2010/03/20 (Sat) 日本民族の性格


「彼岸(ひがん)」は、サンスクリット語の「波羅密多(はらみた)」から来たものといわれる。「煩悩と迷いの世界」である此岸(しがん)に住む者が、「六波羅蜜」(ろくはらみつ)の修行をする事で「悟りの世界」すなわち「彼岸の境地へ到達することが出来る」というものです。その「悟りを開く」という今日ののテーマは、「日本民族の性格」です。伊勢平次郎 ルイジアナ






日本民族の性格

*一言で言えば、日本人の持つ内向的性格は損です。伊勢

内向的性格って 

人間の性格には、「内向」と「外向」の二つのタイプがあると説明したのが、心理学者の、C.G.ユング。

1)内向的

*関心が自分内側にある。
*判断基準を、自分の心のなかに求める。
*社会への適応性は低い。
*自信がなく、責任を感じやすい。
*個性が強い。
*独善的で、理屈っぽい。
*自分のことを守ることが最重要事項であり、周囲に無関心である場合がある。

2)外向的

*関心が自分の外側にある。
*判断基準を、周りの環境に求める。
*社会への適応性は高い。
*自信家で、失敗を恐れない。
*個性が薄い。
*協調性がある。
*周囲への同調が最重要事項であり、ことの善悪を考えない場合がある。


人は、内向・外向の性質を二つとも持っている。その時々に応じて、どちらかの傾向を多く示す。自分は内向的だ」と思う人でも、時には、外向的性格のように振舞う場合がある。このような内向的性格だが、外向的性格(伊勢爺)の特徴を見て、それほど、外向的なのがいいとも思えないわな。ぼく自身(伊勢爺)が、内向的なせいだからだろうか(笑)。

*内向性の人は、協調性がなく、友だちをつくることが苦手。しかし「個性」に関しては、差がない。一長一短というところだが、、実は、一歩、海外に出ると「損」をする。



(解説)何十年も前、この「駅」という映画を、ウチのと、サンフランシスコの日本町の映画館で観た。舟歌(ダンチョネ節)を聞いたウチのは泣いた。06年に北海道を旅行したとき、「網走っていいとこね」と言った。

内向性格を、“INTRAVERT”という。アメリカ人もいろんなタイプがある。だが、現代の日本人人に比べて、“stoic(自分の欲望を抑制し~情念に動かされることなく~賢者としての幸福を得ようとする精神的姿勢)である。つまり、内向しがちな自分を克服しているのである。だから、日本映画を観て泣いてしまう。高倉健さんは、内向的な性格だ。どうして判るって?ぼくの末弟がそういう性格だったから。さっき、横浜の姉と話した。今から、日野墓地に参って、弟のお墓にお花を上げてくると、、伊勢平次郎


comment

日本人の個人が内向的精神文化を有しているとともに
日本人を一個の人格とみなしたときも「日本人」として
内向的であることも言えると思います。


*関心が日本人にある。
*判断基準を、日本人の心のなかに求める。
*国際社会への適応性は低い。
*自信がなく、責任を感じやすい。
*個性が強い。
*独善的で、理屈っぽい。
*日本のことを守ることが最重要事項であり、周囲に無関心である場合がある。

2010/03/22 11:34 | お [ 編集 ]

伊勢様
>「遥かなる山河」
まさに、自分の故郷の風景をもじったHNです。それがどんどん中国に侵食されると気づいたら黙っていられなくなりました。本当に自民党は知れば知るほど、情け無いです。最近は日韓トンネルというのも自民党時代に始まっていまもう工事が行われているそうです。
http://www2u.biglobe.ne.jp/~t-tutiya/cgi-bin/sf2_diary/sf2_diary/
この土屋先生も実行委員のお一人です。大きな風を吹かせたいと思っていますので、もし内容に賛同できると思われるなら日本のお知り合いにメールで周知をお願いします。宜しくお願いします。
2010/03/22 09:47 | 山河 [ 編集 ]

山河さま

故郷を想えば「遥かなる山河」です。だが、日本全体を想うとき、そのイメージでは、焦点をどこへ置けば分からなくなる。国家の指導者の「国家観」が明確でない。政策論争も不足。民主党はもとより、前・与党の自民党、これから出て行く「みんなの党」でも、政策と「実際に出来るのか?」が問題。議席さえ伸ばせばよいではないですね。日本の評論家も、批判はするが、特に政策提言などはない。それは、提言して、他の専門家や評論家から十字砲火されたくないからだろう。こうして、停滞する日本のその障害を取り除くには、頭脳だけではダメです。体験に基付く行動と説得力のある人、一言で言えば、「叫ぶ情熱」のある人が必要なのですね。伊勢
2010/03/22 07:56 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢さん はじめまして。
私も海外在住です。
「過去現在未来塾」の発足記念講演会があります。
今後ここの趣旨に賛同した多くの日本人のうねりになって
欲しいと思っています。
なんとしてでもあの民主党を何とかしないといけないと思っています。
宜しくお願いします。
~~~
《「過去現在未来塾」発足記念講演会》(日比谷公園野外音楽堂:平成22年4月10日午後2時~6時まで!)
水間条項さんのこの更新から最新情報を追加して行きます。
http://blog.goo.ne.jp/mizumajyoukou/e/f3acde687957190fa1faa4f27ae2c928
最新情報を載せていきます。↓
http://applecosmos.blog123.fc2.com/blog-entry-36.html

2010/03/22 04:50 | 山河 [ 編集 ]

「ウォール街に黄色信号が点る」
http://bomanchu.blog81.fc2.com/ 英文ですが、読んでください。簡単ですよ。伊勢
2010/03/21 04:25 | 伊勢 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する