2010/03/07 (Sun) 経済はどうなる?
NYダウ平均

Chart Dow Chemical
NYダウ平均の、過去2年間のチャートだ。

日経ダウ平均

nikkei dow 2 year chart
日経ダウ、過去2年間のチャートだ。

なぜ、日米経済を考察する?それは、国家ばかりか、個人生活の“QUALITY”に、直接間接、関わるからだ。経済は、毎日、通勤する職場だけではない、大きな人間の営みだからだ。ヒト~モノ~カネ、、置き換えれば、人間~資源~貨幣である。どれひとつ取っても、合理的な~平和な~公正な~合意が必要なのである。伊勢平次郎 ルイジアナ






2008年・恐怖の金融危機が起きた!

(事件) 2008年9月15日、リーマン・ブラザーズ(投資銀行)は、連邦倒産法第11章を申請した!

(1)2008年、予想を超えた経済恐慌がアメリカと全世界を襲った。最も重大なことは、カリフォルニア州とフロリダ州における住宅バブルが弾けたことである。また住宅価格や建設業界が崩壊したことである。数多くのモートゲージ(抵当権、平均20万ドル)がCDO(債務担保証券)と呼ばれる証券となり世界中で再販された。多くの銀行や、巨大ファンドが数千億ドルを借金してこれらの証券を買っており、その価値が不明で誰も買おうとしない。そのために今や「毒物(TOXIC・SECURITY)」となった。アメリカ合衆国とヨーロッパの大銀行が次々と崩壊した。

(2)2008年5月、ベアー・スターンズ(投資銀行)は、JPモルガン・チェース(CHASE・BANK)に買収され傘下に入った。また、9月115日には、リーマン・ブラザーズが、6,130億ドルの負債を抱えて倒産した。それを受けてバンク・オブ・アメリカ)BOFA)は、メリルリンチを吸収合併した。

(3)有数の保険会社AIG、トップ銀行のシティグループおよび2つの最大抵当権会社が政府の救済を仰いだ。ゴールドマン・サックスとモルガン・スタンレーは投資銀行から銀行持株会社に転換を発表し当局の規制を受けながらも生き残りを模索した。

(4)合衆国議会は、7000億ドルの救済資金(TARP)を拠出し資産家と連邦準備制度は金融システムを支えるために数兆ドルを投入したが、景気減退を覆すまでにはならなかった。連邦資金が投入されたにも拘わらず、銀行は貸付政策を劇的に引き締めた。CREDIT・CLUNCHという。例えば自動車ローンを得ることも難しくなった。米国政府は、米国史上初めて大銀行の主要株主になった。株式市場は、40%急落し、資産を10兆ドル減らした。住宅価格は国中で20%低下し、さらに3兆ドルを減らした。2008年末までには、困窮は金融や住宅部門以外にも拡がった。特にビッグスリーと言われる自動車産業(ゼネラルモーターズ、フォードおよびクライスラー)は倒産の瀬戸際にあり、小売り部門がかなりの弱さを示した。7000億ドルの問題資産救済プログラム(TARP)を批判する者は、銀行にばらまかれたその金の大半が行方不明であり、銀行もこの問題を隠していると、怒りを露わにしている。*現在、その怒りは、オバマ個人やぺロシ民主党議会へ向かっている(伊勢)。

(5)バラク・オバマ大統領は、財政支出と税金を削減することで8、000億ドルから9,000億ドルを刺激する法案である2009年の「アメリカ再生および再投資法」を裏書きした。この計画は「経済不況の時に財政支出が個人消費の落ち込みを相殺する」というケインズ理論に基づいている。そうでなければ個人消費の落ち込みが永続化し、労働時間や失業という生産資源が浪費されるというものである。批評家は、「政府が民間部門から金を借りなければならないために、個人消費の落ち込みを相殺できない」と主張している(押し出し効果)。*伊勢も同意見だ。しかし、大半の経済学者は「この押し出し効果が、ゼロかそれに近い金利であり、経済が停滞気味の時の問題である」とは考えていない。刺激効果に賛成する者は「将来のインフレの可能性とそのような大規模支出によって国債が増える問題」を指摘してもいる。*実際にそうなりつつあるよ。オバマも、ペロシ民主党も、経済バカなのだよ。もっとも、日本の鳩山は狂人であるが。そうでしょ?伊勢


アメリカの実勢GDPとは?


解らなくてもいいから、じ~と、眺めてごらん。アメリカ経済の実態がどこにあるのかアタマに入れておくと良い。経済というのは、精神力~体力~創造力~判断~仲間を作る能力の総合なのだ。勤勉であることは勿論重要だ。計画性のない者~時間を無駄にする者~言われるまで何もやらない者、、これらは、みんな人生に負ける。結局、他人や政府(これも他人)に頼るというつまらない末期が待っている。日本経済も、米経済も、首相や大統領の指導力が強ければ、たちまち復活するのだ。伊勢

(解説)このテーマは深刻である。「アングロ・アメリカン帝国の終焉」だと思うな。だがね、深い考察が必要だ。昨日の朝、ハワイから帰ったばかりなのに、ウチのが、ドイツ(ライプチヒ)~キリギスタン(ビシュケク)へ、フライトした。冷下20度だそうだ。アフガニスタン行き、海兵隊空輸である。ウチのも、伊勢も、オバマのアフガニスタン政策は失敗すると信じているが、、

ウチの青い目のカミサンは元気だ。さすがは、スペインの征服者の末裔だ。伊勢爺も伊勢平氏の末裔だ。だから、泣かないし、負けない。昨日、空港から銀行へ直行した。退職積立金と、5年前にSFの家を売った手形のほとんどを併せて、JPモーガン・チェースのファンド(投資信託)10万ドルを買うことに決めた。ハワイ滞在中に話し合ったのだ。その実体験をブログに載せて、みなさんの近未来の蓄財計画の参考になればと願う。鳩山民主党も、谷垣自民党も頼りにはならない。勝ちたければ、伊勢爺について来い! 

それでは、「不良債権(TOXIC・SECURUTY)の再販」による住宅バブルの責任は誰にあるのか?これは、誰かが金融制度の規制を外したということなのだ。シリーズでお届けする。

                       -続ー

(追記)イラク選挙の話~ペロシ米下院のトルコ・アルメニア虐殺糾弾決議が否決されたなども書きたいが、明日にするわな。伊勢平次郎 ルイジアナ

comment

マスゴミは報道しないテロで隠蔽!草の根で拡散希望!!

驚愕!『子供手当て』の外国人優遇内容

2010/3/8 参議院予算委・丸川珠代(自由民主党・改革クラブ)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9958237
(子供手当に関する質疑・・・19分20秒ぐらいから)

3月8日の国会質疑で丸川珠代さんが追及している。
↓動画
http://bit.ly/a0xRw4
(子供手当に関する質疑・・・18分58秒ぐらいから)

2010/3/5 衆議院厚生労働委・田村憲久(自由民主党・改革クラブ)
「アラブの王族に50人の子供がいて50人分支給される」
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9928944
2010/03/09 20:53 | june [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/03/08 15:18 | [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/03/08 15:16 | [ 編集 ]

Mephist先生

今から、ウチのを空港へ。キリギスタン~ライプチヒ~US、、8日間のフライトと。僕にも、やることが山積している。

日本の政治経済だけを考察しても、埒は空かない。ので、「向こう岸の話し」となるが、やはり、アメリカの政治経済ほど、日本人に影響を与えるものはない。特に、鳩山小沢という左巻き運転手は危ない。

普天間で、鳩山は失脚するが、その次の日米軍事経済同盟の改善強化において、日本は既に遅れている。北沢~岡田~前原らは、どれも青いが、自民党はどう?お年を取っておられるが、与謝野さんがリードするべきと思う。

イラク選挙の、W・ポスト記事へのコメントを書いていた。朝から100を超えるコメントだが、ブッシュ批判が99%(笑い)。アメリカの大衆というのは、困ったものですよ。伊勢
2010/03/08 00:43 | 伊勢 [ 編集 ]

本日の名コピペ

自民党が料理を作る

民主党が席につく

民主党、料理をひっくり返す

民主党「俺が本当の料理をしてやる(キリッ」

実は民主党は料理したことない。

民主党「おい!自民党、手伝え!」←いまここ

引用
【普天間問題】北沢防衛相「『私たちも協議にのるから一緒に考えましょう』という国士的な思いがあっていい」 自民の姿勢に対し述べる
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1267962136/
ソース:http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100307-OYT1T00538.htm
2010/03/07 20:58 | Mephist [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する