平次郎 ルイジアナ







Washington Post Comments

JohnDoug wrote:
I am really struggling with the woman's statement that the car continued to accelerate after she shifted into neutral.
I've listened to the highway patrol officer's 911 tape, he put the transmission in neutral, but then put it back into drive because "it sounded like the engine was going to explode".
Every car maker has reports like this, I can't imagine any of them wasting a lot of resources investigating reports that frankly do sound irrational. The feeding frenzy around Toyota right now is also irrational.
2/23/2010 8:08:30 PM
Recommended (8) Report Abuse Discussion Policy

Nymous wrote:
Turning the car key to the "off" position usually will slow things down a great deal...
2/23/2010 8:00:52 PM
Recommend (4) Report Abuse Discussion Policy

iseheijiro wrote:
WASHINGTON — Complaints of deaths connected to sudden acceleration in Toyota vehicles have surged in recent weeks, with the alleged death toll reaching 34 since 2000, according to new consumer data gathered by the government.

Millions Toyota cars are on the American road, and 34 death in 10 years? I have a big question. How many US soldiers died in Iraq and Afghanistan? How many Iraqi and Afghani civilians have been killed by Geeorge W. Bush? Is it Okay to kill the old, women, children and babies because its a war? WOW! 60 million died in WW2, and 80% of death were non-conbattants by non-discriminated Dresden air bombing and Hiroshima/Nagasaki Atomic bombings by Americans. WOW!
2/23/2010 7:41:05 PM
Recommended (4)

iseheijiro wrote:
Toyota is not guilty until proven guilty. Do you folks know the word "hysteria"? I sort of understand the mental state of American people. You have been abused by GWB,Cheney and their swines for years, and cannot trust any one any more. Right?
2/23/2010 10:25:04 PM
Recommend (0) Report Abuse Discussion Policy

*続く。明日、豊田社長が公聴会に出る。それをリポートします。伊勢



comment

 5月末になったらユーロ危機は落ち着く。
それまでにどこまで混乱するのかは不明・・
 
 落ち着いても、1米ドル=1ユーロ=87円。
 
 円は、その後も季節大胆変動相場制・・
  
 
2012/01/15 08:21 | 山中 雅和 [ 編集 ]

 米国でもプロジェクトの進行が遅れ
開発費がべらボーに嵩みむF35は、不要
との意見が議会中心に高まっている。
 
 米空軍や米海兵隊の既存F35?・・
 
 残りの配備分は、米軍として調達を
止めるらしい。・・至極当然!・・

 そんなF35を現物が無いのに高いのに
ライセンス生産出来る割合が低いのに
何故日本は、決定FXとするのか?・・
 
 防衛スキャンダル?ユーロファイター
なら、現物があるのだから。・・
 
今、ユーロ安、台風50機契約チャンス
2012/01/07 01:41 | 山中 雅和 [ 編集 ]

 2001の9.11の10年前に米国から豪州への
航空機リモートコントロール飛行実験成功。
 米国人には、飛行機は遠隔操縦可能な事
常識。ロンダ・スミス夫人は車でもこれが
可能だと判断?トヨタの件、それ以上は・・

 だが今日の課題としてF35選定問題が目の
前に横たわってる。無人の偵察機や爆撃機。
FXでも米国製には無人遠隔操縦機能搭載。
タッチパネルで操縦出来る?セールスポイ
ント?確かに使い易い?だが危なくもある。

日本向けカスタマイズ内容にもよるが遠隔
で墜落操縦も可能だ。日航ジャンボ御巣鷹。
 
 操縦ある程度アナログが良い。仮に中国
からサイバー攻撃受けたら空軍機海兵隊機
みんな遠隔操縦で墜される。タッチパネル
機能しなくなったら操縦士、真っ青。・・
 
 撃墜に空対空ミサイルは、要らない・・
 
 私は中古でも良いから今直ぐ欧州機を
30機ユーロファイターorミラージュでも
緊急輸入して、新機は、全ライセンスで
年8機ずつ国内自主生産。保守.修理技術
も明日から磨け、年々進化させ炭素繊維
やネオ・ステルス技術を載せる。軽量化
も速度向上も図れる。マッハ2.7?・・
 
 米国機は、鬼門。直ぐには供給できぬ
F35は、あり得ない。開発中止して米国も
日本製のユーロファイターを輸入した方
が、断然安上がり。・・
 
 イージス艦や潜水艦は、米国製。・・
三菱重工、川崎、IHI,住友重機。・・
 
 豪州は、ボーイングのFA18に?M2.0
 
 
2011/12/20 04:11 | 山中 雅和 [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/02/26 22:02 | [ 編集 ]

777さま

真実は必ず現れる。疑う勿れ。だが、豊田章男さんは強い体質の「スピーカー」を雇え。その者は日本人でなければならない。米国議会も、米政府も日本人、日本をなめきっているのだから。「愛されるよりも、恐れられよ」マフィアの法則だ。豊田さんは、「ボクはマフィアではない」と言うだろう。だが、相手はヤクザ者なのだ。礼儀もヘッタクレもないのだ。わかりませんか?
2010/02/26 02:40 | 伊勢 [ 編集 ]

レクサス、「急加速」なく使用 現在の所有者に確認
http://www.47news.jp/CN/201002/CN2010022501000403.html

23日の米下院公聴会で恐怖の「急加速」体験が披露された
トヨタ自動車の「レクサスES350」が、目立ったトラブルもなく
現在も使用されていることが24日分かった。
米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)が伝えた。
2010/02/26 00:48 | 777 [ 編集 ]

伊勢 様

解説ありがとうございました。
いずこも病巣は深い、ということですか。
ままなりませんね。
2010/02/25 18:27 | fts [ 編集 ]

ftsさま

アメリカにも、精神異常者がタンマリいます。このロンダ・スミスという女性はヒステリーだ。南部のキリスト教徒白人に多い。神様に祈った~急に車は止まったなんて~4年前のことで泣き声で言ったり。駆けつけた亭主が車をテストしてみると、「何にも悪くない」と言っているんだ。これは、Wポスト記事にある。すると、夫婦で矛盾がある。トヨタは知っていても、公聴会ではその真偽を問えないわけだ。裁判所じゃないからね。トヨタには弁護士がゴマンといるが、日本人経営者をなめきっているから、何もやらない。つまり、トヨタのトップは、部下の社員には強いが、アメリカ人の弁護士や、議員にはウサギなんだ。この国には、日本の企業だけではなく、「アンチ・大企業思想」があるのですね。車は好きだが、メーカーは嫌いと。つまり、日本のサヨクに近い社会病です。やはり、キリスト教徒の夫は、「妻はおかしいな」と思っていても、付き合うしかない。ボクなら付き合わないがね、、伊勢
2010/02/25 17:54 | 伊勢 [ 編集 ]

国外仕様向けに「フライトレコーダ」ならぬ「ドライブレコーダ」搭載する切欠かとも思えます。
ブレーキが効かないのと急加速とは別問題に思えますし、サイドブレーキにいたっては電子制御通ってないはずですから、ホントに掛けたとすればスピンすることは避けられませんよねぇ。
根本的な問題として160km/h出してるときに片手運転出来るものでしょうかねぇ。TELしたということですが。
2010/02/25 15:44 | fts [ 編集 ]

左近尉さま

まあ、白人も、黒人も、アジア人も、「迷える羊」ですからね。ただし、誇りをもっていなければ、先祖に申し訳ない。伊勢
2010/02/25 14:51 | 伊勢 [ 編集 ]

Chrysanthemumさま

「良かった」としましょう。まだまだ、闘いは続く。戦争ではないです。トヨタは、一大奮起する。頭脳集団だから。伊勢
2010/02/25 14:47 | 伊勢 [ 編集 ]

旧約聖書のなかに、ラハブとかいう女性が出てきますね。

娼婦で嘘つきで、敵国の偵察の男を引き入れて 逃がした女です。

彼らは敵の 牙城を崩すのに、女の蠱惑を使います。

見え透いた手口ですが、日本人は騙されやすい お人好しで 心配でではあります。

伊勢氏の はやぶさの眼で看た、クローズアップのアメリカ情報。

期待しています。日本からはみえないモノがみえます。

嘘つき女はこころの城壁を崩すのが得意ですネ。

小生、拙いブログをやってます。
http://blog.goo.ne.jp/wagasato

よろしかったら、覗いてみて下さい。
2010/02/25 11:08 | 左近尉 [ 編集 ]

こんにちは。ご無沙汰しております。
公聴会のトヨタの対応は良かったのではないでしょうか。
社長、米社長の落ち着いた対応と優れた通訳、ケンタッキー州議員のトヨタの雇用創出の具体的な指摘などで、感情的な一部議員のほうが逆に失態を晒した格好になったと見えました。
この問題は少なくとも米国内ではこれで解決でしょう。
あとは、変な反日連中や、日本国内に巣食うワイドショーネタの煙を消したくないマスコミの煽りに粛々と対応することが肝要と思います。
2010/02/25 11:07 | Chrysanthemum [ 編集 ]

twitterで宣伝しておきました。
正義と公正を重んじる米国人の良心に期待するとします。
まあ、日本人も米軍問題で不義理を重ねたので、責められても仕方ありませんが。
2010/02/24 22:13 | 海運人 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する