2010/03/24 (Wed) アメリカの実力に限界が見えた
hillary secretary state
09年の正月、大統領となった46歳のバラック・オバマは、ヒラリー・クリントンを国務長官(外務大臣)任命した。それから、1年と2ヶ月が経った。オバマも、ヒラリーも世界中を飛び回り~外国の首脳と会い~主要国の大学や広場で演説をした。だが、アメリカの「実力」に限界が見えた。伊勢平次郎 ルイジアナ






マイナス人間の典型

bush cheney murderer
この二人がアメリカの威信~指導力~外交力に大きな損傷を与えた。一言で言えば、“アメリカは信頼を失った”ということだ。この二人はいろんなことをやったり、言ったりした。最大の問題は、国民にウソまで付いて強行したイラク開戦である。このイラク戦争(戦争とは言えないものだ)はアメリカに高いものに付いた。

贋物の外交官

rice and torture
このアラバマ生まれの国務長官は米国外交史に残るだろう。最も信用出来ない人間としてだ。

信頼できる人とは?


hp7-1-04vv (Small)
「陰のボス」だが、シシリーでは、“この世の中はどうなるか判らない~父親がひとりでは、家族を守れない~だから、ゴッド・ファーザーが必用だ”と。「わたしのパドリーノ」とイタリア人には「名付け親」が必ずいる。このアメリカでも、両親が亡くなった場合の、「ゴッド・ペアレンツ」という習慣がある。この人なら、「子供を託すことが出来る」という約束なのである。だかあr、ゴッド・ファーザーは単なるヤクザのボスではない。

(解説) アメリカの「実力」に限界だって?その通りだ。1)オバマは家庭の財布を仕切る女房の性格。つまり、マネージャーなら向いている~2)最高司令官としては、しゃべり過ぎる~3)核保有国なら、極小国イスラエルにさえ、強くモノが言えない~4)ロシア、中国、インド、パキスタンはもとより、イランも、北朝鮮でさえも、オバマをなめきっている~5)米国経済は、「雇用のないままの復活」と言われる~6)巨大な財政の累積赤字(現在13兆ドル)は、ドルの一極支配を脅かしている~7)国民皆保険(日本のように、政府が提供する国民保険ではない。日本の新聞はこれを報道しない。理解してないのかな?)は、米国民を政府依存へと導く~7)福祉国家を目指せば、国際指導力は落ちる、、伊勢平次郎

(号外) 温家宝首相が、“人民元(RMB)は意図的に低くしてはいない”と強弁したに対して、中国商業銀行の頭取や、コンピューターの大手のCEOたちは、“人民元は切り上げるべきだ”とブルームバーグのインタビューで話した。オバマの要求が通った?温首相は。“景気刺激策の財政出動はしばらく静観する”とも言った。この意味するところは、宮崎正弘先生がクチ酸っぱく解説されてきた“中国経済はまもなく破裂する”の前兆か~または、バブル崩壊回避策だ。中国は、その国民性も、政府も、隠し事が多過ぎるということだ。だから、中国人を移民として受け入れてはならない。未来永劫にだ、、伊勢

                              ~~~

シッポが毒蛇に噛まれた

hawaii march 10 130 (Small)
わが家の愛犬の「シッポ」が、毒蛇に噛まれた。医者は最初なぜ、シッポの頭のテッペンに瘤が出来たのかわからなかった。樫の木の大枝が落ちてきた?薬をくれた。だが、一昨日の朝、長椅子の上でぐったりして、クチも開かない状態になった。医者へ連れて行った。今度は、麻酔を懸けてアタマを剃った。すると、蛇に噛まれた歯の跡が現れた。注射器で瘤の水を抜き~強力な解毒剤を投与した。何も食わないので、ステーキを一枚焼いて、切り刻んで口に入れてやった。二日間、アタマから出血したが、ついに元気になった。おお、神さま仏さま。どうも有難うさん。ところで、400ドル掛かったよ。

コットンマウスという毒蛇

cottonmouth water moccacin
COTTONMOUTH・WATER・MOCCASINは、ルイジアナの沼地や~倒れた大木の下に巣を作る。猛毒で猫なら死ぬ。シッポも危なかったが、大型犬だったことが幸いした。柴犬のチクデンならお陀仏さまだったのかな?ナンマイダブツ、ナンマイダブツ(笑い)。クリックで拡大するよ。エエ~!見たくないってかい?(笑い)。伊勢爺

comment

ポトフ先生

アメリカは、現在、移民受け入れを規制中。違法移民1500万人を抱えているから。不法入国はね、不景気で仕事がないので、減ったんだよ。

08年の北京オリンピックは、中国人に「民主化」を考えさせることが目的だった。アフリカなどへ送り込んでいる「官製移民」を除いて、中国人に変化が現れている。やはりさ、グーグルの反発。インテーネットの「力」は大きい。北京も民衆の内乱や革命を恐れているから、内政の充実に向かう。それにせよ、軍事力への執念はやめない。すると、日米が争っている余裕はないですね。「いかにして、日米間の不和を減らして~抱き合える関係に持っていくか?」それが、伊勢爺のライフワーク。伊勢
2010/03/26 11:17 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢様
愛犬がご無事で何よりでした。さて、

>中国は、その国民性も、政府も、隠し事が多過ぎるということだ。だから、中国人を移民として受け入れてはならない

アメリカでは、既に百万単位で漢民族に移民されているんでしたっけ。豪州やカナダでも。しかも中国大陸からの移民の有力者は、そもそも党員やその縁者が中核で、当然ながら北京の支持者が多い。そうでなくとも漢民族のナショナリズムからすれば、先進国マスメディアの中国観を刺激せずにはおかない論調。

北京五輪の聖火リレー騒動のときは、チベット支援団体の抗議活動に対して、中国系の圧倒的な人数動員と紅旗が、激情もあらわな威嚇で応えていました。アメリカ国内でのこの事件は、米中闘争が不可避であることを庶民の皮膚感覚で納得せしめたものと思っています。
2010/03/26 09:19 | ポトフ [ 編集 ]

ギリシアはIMFに行くしかない~ポルトガルの国債格付けが、AAマイナスに落ちた。ユーロが、ドルと円に対して下落。英国ポンドも下落。ドイツ国債はアップ。だから、今朝のNYEは下がるでしょう。伊勢
2010/03/24 20:07 | 伊勢 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する