2010/03/28 (Sun) “桜を守れ”と女性が反乱(米国史)

ワシントンのポトマック河畔。向うに見えるのは、ジェファーソン記念館。先週、日本の桜「ソメイヨシノ」がつぼみを着けた。1937年、ジェファーソン記念館建立を巡って反乱が起きた。それも“桜を守れ!”と女性の反乱だった。1937年~1938年に起きた"Cherry Tree Rebellion(桜事件)"である。 伊勢平次郎 ルイジアナ







150人の女性が、ポトマック河畔の桜の木に体を縛り付けた。この写真をワシントン・ポストは全米に流した。フランクリン・ルーズベルト大統領は、「報道自由の乱用だ!」と言い続けたが、結局、民衆の「桜を切るな!」と言う声には勝てなかったのだ。民主主義、つまり「主権在民」の良い例である。民主主義を疑うなかれ!伊勢爺

桜事件

1937年、フランクリン・ルーズベルト大統領は、ジェファーソン記念堂を建立する夢にとり付かれた。ポトマック河畔が理想と考えた。それには、900本の桜の木を撤去しなければならない。発表と同時に、ワシントン住民から抗議の声が上がった。ルーズベルトは、ジェファーソン記念堂は桜よりも重要だと主張した。

一年が経った。「桜を守れ!」の声は大きくなった。工事が始まると発表が出たとき、150人の女性が河畔に集まった。そして彼女たちは、桜の木に体を鎖で繋いだ。

ルーズベルトは折れた。記念堂を南(現在位置)に移す決定を出した。さらに、“日本の桜を植樹する”と声明を出したのである。民衆の勝ちであった。

尾崎行雄翁


静岡の生まれだが、三重県の宇治山田(伊勢市)から政界へ出た。民主主義~女性参政権を薦め~国粋主義に反対した。後に「憲政の神様」と謳われた人である。演説は日本一。国粋主義者の暗殺の対象となったが、人権のために命を張った。

わが父の姓も尾崎である。だが、尾崎行雄翁と血のつながりはない。ただ、わが父は、伊勢志摩から出た大正海軍の二人の一人。さらに、志摩半島の小学校に寄付を続けた。そのため、尾崎行雄翁から年賀状を頂いていた。尾崎行雄翁の名演説はもの凄い。次回にする。今、W/ポストにコメント入れた。明日、載せますね。伊勢平次郎 ルイジアナ

comment

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/02/08 12:48 | [ 編集 ]

伊勢さま

参加は出来ませんので、カンパをMoney Orderで送りました。

>150人の女性が、ポトマック河畔の桜の木に体を縛り付けた

この話は知りませんでした。

この町の図書館の敷地内にも素晴らしい八重桜が図書館拡張の為に
2年ぐらい前に数本切られてしまい、とても寂しい思いをしています。此方は、反対の声は無かったようでした。
良いお話有難うございます。
2010/03/29 00:18 | 山河 [ 編集 ]

またも負けたか八連隊
ではなく、民主党の応援候補ですな。
【木更津市長に水越氏が3選〈28日の市長選〉】
http://www.asahi.com/politics/update/0328/TKY201003280208.html
判りづらいかもしれませんが、民主党は相乗り以外全敗です。

敵失だけじゃなく、谷垣さんにはがんばってもらいたいところです。

ちなみに国防関係の事は、メインでは取り扱いませんが、重要な基礎的事項です。
伊勢氏も同意していただけると思いますが
「俺が生きるためにお前が死ね(または、働け)」
という方針は取らないということです。
日本という地政学上の意味を充分に理解するための、知的トレーニングは常に歓迎します。
2010/03/28 23:25 | Mephist [ 編集 ]

山河さま

先生方によろしく。日本人の闘争とは、この国をどう守り~育て~平和で生産的な国にするか、、伊勢
2010/03/28 11:14 | 伊勢 [ 編集 ]

こんにちは。
全く、鳩山さんて頭が良いとは絶対思えませんね。
最低です。国家反逆罪適用にならないものでしょうか。
ここはまだ、桜は咲いてません。

偶に宣伝させてください。
今の閉塞感を何とかこの集会にぶつけて頂きたいです。
4月10日は【日比谷公園音楽堂】に集結しましょう!
「過去現在未来塾」発足記念講演会です。
塾長は中山 成彬先生です。
日本を自分達の手に取り戻す為に熱風を吹かせましょう。
大和魂の見せ所です!

民主党政権を追っ払う程の大きな風を作りましょう!
追加状況が判ります。

{いま、日本人が日本人の力で潰さなければ、数年後には、中国人や韓国・朝鮮人が様々な「権利」を主張して、日比谷公園で数万人規模の大集会・デモ、そして暴動にまで発展することは想定できるのです。}と、実行委員のお一人、ジャーナリストの水間政憲さんが予想しています。

「過去現在未来塾」実行委員は下記の3名の方々です。

◆前衆議院議員 戸井田とおる先生:http://blog.goo.ne.jp/toidahimeji  

◆都議会議員 土屋たかゆき先生:http://www2u.biglobe.ne.jp/~t-tutiya/cgi-bin/sf2_diary/sf2_diary/

◆ ジャーナリスト・水間政憲さん:http://blog.goo.ne.jp/mizumajyoukou  

http://applecosmos.blog123.fc2.com/blog-entry-36.html
此方に詳しい最新情報を追加して行きます。

宜しくお願い申し上げます。
2010/03/28 10:49 | 山河 [ 編集 ]

苺畑カカシさま

この写真の通りですよ。満開でしょう。時間があったら、スミソニアンの航空宇宙館を見学されることを勧めます。メシはジョージタウンのフレンチか、「オイスターを食べたい」と聞くといいでしょう。伊勢
2010/03/28 09:33 | 伊勢 [ 編集 ]

来週からDC出張なんですけど、桜はどんな状態ですか?まだ一度もポトマックリバーの桜を見ていないので、今回はぜひとも見て帰りたいと思ってるのですが。
2010/03/28 08:13 | 苺畑カカシ [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する